海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2018PMWC 2018:2日目のハイライトは液相生検とCancer Commonsのプレゼン - バイオマーケットjp

PMWC 2018:2日目のハイライトは液相生検とCancer Commonsのプレゼン


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2018  >  PMWC 2018:2日目のハイライトは液相生検とCancer Commonsのプレゼン

  著者:  作成:2018/3/1 12:30:31

2018年Precision Medicine World Conference (PMWC) 2日目午後の部会では、コース2「Liquid Biopsy Showcase (液相生検ショーケース)」でさらにいくつかの講演が行われた。

最初にBio-Rad Laborartories, Digital Biology CenterのDirector of Scientific Affairsを務めるGeorge Karlin-Neumann, PhDが演壇に立った。Bio-Rad社で、Dr. Karlin-Neumannは、特にがん液相生検の分野で、コラボレーションや内部研究プログラムを通して、ドロップレット・デジタルPCRの研究と臨床実用化の推進を支援している。Dr. Karlin-Neumannは、ドロップレット・デジタルPCRの利点として、絶対定量、高精度、高感度、高スループット、PCR効率バイアス消去などがあると指摘している。

次にはBoreal Genomics社のPresidentとCEOを兼任し、さらにUniversity of British ColumbiaのProfessorも務めるAndre Marziali, PhDが講演に立った。Boreal社でのDr. MarzialiとR&Dチームは、液相生検アッセイのコストを引き下げる高精度次世代シーケンシング・ライブラリー前処理技術の手法に関する19件の特許を持っている。Dr. Marzialiは、Boreal社のOnTarget Circulating Tumor DNA (ctDNA) Analysis [オンターゲット循環腫瘍DNA (ctDNA) 解析] 技術について強調した。依頼者は、100種までの突然変異の設定済みパネルか、カスタム・パネルかの選択が可能で、血漿、FFPEおよび新鮮な冷凍組織、またはDNAサンプルを提出し、0.01%以上の濃度で突然変異の定量化報告を受け取ることができる。OnTargetサービスは研究用途のみに限っており、診断用途には行っていない。

次のプレゼンテーションは、CellMax Life社のPresidentとCEOとを兼任するAtul Sharan氏が行った。Sharanはエンジニアの訓練を受けており、これまでの経歴としてAutoESLのPresident兼CEOやClear Shape Technologiesを創設、PresidentとCEOとの兼任などがある。Sharanは、妻が乳房撮影検査で乳がんはないと診断された何週間か後の追加検査で乳がんと診断されたことからCellMax Life社を創設した。Sharanの妻は今は健康だが、その経験に加えてがんに関する知識も蓄えており、がんの早期発見が何よりも重要だと考えるようになった。早期発見は早期治療に結びつき、治療が成功する確率も非常に高くなる。CellMax Life社は廉価ながん早期発見血液検査法を全世界に提供することを目的としている。同社は、独自のプラットフォームのマイクロ流体チップ、抗体、画像ソフトウエアの開発を済ませており、Sharanは、CellMax社が、これらの開発商品をによって、非常にまれなCTCを前がん状態またはがん治療成功率が高い初期患者で発見するというきわめて難しい問題を克服できる唯一の企業になることと信じている。CellMaxのプラットフォームでCTCを捕捉すれば、同社の技術で臨床に必要なDNA、RNA、タンパク質発現、メチル化などのバイオマーカーを総合的に解析することができる。CellMaxのプラットフォームは、がんの早期発見のために循環腫瘍DNA (ctDNA) の捕捉と解析に用いることができる。Sharanは、CellMaxのアッセイを使って大腸がん検診でCTCを検出するという台湾での研究の結果を伝える2018年1月16日付



ASCOのプレス・リリース についても語った。その検診では無病正診率値が97.3%という数字を出しており、偽陽性の結果を出す確率は3%未満ときわめて低い...

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « PMWC2018:臨床診断と人工知能の見通しを発表
    PMWC 2018初日はPrecision Medicineの基幹分野に的を絞った同時進行する5つのコースに別れてスタートした »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:18平均点:3.89

    おすすめ製品・サービス

    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...
    SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 

        おすすめ製品・サービス

        BD Rhapsody シングルセル解析システム
        数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。このシングルセル解析システムは、数万のシングルセルをキャプチャーし、数百に上る標的遺伝子に対して個々の発現をデジタル定量化することが可能です。分離されたシングルセルのQC ( シングルセルである事の確認や、生細胞と死細胞の区別 )を行い、Molecular Indexing技術により、低コスト・高効率・高精度・高スループットでNGS解析用ライブラリーを作成します。しかも、ライブラリーは数百もの標的遺伝子に絞っているため、シーケンスコストも大幅に削減できます。 
        Greenpharma 天然有機化合物ライブラリー
        構造多様な480の生物活性低分子有機化合物を厳選/機能性化粧品・医薬外品向けバルク供給も可能 Greenpharma天然有機化合物ライブラリーは、Greenpharma社のケモインフォマティクス・医薬品化学・生薬学の専門知識を駆使して作製された、多様で純粋な天然物由来の低分子有機化合物ライブラリーです。 Greenpharma社が保有するデータベースには、約15万種の天然有機化合物の構造が集積されており、化学的に多様な生物活性化合物のサブセットを選抜しました。 この中には、アミノ酸、ペプチド、核酸、長鎖脂肪、金属は含まれていません。より多くの異なるフィトケミカルファミリーが含まれるように厳選されています。
        ACQUITY UPLC H-Class Bio
        生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3035人
          2018年08月19日 現在
          新メンバー
          kojik 2018/8/8
          風の神様 2018/8/3
          marceb! 2018/8/3
          ryoshino 2018/7/31
          moomo 2018/7/30
          shishi 2018/7/28
          須藤 慎 2018/7/27
          masa_blu 2018/7/26
          6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 6
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。