A novel mechanism for the loss of mRNA activity in lipid nanoparticle delivery systems

1

Posted: 2021-11-23 20:00:00
Lipid nanoparticle (LNP)-formulated mRNA vaccines were rapidly developed and deployed in response to the SARS-CoV-2 pandemic. Due to the labile nature of mRNA, identifying impurities that could affect product stability and efficacy is crucial to the long-term use of nucleic-acid based medicines. Herein, reversed-phase ion pair high performance liquid chromatography (RP-IP HPLC) was used to identify a class of impurity formed through lipid:mRNA reactions; such reactions are typically undetectable by traditional mRNA purity analytical techniques. The identified modifications render the mRNA untranslatable, leading to loss of protein expression. Specifically, electrophilic impurities derived from the ionizable cationic lipid component are shown to be responsible. Mechanisms implicated in the formation of reactive species include oxidation and subsequent hydrolysis of the tertiary amine. It thus remains critical to ensure robust analytical methods and stringent manufacturing control to ensure mRNA stability and high activity in LNP delivery systems.

参考サイト PubMed: covid-19


Powered by Kreditvergleich


バイオクイックニュース日本語版:COVID-19特集

バイオクイックニュース日本語版
4月 07, 2020 bioassociates2

米国の2人の感染症専門家がCOVID-19生存者からの抗体を、患者治療と医療従事者保護の応急措置として使用すべきと主張。 このアプローチは100年間に渡り致命的な病原体の大発生で成功を収めている。

新型コロナウイルス( COVID-19 )と闘う国々は、感染から回復した人々の抗体を使用して症例を治療し、重要な医療従事者に短期免疫(数週間から数ヶ月)を提供することを検討する必要があると米国の2人の感染症専門家が主張している。 ボルティモアにあるジョンズホプキンスブルームバーグ公衆衛生学校の分子微生物学および免疫学科の部長であるArturo Casadevall医学博士とニューヨーク市にあるアルバートアインシュタイン医科大学の感染症部門の責任者であるLiise-anne Pirofski医学博士である。…

ゲスト 646人 と メンバー 3人 がオンラインです