ライフサイエンス研究メディア

バイオマーケットjpはバイオ・ライフサイエンス研究に役立つ情報を発信するWebメディアです

Hamster organotypic modeling of SARS-CoV-2 lung and brainstem infection


Posted: 2021-10-05 19:00:00
SARS-CoV-2 has caused a global pandemic of COVID-19 since its emergence in December 2019. The infection causes a severe acute respiratory syndrome and may also spread to central nervous system leading to neurological sequelae. We have developed and characterized two new organotypic cultures from hamster brainstem and lung tissues that offer a unique opportunity to study the early steps of viral infection and screening antivirals. These models are not dedicated to investigate how the virus reaches the brain. However, they allow validating the early tropism of the virus in the lungs and demonstrating that SARS-CoV-2 could infect the brainstem and the cerebellum, mainly by targeting granular neurons. Viral infection induces specific interferon and innate immune responses with patterns specific to each organ, along with cell death by apoptosis, necroptosis, and pyroptosis. Overall, our data illustrate the potential of rapid modeling of complex tissue-level interactions during infection by a newly emerged virus.

参考サイト PubMed: covid-19



バイオクイックニュース日本語版:COVID-19特集

バイオクイックニュース日本語版
7月 18, 2021 バイオアソシエイツ

COVID-19モノクローナル抗体療法は、高リスク患者に早期投与することで医療システムの負担を軽減することができるとの報告

南フロリダ大学(USF Health)とタンパ総合病院(Tampa General Hospital)が新たに発表した研究によると、モノクローナル抗体は、リスクの高い患者に早期に投与することで、 COVID-19 に関連する救急外来の受診や入院を減少させる効果があることがわかった。FDAのガイドラインに沿って使用すれば、この治療法は、パンデミックによる患者や限られた医療資源への継続的な負担を軽減することができる、と研究者らは提案している。この共同研究は、2021年6月4日にOpen Forum…

ゲスト 1115人 と メンバー 7人 がオンラインです