The impact of weather on COVID-19 pandemic


Posted: 2021-11-12 20:00:00
Rising temperature levels during spring and summer are often argued to enable lifting of strict containment measures even in the absence of herd immunity. Despite broad scholarly interest in the relationship between weather and coronavirus spread, previous studies come to very mixed results. To contribute to this puzzle, the paper examines the impact of weather on the COVID-19 pandemic using a unique granular dataset of over 1.2 million daily observations covering over 3700 counties in nine countries for all seasons of 2020. Our results show that temperature and wind speed have a robust negative effect on virus spread after controlling for a range of potential confounding factors. These effects, however, are substantially larger during mealtimes, as well as in periods of high mobility and low containment, suggesting an important role for social behaviour.

参考サイト PubMed: covid-19



バイオクイックニュース日本語版:COVID-19特集

バイオクイックニュース日本語版
4月 05, 2021 バイオアソシエイツ

匂いが強力に記憶を誘発する理由とは?新研究で初めて神経基盤を特定

マルセル・プルーストの小説「失われたときを求めて」にはマドレーヌで記憶がよみがえり紅茶のカップから記憶が溢れ出てくるという章があるように、匂いは強力に記憶を呼び起こすことができる。 ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部の研究者らによって執筆された新論文は、脳がどのように匂いがそれらの記憶を非常に強力に引き出すことを可能にするかについての神経基盤を特定した最初のものである。この論文は、海馬と人間の嗅覚領域との間の独特の接続性を示している。…

ゲスト 492人 と メンバー 2人 がオンラインです