海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) ヒト褐色脂肪によるエネルギー消費のバイオマーカーとしてのエキソソームmiRNAの可能性 - バイオマーケットjp

ヒト褐色脂肪によるエネルギー消費のバイオマーカーとしてのエキソソームmiRNAの可能性


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  ヒト褐色脂肪によるエネルギー消費のバイオマーカーとしてのエキソソームmiRNAの可能性

  著者:  作成:2017/11/20 14:00:46

10月10日火曜日の朝は、エキソソームのmiRNAおよびエネルギー消費、そして褐色脂肪についての興味深い発表がボン大学薬理・毒物学研究所のAlexander Pfeifer博士より行われた。彼は、褐色脂肪組織(BAT)が非震え熱産生に必須であり、全身の代謝を調節することに注目し始めた。褐色脂肪の活性は痩せと相関しているため、今後抗肥満療法のターゲットとして注目の的となっている、と述べた。

 

しかし、現在、BAT診断が不足しており、BAT中心の治療法を開発するためには新しい診断ツールが必要であると指摘した。本研究ではBAT活動のバイオマーカーを同定するために、BATから放出されたエキソソームに焦点を当てた。

 

エキソソームは、褐色脂肪細胞、人工培養褐色脂肪デポおよびマウスの血清から単離された。褐色脂肪細胞によるエキソソーム放出は活性化依存的であった。生理学的に、ノルエピネフリン(NE)は、褐色脂肪細胞におけるサイクリックAMPシグナル伝達経路を活性化することによって、BATエネルギー消費を誘導する。

サイクリックAMPレベルの増加は、褐色脂肪細胞の活性化をもたらし、エキソソーム放出の5倍の増加を誘導した。さらに、寒冷に曝露されたマウスから単離されたBATは、室温で維持されたマウスからのBATよりも9倍多いエキソソームを放出した。これにより、エキソソーム放出はBATの活性化後に増加する、と結論づけられる。 BAT活性の潜在的なバイオマーカーを同定するために、研究者らはmiRNAに焦点を当てた。BAT機能を調節するmiRNAは既に以前、研究者らおよび他チームが同定済みであった。 Pfeifer博士のグループは、褐色脂肪細胞およびBATから放出されるエキソソームに含まれるmiRNAをプロファイリングした。エキソソームmiRNAのさらなる分析により、miRNA含量がエネルギー消費の活性化とともに有意に変化することが明らかになった。最も高制御のmiRNAに焦点を当てることで、活性化後にmiR-92aがアップレギュレートし、miR-34c *がダウンレギュレートされることを確認することができた。また、miR-92aはヒト血清エキソソームでも検出された。 2つのヒトコホート(41人対象)からの血清エキソソームの分析は、miR-92aレベルがヒトBAT活性と逆相関することを明らかにした。結論として、研究者らは、エキソソームのmiRNAは、マウスおよびヒトでのBAT-卓越したエネルギー消費のための潜在的なバイオマーカーであると考えている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « ナチュラルキラー細胞由来エキソソームとエキソソームmiRNAはがん治療に役立つのか
    一次繊毛によるEV分泌 »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:10平均点:4.00

    おすすめ製品・サービス

    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...
    iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム
    食品偽装、微生物学、組織学など、サンプルの素材・差異をダイレクトイオン化精密質量分析で瞬時に判断 iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システムは高性能飛行時間型(Tof)質量分析計と強力で直感的なソフトウェア、ダイレクトイオン化を組み合わせることで、前処理が不要で迅速かつ容易な分子プロファイリングを可能としました。 この革新的な iKnife はハンドヘルドサンプリング装置で、情報を豊富に含んだ蒸気をサンプルの表面から直接生成します。この蒸気が飛行時間型質量分析計により分析され、数秒で正確な分子プロファイリングが得られます。
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 

        おすすめ製品・サービス

        ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
        次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...
        SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
        質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
        BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム
        タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。 また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3025人
          2018年07月20日 現在
          新メンバー
          Dcotre 2018/7/19
          Kitazacc 2018/7/19
          Hiraku 2018/7/17
          いんたろう 2018/7/12
          yamakiyo 2018/7/12
          Chikiemo 2018/7/10
          しみき 2018/7/4
          zawato 2018/7/2
          33 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 33
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/07/20:691/4474
          2018/07/19:705/6003

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。