著者: 中山 登

中山 登

このセクションは、(株)Spectro Decypher 取締役&CTO(元・中外製薬株式会社研究本部化学部分析グループ長)中山 登 氏による創薬研究コラムです。

長年、創薬研究に携わってこられた中山氏が、創薬研究の潮流についての雑感や、創薬研究者が直面している課題の解決法などを体験談を踏まえて語っていただきます。

全文を読むにはログインしてください。(登録無料)
中山氏へのご意見やご質問は各記事ページ下のコメント欄から投稿できます。

【中山 登 氏 ご略歴】
昭和48年3月 立命館大学理工学部卒業
昭和48年5月~
昭和56年4月 電気通信大学材料科学科、コロンビア大学化学部研究員
昭和56年6月 日本ロシュ株式会社研究所 入社
平成8年4月 日本ロシュ株式会社研究所天然物化学部、機器分析グループ長
平成16年10月 中外製薬株式会社研究本部化学部分析グループ長
平成21年4月 中外製薬株式会社 定年 シニア職
平成26年4月 中外製薬株式会社 退職
平成26年5月~現在 株式会社バイオシス・テクノロジーズ 取締役&チィーフ・テクニカル・オフサー(CTO)
平成27年4月~平成31年3月 聖マリアンナ医科大学分子病態情報研究講座講師
平成31年1月~現在 株式会社Spectro Decypher 取締役&チィーフ・テクニカル・オフサー(CTO)

【HP】
株式会社Spectro Decypherのホームページ

天然物の中分子創薬への利用の問題点と活用法

前回の話の中でも、プロテインープロテイン相互作用を阻害する中分子としてサイクリックペプタイドやペプチドミメティック化合物が有効であることやこれらの化合物は天然物の中に多く含まれていることを話しました。そして、今まで行われて来た低分子創薬には中分子は適さないことから、中分子天然物はスクリーニングの対象から除外されて来たため、現在は利用可能な中分子天然物のスクリーニング用のライブラリーは殆ど存在しないことも話しました。


ゲスト 621人 と メンバー1人 がオンラインです

New Members

化粧品メーカー
2022年12月01日(木)
大学/大学院
2022年12月01日(木)

tiwanaga

OffLine
化学メーカー
2022年12月01日(木)

fam64tak

OffLine
大学/大学院
2022年11月30日(水)

miura

OffLine
大学/大学院
2022年11月29日(火)

kawakimi

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年11月29日(火)

RIn

OffLine
大学/大学院
2022年11月28日(月)

hyoshizaki

OffLine
研究機関(営利)
2022年11月28日(月)

gepb2000

OffLine
大学/大学院
2022年11月23日(水)

terachi

OffLine
その他
2022年11月22日(火)

wimpie

OffLine
大学/大学院
2022年11月22日(火)

sasai

OffLine
医療機器メーカー
2022年11月18日(金)

あぐー

OffLine
大学/大学院
2022年11月17日(木)

ほま

OffLine
製薬会社
2022年11月17日(木)

mii_hkt

OffLine
食品メーカー
2022年11月14日(月)

uch

OffLine
診断薬メーカー
2022年11月14日(月)

obo

OffLine
機械メーカー
2022年11月13日(日)

anmitsun

OffLine
大学/大学院
2022年11月10日(木)
大学/大学院
2022年11月08日(火)

ruri

OffLine
大学/大学院
2022年11月08日(火)

サイト統計

登録ユーザ数
4008 人
掲載記事数
3316 記事