海外学会ダイジェスト米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)短命、がんリスク増大と関連するY染色体のモザイク喪失 - バイオマーケットjp

短命、がんリスク増大と関連するY染色体のモザイク喪失

ASHG 


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)  >  短命、がんリスク増大と関連するY染色体のモザイク喪失

  著者:  作成:2014/12/1 9:00:00

サンディエゴで開かれたASHG2014年年次会議で発表された研究報告によると、高齢男性にしばしば見られる血球中のY染色体の加齢によるモザイク喪失 (LOY) は、様々ながんのリスクの増大や短命と関連している。

この論文の筆頭著者で、スエーデンのUppsala University の遺伝学者でもあるLars Forsberg, Ph.D.は、「この研究結果から、Y染色体を持たない女性と比べて男性の寿命が短く、また性別に無関係ながんにかかる率が高い理由も説明がつく」と述べている。

LOYは、男性の血球複製時に時々起きる現象で、体各所で気まぐれのように起きる。この現象は50年ほど前に初めて報告されているが、その原因についても影響についてもほとんど説明がついていない。最近の遺伝学技術の進歩でごくわずかな数の血球がLOYになっただけでも血液検査で発見することができるようになった。

Dr. Forsbergと同僚研究チームは、過去40年にわたり臨床的に健康状態をチェックされている70歳から84歳までの男性1,153人の血液サンプルを調べた。その結果、LOYが確認された血球の比率が大きい男性は、LOYが現れていない男性に比べて平均5.5年短命という結果が出た。さらにLOYが進行する結果、研究期間中も高い率でがんで死亡している。

研究対象となった男性の年齢その他健康状態を考慮して調整しても、LOYとこの2つの現象の間には統計的に有意な相関性があった。この研究論文の共同著者で、Uppsala University教授を務めるJan Dumanski, M.D., Ph.D.は、「Y染色体は性別を決める遺伝子と精子生産の遺伝子しか持っていないと考えている人が多いが、実際にはY染色体の遺伝子は様々な機能を持っており、がん予防にも一役買っている可能性がある」と語った。

LOYが起きるとY染色体の遺伝子は発現せず、がん予防機能も弱まる。興味深いことに血球中のLOYは、血液系外も含め、様々ながんと関連している。おそらく、がんを防止するために免疫系ががん細胞を検知して殺す免疫監視というプロセスがあり、Y染色体の遺伝子が血球にこのプロセスを助けさせているのではないかと考えられている。Dr. Forsbergは、「私たちの仮説は、通常、血球が行っている免疫監視をLOYが妨げるため、がん細胞が監視を受けずに成長を続け、がんにまで成長するのではないかということだ」と述べている。

この研究成果から、男性のがんリスクの早期発見手段として、血液検査でLOYを調べるということが考えられる。Dr. Forsbergは、「血球のごく少数であればLOYもそれほど危険ということではないが、Y染色体を持たない血球が増えてくればがんのリスクも高まるが、発病までに何年もあるので、その間にリスクを引き下げる措置を取ることができる」と語っている。この研究論文は2014年4月28日付 Nature Genetics abstract オンライン版に初出掲載。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 更なる発見に向けて
    子供の遺伝子が母体のリューマチ様関節炎リスクに影響 »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:39平均点:4.62

    おすすめ製品・サービス

    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...
    SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
    • 用語の定義について
       まず、いくつかの主要用語を定義し、区別しておくことが重要である。まず、「 targeted proteomics 」と「 discovery proteomics 」であるが、「 dis…続きを読む (2016-7-13)  
    • Hyper Reaction Monitoring-Mass Spec (HRM-MS)
      HRM-MS™ (2) は、スイスのチューリッヒに本社を置く次世代プロテオミクス界をリードするBiognosys AG で開発された次世代ハイコテント・プロテオミクス技術である。 H…続きを読む (2016-7-13)  
    • Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
       Biognosysis社によると、HRM-MS™ の特長の一つは、サンプル測定の時には重要と分かっていなかった、あるいは重要と考えられていなかったタンパク質やタンパク質アイソ…続きを読む (2016-7-13)  
    • Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
       The Xpresys® Lung Testは、2013年10月に市場に発表された。この製品は、簡単な採血だけで、肺結節 (ILNs) が良性かどうかを示す発現のシグネチャーの手…続きを読む (2016-7-13)  
    • Biodesix社のVeriStrat® NSCLC Proteomics Test
       カナダとカリフォルニアを拠点に事業を展開するBiodesix, Inc.は、がん患者の治療成果向上のために血液検査による診断検査法の開発と商品化を行う分子診断法開発企業である。 同社…続きを読む (2016-7-13)  

    おすすめ製品・サービス

    iRepertoire TCR/BCRレパートリー プライマーセット:次世代シーケンサーによる網羅的シーケンス解析
    次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。
    ソルナックチューブ
    リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

    バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

    ユーザー登録すると...

    コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

    様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

     

    ユーザー登録は1分で完了

    ユーザー登録は無料

    運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      登録ユーザー数
      3026人
      2018年07月22日 現在
      新メンバー
      Dcotre 2018/7/19
      Kitazacc 2018/7/19
      Hiraku 2018/7/17
      いんたろう 2018/7/12
      yamakiyo 2018/7/12
      Chikiemo 2018/7/10
      しみき 2018/7/4
      zawato 2018/7/2
      28 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 28
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2018/07/22:479/3979
      2018/07/21:571/5405

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。