海外学会ダイジェスト米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)もっとも短期間で近固定に進んだ人間の遺伝子重複が自閉症遺伝子領域付近で見つかる - バイオマーケットjp

もっとも短期間で近固定に進んだ人間の遺伝子重複が自閉症遺伝子領域付近で見つかる

ASHG 


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  米国人類遺伝学会 (The 64th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics)  >  もっとも短期間で近固定に進んだ人間の遺伝子重複が自閉症遺伝子領域付近で見つかる

  著者:  作成:2014/11/26 9:00:00

Dr. Mortonの暖かい歓迎の挨拶に続いて、もっとも優れたアブストラクトから4件を選んで総会でのプレゼンテーションがあった。その一つは、University of Washington, Dr. Evan Eichler研究室の学院生、Xander Nuttle, B.S., B.S.E.が自ら第一著者を務めた「Human-Specific Gene Evolution and Structural Diversity of the Chromosome 16p11.2 Autism CNV」と題されたアブストラクトの発表だった。

University of Washington の研究チームは、現代人2,551人、大型類人猿86頭、ネアンデルタール人1体、デニソワ人1体のゲノムを解析した。特にチームは16p11.2と呼ばれるヒト染色体16の領域を詳しく調べた。この領域は、自閉症の主要因となる欠失や重複が繰り返し起きるところで、統合失調症や極端な体重や頭囲にも関連している。simplex autism 患者の約1%でこの16p11.2の欠失または重複がみられる。研究チームは、DNAのこの領域の特定部分に反復があり、人によってその反復回数が異なることを突き止めており、その反復回数の違いが疾患と関連している可能性がある。このような違いの起源をたどるため、研究チームはスイスのUniversity of Lausanne やイタリアのUniversity of Bariの研究者と共同研究を進め、大型類人猿ゲノムの対応する領域のシーケンシングと解析を行った。

Mr. Nuttleは、「類人猿とヒトのゲノムを比較した結果、ヒトのゲノムは16p11.2に複雑な構造的進化があったことを突き止めた。この部分はしばしば自閉症の原因となる失欠や重複が知られている。このことから、この部分の変化が起きたのは比較的新しく、また人類独特だと考えられる」と語っている。

科学者は、この遺伝子変異のために人類が疾患にかかりやすくなったが同時に新しい遺伝子の形成に役立っているのではないかと考えている。そのような遺伝子の一つがBOLA2と呼ばれる遺伝子で、その役割はまだ分かっていないが、おそらく細胞増殖や細胞周期調節に重要な役割を果たしているのではないかと推定されている。研究チームは類人猿、ネアンデルタール人、デニソワ人では遺伝子BOLA2のコピーを2個しか持っていないが、現代人類はすべてこの遺伝子のコピーを3個ないし14個持っており、平均6個、また人類の98%は4個以上持っていた。

このような現代人類のBOLA2コピーの数の増加は、現代人類が70万年前に古代ヒト族 (ネアンデルタール、デニソワ) と分岐した後に起きており、わずか10万年という比較的短い期間にこの遺伝子の重複が現代人類の間で近固定した。このことから、BOLA2は人類進化の過程でもっとも短期間に重複が近固定した遺伝子といえる。これまでは、約240万年前に起源を持つSRGAP2Cという人類固有の遺伝子がもっとも短期間に重複が近固定した遺伝子の例と考えられていた。現在、研究チームは、遺伝子のコピーの増加が人類の進化に何か重要な役割を果たしているのではないかと考えて研究を続けている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:48平均点:5.42
  • 用語の定義について
     まず、いくつかの主要用語を定義し、区別しておくことが重要である。まず、「 targeted proteomics 」と「 discovery proteomics 」であるが、「 dis…続きを読む (2016-7-13)  
  • Hyper Reaction Monitoring-Mass Spec (HRM-MS)
    HRM-MS™ (2) は、スイスのチューリッヒに本社を置く次世代プロテオミクス界をリードするBiognosys AG で開発された次世代ハイコテント・プロテオミクス技術である。 H…続きを読む (2016-7-13)  
  • Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
     Biognosysis社によると、HRM-MS™ の特長の一つは、サンプル測定の時には重要と分かっていなかった、あるいは重要と考えられていなかったタンパク質やタンパク質アイソ…続きを読む (2016-7-13)  
  • Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
     The Xpresys® Lung Testは、2013年10月に市場に発表された。この製品は、簡単な採血だけで、肺結節 (ILNs) が良性かどうかを示す発現のシグネチャーの手…続きを読む (2016-7-13)  
  • Biodesix社のVeriStrat® NSCLC Proteomics Test
     カナダとカリフォルニアを拠点に事業を展開するBiodesix, Inc.は、がん患者の治療成果向上のために血液検査による診断検査法の開発と商品化を行う分子診断法開発企業である。 同社…続きを読む (2016-7-13)  

おすすめ製品・サービス

使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。 器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。 棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大 ...もっと読む
貴重なサンプルのための超低温保存ソリューションMDF-DU702VX-PJのイメージ MDF-DU702VX-PJ TwinGuard(デュアル冷却システム)を採用しています。-70℃まで冷却可能な独立冷凍回路2基(A/B)で-85℃運転。万が一片側冷凍回路にトラブルが発生しても、もう一方の冷凍回路で、約-70℃を維持します。 収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。 真空断熱材VIP Plusと新世代プラットフォームとの組み合わせによる断熱性能の向上により、消費電力を従来機種から約16%削減。ECOモードをセレクトすることで消費電力をさらに削減できます。 人間工学に基いた新開発 ...もっと読む
ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。 逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3372人
2020年01月25日 現在
新メンバー
hirori 2020/1/25
bwongwoo 2020/1/23
kuromits 2020/1/21
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
serendip 2019/12/26
48 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 48
BioQuick ニュース

BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

抗体よもやま話
創薬よ何処へ
バーチャル展示会