海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)血清および血漿由来EVのmiRNAとmRNAのプロファイリング - バイオマーケットjp

血清および血漿由来EVのmiRNAとmRNAのプロファイリング


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  血清および血漿由来EVのmiRNAとmRNAのプロファイリング

  著者:  作成:2015/1/28 9:00:00

日曜日の本ミーティング最後のプレゼンター、レオノーラ・バラヤ博士(PhD)は、サンドラ・ブレイクフィールド研究所神経科学科神経プログラム部准研究員、そしてマサチューセッツ総合病院およびハーバート医科大学でPhDを遂行している。博士もまた、液体バイオプシーの偉大なる可能性について触れた。様々な疾患における状態を、最低限に侵襲的な方法で特性分析可能になるからだ。正常細胞由来のEVプールにおいて、疾患特定のEVの占める割合は少ないため、個々の腫瘍マーカーを識別するのは大変困難である。また、生体液別のEVおよびそのカーゴ間でも大きな違いがあるため、異なる生体液はおろか環境で行われた研究を比べることは難しいのであると博士は説明した。バラヤ博士とチームが行った研究は、健康なドナーから集めた血漿および血清のmRNAおよびmiRNA濃度を比較し、それらのEV RNA値を調べるものであった。悪性腫瘍の場合、様々な経路が不具合を起こす。そのため、血清または血漿由来のEVの存在は原発巣がどのように進行しているのかを調べるあてになるのだ。バラヤ博士のグループはまたこのために、GBM(グリオブラストーマ)患者と健康な患者の血清由来のEVを集め比較した。血清と血漿の比較解析にはmiScript miRNA PCR Arrays (Qiagen)、そしてGBM患者と健康患者における血漿mRNAプロフィールの比較解析には RT2 Profiler™ PCR array Human Cancer Pathway Finder™が使用された。データ解析に使用されたのはPCR Array Data Analysis Software (Qiagen)である。 Human Cancer Pathway Finder™ array (Qiagen)に含まれる経路には、発癌現象においてよく見られる9つの異なる経路の遺伝子が含まれていた。これらはアポトーシス, DNAダメージ修復, 血管形成, 新陳代謝, そして上皮間葉転換を含む。健康体の血清および血漿miRNAの違い、またGBM患者および健康体における血漿EV mRNAの違いを見つけることが出来たと博士は発表した。本研究で明らかになったこれらmRNAとmiRNAの特質は、生体
液EVに反映される生理学的な、また病理学的な違いを理解するために重要である、とバラヤ博士は述べた。

お茶目なブレイクフィールド博士

バラヤ博士の発表が終わった後、会場全体が「ハッピーバースデー」を歌い始めた。するとバラヤ博士の指導者ザンドラ・ブレイクフィールド博士が両手いっぱいの大きな白いケーキを持って登場したのである。実はこの日はバラヤ博士の誕生日だったのだ。「私達は研究室でもこうやってお祝いするわ。だから今日そうして当然でしょう?」と、参加者全員分あるであろう巨大なケーキを持ちながらブレイクフィールド博士は言い、バラヤ博士を喜ばせた。ASEMVミーティングはこうしてまた素敵な1日を終わらせたのである。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « ペプチドを使用した効率的なエクソソーム採取法
    炎症性胃腸炎患者における管腔内EV »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:33平均点:4.55

    おすすめ製品・サービス

    SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
    iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システム
    食品偽装、微生物学、組織学など、サンプルの素材・差異をダイレクトイオン化精密質量分析で瞬時に判断 iKnifeサンプリング機能搭載REIMS研究システムは高性能飛行時間型(Tof)質量分析計と強力で直感的なソフトウェア、ダイレクトイオン化を組み合わせることで、前処理が不要で迅速かつ容易な分子プロファイリングを可能としました。 この革新的な iKnife はハンドヘルドサンプリング装置で、情報を豊富に含んだ蒸気をサンプルの表面から直接生成します。この蒸気が飛行時間型質量分析計により分析され、数秒で正確な分子プロファイリングが得られます。
    nkamo  投稿日時 2015/1/29 14:25
    EVが何をさすか、見当はつきますが、正確に訳してほしかったです。誕生祝いのエピソードはアメリカらしい一幕と感じました。

        おすすめ製品・サービス

        SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
        質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
        iCubate 自動DNAサンプル調製システム:特許マルチプレックスPCRでPCRバイアスを排除。完全密封型カセットでコンタミ防止。
        特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製。 icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイクロアレー・ハイブリダイゼーションの全工程を約3時間で自動処理可能です。 マルチプレックスPCR後の生成物は簡単に回収可能なのでNGS用ライブラリー調製にも最適です。
        ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
        次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3026人
          2018年07月22日 現在
          新メンバー
          Dcotre 2018/7/19
          Kitazacc 2018/7/19
          Hiraku 2018/7/17
          いんたろう 2018/7/12
          yamakiyo 2018/7/12
          Chikiemo 2018/7/10
          しみき 2018/7/4
          zawato 2018/7/2
          29 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ
          アクセスカウンター
          DATEVisits/PVs
          2018/07/22:479/3935
          2018/07/21:571/5405

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。