著者: 中山 登

中山 登

このセクションは、(株)Spectro Decypher 取締役&CTO(元・中外製薬株式会社研究本部化学部分析グループ長)中山 登 氏による創薬研究コラムです。

長年、創薬研究に携わってこられた中山氏が、創薬研究の潮流についての雑感や、創薬研究者が直面している課題の解決法などを体験談を踏まえて語っていただきます。

全文を読むにはログインしてください。(登録無料)
中山氏へのご意見やご質問は各記事ページ下のコメント欄から投稿できます。

【中山 登 氏 ご略歴】
昭和48年3月 立命館大学理工学部卒業
昭和48年5月~
昭和56年4月 電気通信大学材料科学科、コロンビア大学化学部研究員
昭和56年6月 日本ロシュ株式会社研究所 入社
平成8年4月 日本ロシュ株式会社研究所天然物化学部、機器分析グループ長
平成16年10月 中外製薬株式会社研究本部化学部分析グループ長
平成21年4月 中外製薬株式会社 定年 シニア職
平成26年4月 中外製薬株式会社 退職
平成26年5月~現在 株式会社バイオシス・テクノロジーズ 取締役&チィーフ・テクニカル・オフサー(CTO)
平成27年4月~平成31年3月 聖マリアンナ医科大学分子病態情報研究講座講師
平成31年1月~現在 株式会社Spectro Decypher 取締役&チィーフ・テクニカル・オフサー(CTO)

【HP】
株式会社Spectro Decypherのホームページ

診断マーカーと医薬品の選択

実際には遺伝子の変異やプロテインなどの分子の構成や感度のパターンの違いにより様々なタイプの患者がいることが最近わかってきています。そこで、病気に合った遺伝子診断やプロテイン診断などの科学的な診断を臨床現場に取り入れ、各疾患の状態に則して患者を層別し、層別データを元に個々の患者に最適な医薬品を提供することが個別化医療なので、現在市販されている全て医薬品を、動的バイオマーカーから解析された遺伝子やプロテインなどの診断マーカーを詳細に解析して患者を層別することで、現在市販されている全ての医薬品から患者にあった薬を的確に選ぶ必要があることを前回話しました。

  ログインしてください。

ゲスト 1602人 と メンバー 16人 がオンラインです

New Members

Yosshy

OffLine
CMO(受託製造機関)
2021年11月27日(土)
医療機器メーカー
2021年11月22日(月)

Zen3

OffLine
大学/大学院
2021年11月22日(月)
その他
2021年11月21日(日)

chemchem

OffLine
大学/大学院
2021年11月19日(金)

hkasai

OffLine
大学/大学院
2021年11月11日(木)
化学メーカー
2021年11月05日(金)
大学/大学院
2021年11月03日(水)

hitode

OffLine
大学/大学院
2021年11月02日(火)

Moko

OffLine
大学/大学院
2021年11月01日(月)

抗体Wiki:最新のディスカッション

RE: Anti-β-Actin pAb-HRP-DirecT
3 月前
ご質問ありがとうございます! Quoted from ohmiS on 2021年08月28日(土) リプロービングは具体的にどのような方法でされていますか? リプロービングにはTaKaRaのWestern BLoT Stripping Buffer(#T7135A)を使用しています。 化学発光後のメンブレンを TBS-T 15min wash → Str...
RE: Anti-β-Actin pAb-HRP-DirecT
3 月前
リプロービングは具体的にどのような方法でされていますか? jQuery( document ).ready(function() { jQuery(".magnific_popup").magnificPopup({ type: "image", enableEscapeKey:true }); });...
RE: Anti-His-tag mAb-HRP-DirecT
5 月前
抗His-tag抗体です.一次抗体がHRP標識されているので二次抗体反応の必要がなく,短時間で結果が得られます. pETベクターで発現させた大腸菌ライセートをSDS-PAGEで分離し,タンク法でブロッティングした後,0.5%Skim milk(Morinaga)in TTBS(0.2% Tween 20)でブロッキングし,TTBSで3回洗浄後,TTBSで5,000倍希釈して1時間反応.TTBSで...
RE: Anti-His-tag mAb-HRP-DirecT
5 月前
抗HAタグ抗体です。HRPが結合しているので二次抗体と反応させる必要がありません。従って、タンパク質をブロッティングしたメンブレンを1時間ブロッキングした後、抗体反応1時間と洗浄でECLで検出できるので、短時間で結果が得られます。カタログどおり5000倍希釈で検出可能です。10000倍希釈はバンドが薄すぎて、良い結果が得られませんでした。モノクローナル抗体なのでバックグラウンドはほとんどありません...
RE: Tau Monoclonal Antibody (TAU-5)
5 月前
total tauの検出でどこが認識されているのか少し気になったので、調べてみました。 抗体情報を調べてみると、Abcam社のTau-5のwebsiteでは、 Full length native protein (purified) corresponding to Cow Tau. Purified bovine microtubule-associated proteins. と記...