マクロピノサイトーシスで生細胞内へ抗体導入できます


マクロピノサイトーシスで生細胞内へ抗体導入できます


主なポイント


  • 高い導入効率(例:ヤギ・ウサギ ポリクローナル抗体→導入効率 90% 以上)
  • 細胞毒性が非常に低い
  • 混ぜるだけの簡単操作
  • 細胞内抗原に結合する(機能発現)
  • 抗原も導入可能
  • 長期保存が可能

技術情報


Ab-Carrierのメカニズムとは?

Ab-Carrier は独自に開発したプロテイン A 改変体と非天然型人工ペプチドを化学的に融合した分子量約 1 万の化合物で構成されます。高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスの IgGを生細胞に導入できます。

混ぜるだけの簡単操作で、細胞毒性はなく、長期保存が可能です。非ウイルス性なので安心してご使用になれます。


Fig. 抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierの概要

uid000001_201304181038597e9bb7b1



資料ダウンロード


参考資料

Ab-Carrier フライヤー

参考資料

Ab-Carrier 性能比較表

参考資料

Ab-Carrierを用いた各動物種 IgG の HeLa 細胞への導入効率の比較

参考資料

Ab-Carrierを用いた抗核膜孔複合体(NPC)抗体導入による HeLa 細胞増殖阻害

参考資料

Ab-CarrierとGFP抗体を用いた 抗原分子 (GFP) の HeLa 細胞への導入

参考資料

WST-1 アッセイ法によるAb-Carrierの細胞毒性の評価

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。