海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 20182018年度Precision Medicine国際学会の開催式でEmmanuelle Charpentier、Alan Ashworth、John Bell、そしてRon Levyが特別賞を受賞 - バイオマーケットjp

2018年度Precision Medicine国際学会の開催式でEmmanuelle Charpentier、Alan Ashworth、John Bell、そしてRon Levyが特別賞を受賞


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2018  >  2018年度Precision Medicine国際学会の開催式でEmmanuelle Charpentier、Alan Ashworth、John Bell、そしてRon Levyが特別賞を受賞

  著者:  作成:2018/2/18 11:00:40

2018年度Precision Medicine国際学会(PMWC 2018 SV)は1月21日、カリフォルニア・サンフランシスコ大学(UCSF)ミッションベイキャンパスのジェネンテックホールでの特別賞式典で開幕した。MCをしたのはUCSF医学部副学長であり細胞薬理学教授のキース・山本博士(PhD)だ。

PMWCルミナリ賞は、画期的なCSISPR-Cas9ゲノム編集技術の開発をリードしているEmmanuelle Charpentier博士に授与された [写真:Yamamoto博士から賞を授与されているCharpentier博士(写真提供:Rosalyn Lee)]。この賞はパーソナライズド・メディスンの臨床市場に貢献した著名人にPMWCから贈られるものである。



PMWCパイオニア賞は3名に贈られた:BRCA2遺伝子突然変異の共同発見および乳癌や他の癌におけるPARP阻害を導く発見を行った、Alan Ashworth博士;英国および世界的に精密医学を可能にする遺伝子・ゲノム研究をリードしてきた、オックスフォード大学のSir John Bell博士;そして、癌治療のための初となるFDA承認抗体(リツキシマブ)を開発したRonald Levy博士である。PMWCのパイオニア賞は、同業他社の技術や奨励があまり進化していないにもかかわらず、パーソナライズド・メディスンの進展に貢献した人物に与えられる。これまでのPMWC受賞者には、Jennifer Douda、Lee Hood、George Church、Francis Collinsなどがいる。



公式のPMWC 2018 SVは1月22日(月)から24日(水)まで、マウンテンビューのコンピューター歴史博物館にて開催される。今年のPMWC SVは約1,500人の出席者を予定しており、350人以上のスピーカー、250社、および多数の出展者が出席する見込みだ。これらはTal Beharと夫Gadi Beharによってオーガナイズされている。




山本博士はまず、各受賞者の素晴らしい貢献を称えた後、今年9年目となるPMWCが、科学、政府、および産業の幅広いステークホルダーが交流することの出来る場所であるかを称えた。そして、主催者であるTalとGati Beharに感謝の言葉を述べた。次に、UCSF学長のSam Hawgood博士からの挨拶があった。博士は、UCSFは精密医学を理解し、その前進を深く信じていると語った。我々は「歴史の変革の瞬間」にあり、現在は「生物医学におけるルネッサンス」を経験していると述べた。


次に、PMWC2018プログラム主催者であるスタンフォード大学メディカルセンター腫瘍学教授のGeorge Sledge博士が次回の会合について語った。著名スピーカーと最先端のトピックで素晴らしい学会になると信じて、現在が「革命期」であり、「革命家たちがここにいる」と述べた。



山本博士は続いてルミナリ賞受賞者のCharpentier博士の紹介に移った。Charpentier博士が科学での tour de force を成しえたと述べた。彼女が幼少の頃「研究を進めるための何かをする」と母親に誓ったことは確かに成されたのである。「基礎研究は進歩にとって不可欠である」というCharpentier博士の考えは正にその通りである、と山本博士は強調した。



Emmanuelle Charpentier博士は分子医学とゲノミクスにおいて最も顕著な科学的成功事例の一つに携わっている。それは、CRISPR-Cas9の発見である。これは革命的であった。RNAプログラムされたDNA片を使って生物のDNAを変更することが出来る。それはフィルムエディターがフィルムを切って新しいフ...

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « PMWC 2018初日はPrecision Medicineの基幹分野に的を絞った同時進行する5つのコースに別れてスタートした



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:26平均点:3.46

    おすすめ製品・サービス

    Xevo TQ-XS 超高感度タンデム四重極型質量分析計
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
    iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム
    食品偽装、微生物学、組織学など、サンプルの素材・差異をダイレクトイオン化精密質量分析で瞬時に判断 iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システムは高性能飛行時間型(Tof)質量分析計と強力で直感的なソフトウェア、ダイレクトイオン化を組み合わせることで、前処理が不要で迅速かつ容易な分子プロファイリングを可能としました。 この革新的な iKnife はハンドヘルドサンプリング装置で、情報を豊富に含んだ蒸気をサンプルの表面から直接生成します。この蒸気が飛行時間型質量分析計により分析され、数秒で正確な分子プロファイリングが得られます。

        おすすめ製品・サービス

        Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
        高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。
        ソルナックチューブ
        リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減
        ACQUITY UPLC Arc Bio
        ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。 逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3035人
          2018年08月19日 現在
          新メンバー
          kojik 2018/8/8
          風の神様 2018/8/3
          marceb! 2018/8/3
          ryoshino 2018/7/31
          moomo 2018/7/30
          shishi 2018/7/28
          須藤 慎 2018/7/27
          masa_blu 2018/7/26
          7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 7
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。