Pathogens and extracellular vesicles: New paths and challenges to understanding and treating diseases. Editorial opinion


Posted: 2021-09-20 19:00:00
Extracellular vesicles (EVs) have been described in all eukaryotic and prokaryotic cells as released membranous structures loaded with biomolecules including nucleic acids, glycoconjugates, lipids and proteins. Two main groups of vesicles with different biogenesis and size are considered to be the most predominant, Exosomes (30-100 nm) originating from multivesicular bodies, and microvesículas (100-1000 nm) originating from plasma membrane. EVs participate in cellular communication between different organisms and can alter neighbour cells, participating in physiological and pathophysiological processes. In this issue, eleven reviews summarize the current knowledge in the characterization of EVs participating in the pathogenic-host interaction including protozoa, helminths, bacteria, fungi and viruses (Montaño et al., 2021; Palacios et al., 2021; Rossi et al., 2021; Sabatke et al., 2021; Cucher et al., 2021; Gilmore W et al., 2021; Sánchez-López et al., 2021; Dong et al., 2021; Drurey C and Mayzels R.M., 2021; Macedo-Da Silva J et al., 2021; Piffer, A. C et al., 2021). Keywords: Cell comuniccation; Exossomes; Extracelular vesicles; Microvesicles.

参考サイト PubMed: exsome


Powered by Vergleichsportal


バイオクイックニュース日本語版:エクソソーム特集

バイオクイックニュース日本語版
8月 01, 2019 バイオアソシエイツ

エクソソームが脳細胞と回路の形成に深い役割を果たし、発達性脳障害の治療と診断に寄与する可能性をスクリプス研究所が示唆。

ジェット機の下から荷降ろしされるたくさん詰め込まれたスーツケースのように、 エクソソーム と呼ばれる生物学的小包は、体内のすべての細胞から継続的に展開され、これらを送り出すことによって細胞はタンパク質および遺伝物質を介して互いに通信をする。 単に細胞の「ゴミ」の微小な袋であると考えられていたエクソソームは、今や我々の健康にとって非常に重要なものであると理解されている。 近年の研究では、癌やアルツハイマー病などの神経変性疾患の蔓延に関連した分子を輸送することを示している。…

ゲスト 912人 と メンバー 6人 がオンラインです