海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)EVによる生体分子移動の多様性 - バイオマーケットjp

EVによる生体分子移動の多様性


  著者:  作成:2015/1/28 9:00:00

スタンフォード大学医学部博士研究員、金田正光博士(PhD)は、エクソソームとMVは構造も機能も異なるものであることを発表した。この結果が確証され、認められれば、現時点ではまだ謎の多い本問題に光を指すこととなるであろう。金田博士はまず、エクソソームのサイズは40nmから300nmであることに対し、MVのサイズは90nmから600nmであることを指摘した。また、両小胞は積量や表面電位においても異なることが説明された。MVの殆どがホスファチジルセリン(PS)を外面化するのに対し、エクソソームでは僅か10%ほどしかされない。両ベシクルとも受容細胞によって取り込まれるが、細胞内でルシフェラーゼ発現を誘発するのはMVだけである。MVはプラスミドDNAを受容細胞に送ることによってこれを可能にしているのではないか、と金田博士は考えている。エクソソームは機能上、mRNAを被包するが核酸は運ばないのに対し、MVはmRNAとcAMP応答配列発現pDNAの両方を被包しDNAだけを運ぶ。金田博士の研究からは、MVはインビボとインビトロの両方でcAMP応答配列発現pDNAを機能的に運搬することを示すデータも見られた。これらの結果は細胞間連絡におけるEVの役割を理解し、運搬ツールを開発する上で最も重要であると博士は述べた。また、一過性遺伝子導入細胞におけるEVの研究は、卓越したpDNAの移動によって混同される可能性もあるため注意が必要だ。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:53平均点:5.47

      おすすめ製品・サービス

      FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。 。一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。 フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。 これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解 ...もっと読む
      高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。 ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と素早く活性化するホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。 わずか0.5 pgのRNAから、5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に検出できます。 卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。もっと読む
      測定から意思決定までをわずか数秒で実現! 製品の偽装や不良品・劣化品との差異解析はメーカーにとって大きな課題です。しかし、従来の技術ではサンプル前処理と分析、データの解釈に時間がかかるため、分析者の大きな負担となっていました。 DART QDa with LiveIDシステムは、下記の組み合わせによって、これらの課題に対するソリューションを提供します。 ①堅牢で信頼性が高く、操作も簡単なACQUITY QDa検出器 ②サンプル前処理を最小限に抑え、クロマトグラフィーによる分離を必要とせずに、さまざまなサンプルに対応可能なダイレクトかつ迅速な分析手法を実現するIonSense社のDARTイオン源 ③得られたデータから多変量解析によって結果を得て、迅速なリアルタイムサンプル分類をユーザーへ提供するLiveIDソフトウェアもっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3372人
      2020年01月25日 現在
      新メンバー
      hirori 2020/1/25
      bwongwoo 2020/1/23
      kuromits 2020/1/21
      kimiya 2020/1/17
      cacao 2020/1/16
      miya3 2020/1/16
      おにく 2020/1/13
      HiroK 2020/1/12
      SHUSE 2020/1/9
      はじめまして 2020/1/9
      fskyk 2020/1/9
      JUN TANA 2020/1/5
      うまごん 2020/1/4
      MJkawa 2019/12/26
      serendip 2019/12/26
      30 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 30
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会