海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2017 - バイオマーケットjp

Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017
Precision Medicine World Conference (PMWC) 2017 シリコン・バレーで開かれた今年のPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2017では、バイオテック専門家1,300人、後援企業40社、出展企業30社などが全世界から参加し、何人もの斯界のリーダーがプレゼンテーションを行った。この会議は、Stanford Health Care、Intermountain Precision Genomics、University of California-San Francisco (UCSF)、Duke University School of Medicineが共同後援団体を務めた。

150人を超える部会発言者には、University of Texas (UT) MD Anderson Cancer Center, Immunotherapy ProgramのExecutive Directorを務めるJames Allison, Ph.D.、Providence St. Joseph HealthのChief Science Officerを務めるLeroy Hood, M.D., Ph.D.、中国のBGI (Beijing Genomics Institute) のGlobal Head of R&Dを務めるYiwu He, Ph.D.、BGI company, Complete GenomicsのChief Science Officerを務めるRade Drmanac, Ph.D.、Stanford School of Medicine, Institute of Stem Cell Biology & Regenerative MedicineのDirectorを務めるIrv Weissman, M.D.、University of California-BerkeleyのProfessor of Chemistry & Molecular & Cell Biologyを務めるJennifer Doudha, Ph.D.、音波液体ハンドリング企業、LabcyteのMark Fischer-Colbrie President兼CEOらの名前もあった。

まる3日間の刺激あふれる部会においては、がん免疫療法、科学的ウエルネス、液体生検、バイオマーカー、腸メタボローム、ゲノム・シーケンシング、ビッグデータからの知識、音波を用いた精密リキッドハンドリング、CRISPR-Cas9遺伝子編集の威力などが関心を集めていた。月曜日朝早い部会では、Dr. Allisonが、長らく謎に包まれていたT細胞受容体の同定から、T細胞の活動を促進するCD28分子、T細胞の活動を抑制するCTLA-4分子の同定まで過去30年間にわたる研究について語った。このCTLA-4の発見は、CTLA-4を標的とすることで、T細胞の抑制を取り除き、強力な免疫反応を助ける抗体のイピリムマブ(Ipilimumab)の開発に結びつき、皮膚がんその他のがんの治療でその効果が示された。この研究は、T細胞増殖を阻害するいわゆる「免疫チェックポイント阻害」を取り除き、がんに対する効果的な免疫反応を刺激するという手法を基礎とするがん免疫療法の根本的な変革を助けることになった。科学雑誌は、「がん免疫療法」を「2013年最大のブレークスルー」に選んでいる。Dr. Allisonは、「最近の研究では、T細胞の活性を回復する上でPD-1分子阻害の有効性が示された。また、抗CTLA-4と抗PD-1を組み合わせた療法はいずれかを単独で用いるより優れた治療効果がある」という証拠を挙げている。


  著者:   作成:2017/3/26 21:45:46 長年、生物学とバイオテック・エンジニアリングの分野で発明の才と先見の明を知られたDr. Hoodは、最近には将来の医薬、特にP4医療 (predictive [予測]、preventive [予防]、personalized [個別化]、participatory [患者参加]) の分野での活動のプレゼンテーションを行った。 Dr. Hoodは、「How Scientific Wellness Will Transform Healthcare (科学的ウエルネスが如何にしてヘルスケアのあり方を変えるか)」と題したプレゼンテーションで、彼自身の会社、Institute for Systems Biology (ISB) が、健康な社会を実現するため、西部7州で医療を行う米国内第3位の規模の医療団体であるProvidence St. Joseph Healthと提携し、同団体の患者に個別化医療を導入するまでの過程を概説した。 Dr. Hoodは、新興企業のArivaleとプロジェクトを開始した。そのプロジェクトでは、Providentの社員2,000人が定期的な健康コーチの指導を含む新しい「科学的ウエルネス」治療を受け、Arivale社は3年をかけてその2,000人のデータの分析を続け、標準的な療法を与えられたProvidentの社員2,000人のデータと比較する作業を行うことになっていると語った。 Dr. Hoodは、個別患者の「綿密で常時更新される個人データ・クラウド」を利用することで、健康を増進し、健康寿命を引き延ばすための基幹的な改善をもたらす「action ...続きを読む

ログインしてください
    ACQUITY UPLC Arc Bio
    ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート ...

