蛍光プレラベリング法による高感度測定により数ピコモルから単糖の組成分析ができます


本受託サービスは下記の様なニーズに最適です:

・天然物等に含まれる単糖の組成が知りたい

・タンパク質に糖鎖が付加(Glycosylation)しているか評価したい

・タンパク質間で糖組成の比較解析がしたい

応用例:食品素材の分析、糖タンパク質の生物種間の比較、リコンビナントとネイティブタンパク質の比較、モノクローナルIgG間の比較など。


主なポイント


  • タンパク質・ペプチドに付加している糖鎖の有無および単糖組成を解析
  • プレラベリング法ならではの高感度蛍光HPLC測定で、数ピコモルから単糖を検出
  • ウロン酸(グルクロン酸、ガラクツロン酸)も定量分析
  • 発現生物種が異なる組換えタンパク質間の糖組成比較が可能
  • 熟練したタンパク質解析のスペシャリストによる実験

技術情報


高感度 糖組成分析 受託サービスのプロセス

サンプル(糖タンパク質・糖ペプチド)受入れ
酸加水分解処理
N-アセチル化
高感度蛍光標識(プレラベル)
液体クロマトグラフィ分析
解析データのご報告


高感度 糖組成分析 受託サービスの応用例

標準単糖11種類の分析結果(各ピーク 5 pmol)

HPLC02
  1. ガラクトース(Galactose)
  2. マンノース(Mannose)
  3. グルコース(Glucose)
  4. アラビノース(Arabinose)
  5. リボース(Ribose)
  6. N‐アセチルマンノサミン(ManNAc)
  7. キシロース(xylose)
  8. N‐アセチルグルコサミン(GlcNAc)
  9. フコース(Fucose)
  10. ラムノース(Rhamnose)
  11. N‐アセチルガラクトサミン(GalNAc)

高感度 糖組成分析 受託サービスによるヒト-トランスフェリン糖鎖の分析

分析量: トランスフェリン 2.5 pmol

HPLC03

a) ガラクトース b) マンノース c) N‐アセチルグルコサミン

トランスフェリンの糖鎖構造

HPLC04

実施要項

実施内容: 酸加水分解、N−アセチル化、プレラベリング、液体クロマト分析

  • 受入サンプル: タンパク質、ペプチド、多糖、オリゴ糖(必ず脱塩後の溶液または乾燥品をご用意ください)
  • 必要サンプル量: 糖 20 pmol以上 糖タンパク質(分子量78kDaのトランスフェリンの場合)1μg(15 pmol)以上
  • 報告書納期:サンプル到着から約2週間


高感度 糖組成分析 受託サービスを特価で提供中!

※BioMarket特別価格は、お問い合わせフォームから直接お見積り依頼された場合のみ適用されます。

サービスコード:PB-1101
通常価格(税別):¥90,000/Sample
BioMarket特別価格(税別):¥85,000/Sample

記載されている価格は2010年4月1日現在の価格です。(消費税別) 価格は予告なく改訂される場合があります。本受託サービスは研究用です。 試験・研究以外の目的(医療用、臨床診断等)には使用できません。 Research purpose only. Not for use in therapeutic procedures.


代理店のご指定も可能です

無料相談フォームにご指定の代理店を記入してください。
出店企業からご指定の代理店担当者様に連絡を入れ、同代理店からお見積書をお届けします。
(直接代理店様にお問合せされた場合には、BioMarket特別価格は適用されませんのでご注意ください。)




資料ダウンロード


参考資料

糖組成分析のアプリケーションノート(1) 11種類の標準単糖の定量分析

参考資料

糖組成分析のアプリケーションノート(2) ウロン酸(グルクロン酸、ガラクツロン酸)の定量分析

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。