Neurological complications and infection mechanism of SARS-COV-2


Posted: 2021-11-24 20:00:00
Currently, SARS-CoV-2 has caused a global pandemic and threatened many lives. Although SARS-CoV-2 mainly causes respiratory diseases, growing data indicate that SARS-CoV-2 can also invade the central nervous system (CNS) and peripheral nervous system (PNS) causing multiple neurological diseases, such as encephalitis, encephalopathy, Guillain-Barré syndrome, meningitis, and skeletal muscular symptoms. Despite the increasing incidences of clinical neurological complications of SARS-CoV-2, the precise neuroinvasion mechanisms of SARS-CoV-2 have not been fully established. In this review, we primarily describe the clinical neurological complications associated with SARS-CoV-2 and discuss the potential mechanisms through which SARS-CoV-2 invades the brain based on the current evidence. Finally, we summarize the experimental models were used to study SARS-CoV-2 neuroinvasion. These data form the basis for studies on the significance of SARS-CoV-2 infection in the brain.

参考サイト PubMed: covid-19



バイオクイックニュース日本語版:COVID-19特集

バイオクイックニュース日本語版
1月 14, 2021 バイオアソシエイツ

地球上の生命の起源についてRNAワールド説を打ち破る新発見が報告された。

カリフォルニア州ラホーヤにあるスクリプス研究所の化学者は、生命が地球上でどのように発生したかについての新しい見方を支持する驚くべき発見をした。ドイツ化学会誌のアンゲヴァンテ・ケミーに2020年12月15日にオンラインで公開された研究によると、生命が生まれる前に地球上に存在していたと思われるジアミドホスフェート(DAP)と呼ばれる単純な化合物が、デオキシヌクレオシドと呼ばれる小さなDNAビルディングブロックを化学的に編み合わせて原始DNA鎖にした可能性があるという。この発見は、過去数年にわたる一連の発見の最新のもので…

ゲスト 884人 と メンバー 7人 がオンラインです