      著者:   作成:2017/3/26 21:53:54 BGIのDr. Heは、中国のBGIが開発した新型DNAシーケンサーについて説明し、全ゲノム・シーケンシングの料金も現在の$1,000から、2020年頃には$100になっているだろうと予想している。 BGISEQ-500と名付けられたこの新しいシーケンサーは、先頃BGIが買収したシリコン・バレー企業、Complete GenomicsのCSOを務めるRade Drmanac, Ph.D.が開発した独自のDNAシーケンシング技術を搭載したベンチトップ・タイプの機器である。この技術は、DNAナノボールのナノアレーを用い、PCR問題もなく、超並列DNAシーケンシングが可能になっている。 Dr. Heは、全ゲノム・シーケンシングを安価に多くの人に提供できるようになれば、奇形児や先天性疾患の予知にも大きな進歩があり、人間の長寿化にも寄与することになる。 2017年1月18日付のForbes誌に掲載された、Benjamin Shobert筆のBGIに関する記事は、「Meet the Chinese Company That Wants to Be the Intel of Personalized Medicine (個別化医療界のインテル社的存在を目指す中国企業拝見)」と題されている。 https://www.forbes.com/sites/benjaminshobert/2017/01/18/meet-the-chinese-company-that-wants-to-be-the-intel-of-personalized-medicine/#371fc2427 ...続きを読む

    ログインしてください
      Greenpharma 天然有機化合物ライブラリー
      構造多様な480の生物活性低分子有機化合物を厳選/機能性化粧品・医薬外品向けバルク供給も可能 Greenpharma天然有機化合物ライブラリーは、Greenpharma社のケモインフォマティクス・医薬 ...

        著者:   作成:2017/3/26 21:55:24 Dr. Weissmanのプレゼンテーションは、「Immunotherapy: Immuno-Checkpoint Inhibitors and Beyond—Controlling Gene Expression with CRISPRi and CRISPRa (免疫療法: 免疫チェックポイント阻害薬とそれ以降、CRISPRiおよびCRISPRaによる遺伝子発現制御)」と題されている。 Dr. Weissmanの研究グループは、がん幹細胞進行の後期段階で非常に大きな発現が見られるタンパク質、CD47を発見した。現在はこのCD47をがん治療の目的で研究している。 プレゼンテーションは、触媒的にまったく不活性なCRISPR-Cas9の変形をベースに、任意の遺伝子の発現をオン (CRISPRa) またはオフ (CRISPR/i) と可逆的に切り替えられる堅実な技術を開発し、また、疾患の機序を理解し、医薬標的を判定し、さらには患者のDNAを永久に変えてしまうことなく、遺伝子発現を可逆的に調節する方法を用いた疾患治療などの目的にCRISPRi/aを利用することなどを内容としていた。 ...続きを読む

      ログインしてください
        iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
        次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、 ...

          著者:   作成:2017/3/26 21:56:56 Dr. Doudnaは、細菌のCRIPSR獲得免疫系を強力なゲノム編集ツールとして利用することで大きな展開が可能になり、この技術を用いて、様々な生物の遺伝子を改変、調節、視覚化できるようになったことについて語った。 ...続きを読む

        ログインしてください
          Celsee Diagnostics CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム
          独自のマイクロ流体回路によるCTCs(Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム  米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるもの ...

            著者:   作成:2017/3/26 21:58:29 「炉端雑談部会」では、LabcyteのPresidentであり、CEOを務めるFischer-Colbrie氏が、GE Ventures, Health Care Ventures, Directorを務めるAlex de Winter, Ph.D.と、「How to Commercialize Disruptive Technlogies That Advance Personalized Medicine (個別化医療を発展させる破壊的技術の商業化について)」のテーマで語り合った。 特に興味深かったのは、リキッドハンドリングを可能にするLabcyte技術が音波を用いることで達成されたという話だった。 この方法で、ピペットを使う必要がなくなり、きわめて微量の液体を精密に取り扱い、コストを大幅に引き下げることができるようになった。さらに、「不正確なリキッドハンドリングでは精密医療を行うことは困難であり、その点でLabcyteはヘルスケアに大きな発展をもたらすキー・プレヤーになりえる」と語っている。 ちなみに、Fischer-Colbrie氏は、Juvenile Diabetes Research Foundation (JDRF), International Board of DirectorsのChairmanを務めている。 ...続きを読む

          ログインしてください
            ラット・マウス等、幅広い生物種の抗体精製に。Ab-Capcher
            Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ( ...

              著者:   作成:2017/3/26 22:00:01 大成功をおさめたPMWC 2017は、PMWC Intl, Silicom Venturesの2人の共同創設者、Presidentを務めるTal Beharと、Chairmanを務めるGadi Beharの両氏の主催で開かれた。 ...続きを読む

            ログインしてください
              CELLDATA RNAstorm FFPE RNA抽出キット
              FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高 ...




              運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

              バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

              ユーザー登録すると...

              コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

              様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

               

              ユーザー登録は1分で完了

              ユーザー登録は無料

              運営者:バイオアソシエイツ株式会社

                登録ユーザー数
                3026人
                2018年07月23日 現在
                新メンバー
                Dcotre 2018/7/19
                Kitazacc 2018/7/19
                Hiraku 2018/7/17
                いんたろう 2018/7/12
                yamakiyo 2018/7/12
                Chikiemo 2018/7/10
                しみき 2018/7/4
                zawato 2018/7/2
                29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
                登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
                BioQuick ニュース

                BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
                BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

                抗体よもやま話
                創薬よ何処へ
                アクセスカウンター
                DATEVisits/PVs
                2018/07/23:419/2015
                2018/07/22:572/7059

                 

                クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
                バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。