Unexpected SARS-CoV-2 positivity in postmortem nasopharyngeal swabs


Posted: 2021-09-14 19:00:00
J Clin Pathol . 2021 Sep 13;jclinpath-2021-207769. doi: 10.1136/jclinpath-2021-207769. Online ahead of print. Affiliations Expand Affiliations 1 Department of Cellular Pathology, Northwest London Pathology, Imperial College Healthcare NHS Trust, London, UK m.jensen@cantab.net. 2 Department of Pathology, Hemel Hempstead General Hospital, West Hertfordshire Hospital NHS Trust, Hemel Hempstead, Hertfordshire, UK. Item in Clipboard Melanie Jensen et al. J Clin Pathol. 2021. Show details Display options Display options Format J Clin Pathol . 2021 Sep 13;jclinpath-2021-207769. doi: 10.1136/jclinpath-2021-207769. Online ahead of print. Affiliations 1 Department of Cellular Pathology, Northwest London Pathology, Imperial College Healthcare NHS Trust, London, UK m.jensen@cantab.net. 2 Department of Pathology, Hemel Hempstead General Hospital, West Hertfordshire Hospital NHS Trust, Hemel Hempstead, Hertfordshire, UK. Item in Clipboard CiteDisplay options Display options Format No abstract available Keywords: COVID-19; autopsy; virology. Conflict of interest statement Competing interests: None declared. Publication types

参考サイト PubMed: covid-19


Powered by Kreditvergleich


バイオクイックニュース日本語版:COVID-19特集

バイオクイックニュース日本語版
1月 14, 2021 バイオアソシエイツ

地球上の生命の起源についてRNAワールド説を打ち破る新発見が報告された。

カリフォルニア州ラホーヤにあるスクリプス研究所の化学者は、生命が地球上でどのように発生したかについての新しい見方を支持する驚くべき発見をした。ドイツ化学会誌のアンゲヴァンテ・ケミーに2020年12月15日にオンラインで公開された研究によると、生命が生まれる前に地球上に存在していたと思われるジアミドホスフェート(DAP)と呼ばれる単純な化合物が、デオキシヌクレオシドと呼ばれる小さなDNAビルディングブロックを化学的に編み合わせて原始DNA鎖にした可能性があるという。この発見は、過去数年にわたる一連の発見の最新のもので…