【バイオマーケットjp】PHCPHCツール(装置・試薬キット・受託)のバーチャル展示会

PHC

PHCの出展製品

PHCの製品リスト

MDF-DU702VX-PJ:デュアル冷却システム超低温フリーザー
出展企業:PHC株式会社

貴重なサンプルのための超低温保存ソリューション

PHCのイメージ

TwinGuard(デュアル冷却システム)を採用しています。-70℃まで冷却可能な独立冷凍回路2基(A/B)で-85℃運転。万が一片側冷凍回路にトラブルが発生しても、もう一方の冷凍回路で、約-70℃を維持します。

収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。

真空断熱材VIP Plusと新世代プラットフォームとの組み合わせによる断熱性能の向上により、消費電力を従来機種から約16%削減。ECOモードをセレクトすることで消費電力をさらに削減できます。

人間工学に基いた新開発”EZlatch”ドアハンドルの採用により、さらに簡単に保存サンプルにアクセスが可能。また、直感的で分かりやすい大型カラー液晶タッチパネルはグローブをしたままで操作でき、キーロックも標準装備。運転状況はUSBでPCへデータ転送可能です。

C面カット(コーナーカット)デザインにより複数台設置時のドア開閉スペースを削減。3台並列設置時のフットプリントを約110 mm削減。複数台数の設置時に優位性を発揮します。

MDF-DU702VHS1-PJ:ノンフロン超低温フリーザー
出展企業:PHC株式会社

エネルギー消費を低減した超低温保存ソリューション

PHCのイメージ

エネルギー効率の高いノンフロン(自然冷媒)はフリーザーの性能を損なうことなく環境への影響を削減。フロン排出抑制法の管理対象外でもあります。さらに、新搭載のインバーターコンプレッサーにより、従来機比較で、約20%以上の省エネを実現しています。

収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。

人間工学に基いた新開発”EZlatch”ドアハンドルの採用により、さらに簡単に保存サンプルにアクセスが可能。また、直感的で分かりやすい大型カラー液晶タッチパネルはグローブをしたままで操作でき、キーロックも標準装備。運転状況はUSBでPCへデータ転送可能です。

C面カット(コーナーカット)デザインにより複数台設置時のドア開閉スペースを削減。3台並列設置時のフットプリントを約110 mm削減。複数台数の設置時に優位性を発揮します。

MCO-170AICUVH-PJ:過酸化水素除染式CO2インキュベーター
出展企業:PHC株式会社

内箱・棚受け一体構造で器内スッキリ簡単清掃 & 2時間半で完了、H2O2高速ECO除染

PHCのイメージ

棚受けをなくし、内箱一体式にすることで、器内の部品点数を約80%削減。器内清掃時間を大幅削減、作業性が向上しました。また、トレイ面積が大きくなりより多くの培養容器が設置可能になりました。

H2O2(過酸化水素)で器内を除染します。全除染工程約135分、準備時間を入れても約2時間半の高速除染が可能です。

WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。様々なプロトコルを集中管理できます。抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態で操作可能です。

MCO-170AICUVH標準装備、MCO-170AICUV/170AICはオプションの電気錠(MCO-170EL)搭載時、扉のオートロック機能が設定可能です。ロックの解錠に、1~6桁のパスワードを設定することもできます。

USBポートを標準装備。USBメモリーへログデータを移行し、PCで簡単に管理可能です。記録期間は、2分間隔の場合1.5カ月分。

MCO-170AICUVD-PJ:乾熱滅菌式CO2インキュベーター
出展企業:PHC株式会社

使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル

PHCのイメージ

培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。

器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。

棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大幅に削減、作業性が向上。またトレイの面積を大きくし、より多くの培養容器の収納が可能となりました。

WVGAフルカラー液晶タッチパネルを採用。さまざまなプロトコルを集中管理できます。抵抗膜式タッチパネル採用により、手袋をした状態でも操作が可能です。

パネル横のUSBポートから、USBメモリーへログデータを移行、PCで簡単に管理可能です。

製品カテゴリー

製品ブランド

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3341人
2019年11月18日 現在
25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 25
バーチャル展示会