海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2017LEROY HOOD - バイオマーケットjp

LEROY HOOD


  著者:  作成:2017/3/26 21:45:46

長年、生物学とバイオテック・エンジニアリングの分野で発明の才と先見の明を知られたDr. Hoodは、最近には将来の医薬、特にP4医療 (predictive [予測]、preventive [予防]、personalized [個別化]、participatory [患者参加]) の分野での活動のプレゼンテーションを行った。


Dr. Hoodは、「How Scientific Wellness Will Transform Healthcare (科学的ウエルネスが如何にしてヘルスケアのあり方を変えるか)」と題したプレゼンテーションで、彼自身の会社、Institute for Systems Biology (ISB) が、健康な社会を実現するため、西部7州で医療を行う米国内第3位の規模の医療団体であるProvidence St. Joseph Healthと提携し、同団体の患者に個別化医療を導入するまでの過程を概説した。


Dr. Hoodは、新興企業のArivaleとプロジェクトを開始した。そのプロジェクトでは、Providentの社員2,000人が定期的な健康コーチの指導を含む新しい「科学的ウエルネス」治療を受け、Arivale社は3年をかけてその2,000人のデータの分析を続け、標準的な療法を与えられたProvidentの社員2,000人のデータと比較する作業を行うことになっていると語った。


Dr. Hoodは、個別患者の「綿密で常時更新される個人データ・クラウド」を利用することで、健康を増進し、健康寿命を引き延ばすための基幹的な改善をもたらす「actionable possibilities」を割り出すことができるだろう、という考えを語った。 その原理の正しさの証明として、Dr. Hoodは、2014年の100 Person Wellness Project (HPWP) ( https://www.systemsbiology.org/research/100k-wellness-project/ ) の「革命的」な成果を例に挙げた。これはISBが2014年に開始し、2015年に完了した試験的プロジェクトだった。このプロジェクトでは、108人の患者を対象とした研究に基づき、患者の健康を目的とするシステム生物学とP4医療の適用を行っている。


Dr. Hoodは、「このプロジェクトは、そのアイデアとしても技術としてもヘルスケアの実際を根本的に変える真の転換点に達したという意味で非常にめざましいことだった」と述べている。


HPWPを進めていたISB研究グループは、もっと広く、様々な人々にさらに効果的にさらに経済効率の高い健康メトリクスを提供するにはISBが科学的ウエルネスの会社を創設する必要があると考えるようになっていた。その結果、2015年6月22日、Arivale社が生まれた。ISBのPresident、Dr. HoodとAssociate DirectorのDr. Nathan Priceが共同設立者になった。


Arivaleに関する詳しい情報は、 http://www.arivale.com にアクセスされたし。 Dr. Hoodは、将来にはISB、Providence、Arivale3社の協力でこの分野の発展があり、それによっていくつもの画期的な開発が行われるだろうと予想している。その中には、大規模な医療機関でP4医療が広く採用されること、綿密で常時更新される個人データ・クラウドを利用して、健康を増進し、疾患を減らすこと、健康を最大限に増進するためにactionable possibilitiesを突き止めること、科学的ウエルネス産業を創出すること、などがあり、それによって、医療コストが大幅に削減され、究極的には、おそらく10年以内に、科学的ウエルネスを低開発国にも広めることが可能になり、医療を真に「民主化」することができると語っている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加


    YIWU HE & RADE DRMANAC »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:36平均点:0.83

    おすすめ製品・サービス

    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
    Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
    高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。
    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...

        おすすめ製品・サービス

        CELLDATA RNAstorm FFPE RNA抽出キット
        FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。 。一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。 フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。 これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解 ...
        フルスペクトル分子イメージング
        MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...
        Enzymatics 5x WGS
        全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライブラリ調製の全ての工程 (断片化を含む) を1本のチューブで行うことができます。 自在にサイズ調節可能な酵素ベースの断片化と、シンプルで迅速なワークフローにより、Illumina社の次世代シーケンサーで直ちにシーケンス可能な高品質ライブラリを2.5時間以内に調製できます。 高効率な断片化とライゲーション試薬、さらに最適化されたPCR試薬を組み合わせることで*、5x WGSライブラリ調製アッセイは、 次世代シーケンス用ライブラリ調製における品質、スピードおよび処理能力という課題に対する唯一の解決策となり得ます。 *PCRフリーも可能です
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3026人
          2018年07月22日 現在
          新メンバー
          Dcotre 2018/7/19
          Kitazacc 2018/7/19
          Hiraku 2018/7/17
          いんたろう 2018/7/12
          yamakiyo 2018/7/12
          Chikiemo 2018/7/10
          しみき 2018/7/4
          zawato 2018/7/2
          29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/07/22:479/3991
          2018/07/21:571/5405

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。