シングルセル研究、医薬開発、 ハイドロゲルドロップレットによる3D培養など マイクロ流体技術をより使いやすく、 独自アプリケーションの開発で研究をさらに前進


ハイスループットシングルセル研究技術の発展により、数千のシングルセルを並列で分析することが可能になりました。 この前例のないアプローチにより、研究者は、細胞の種類、状態、不均一性、細胞間の相互作用を特徴付けて識別できるため、様々なサンプルおよびアプリケーション領域にわたって遺伝子発現現パターンを分析できるようになりました。

現在、市販されている機器とプロトコルは、メーカー指定の消耗品とプロトコ ルで主に用いられる細胞タイプに焦点を当てていますが、植物または他の非モデル生物から得られた細胞は、細胞サイズ、バッファー組成、またはその他の様々な理由により、単一の細胞を捕捉するステップのプロトコル調整が必要になる場合があります。

さらに最近、科学者たちは既存のプロトコルをカスタマイズするか、特定の 実験ニーズに合うように新しいプロトコルとアプリケーションを開発する事 を目指しています。 ハイスループットのシングルセル研究を最大限に活用するには、多用途で柔軟 に対応できる技術が必要です。

Nadia Innovateシステムにより、研究者はプロトコルと試薬を研究ニーズ に合わせてカスタマイズできるため、様々な種類の細胞に対応する新しい アプリケーションとプロトコルが迅速に開発できます。

Nadia Innovateは、サンプルと研究の要件に基づきシングルセル研究を 皆様の研究対象により適合させるように設計されています。


主なポイント


  • シングル細胞の新規プロトコル開発と条件最適化のオープンな開発環境
  • scRNA-seq,scNuc-seqなど標準化されたシングルセル解析の前処理も自動化
  • 液滴生成状態をリアルタイムで観察
  • 無脈動ポンプの送液で単分散液滴作製が行え再現性の高いデータが得られます。
  • 単分散液滴のサイズ調整も細胞サイズに応じて簡単に制御
  • カートリッジは、プラスチック製消耗品。クロスコンタミネーションの防止
  • 選べる1,2,4,8流路カートリッジで無駄のないラン。市販試薬の利用で更に省コスト
  • スループット: ~50,000シングルセル/ラン
  • 特許取得済の撹拌機脳付きマイクロ流路チップ
  • Dolomiteの保有する様々なガラス製マイクロ流体チップの利用も可能に!

技術情報


Nadia Innovateで、ユーザー定義のシングルセルプロトコルや新規ドロップレットバイオロジ―アプリケーションの開発が可能になります。液滴のサイズや反応温度、攪拌速度、流速や送液のタイミングといった各種パラメータをユーザ自身で制御でき、シングルセルプロトコルだけでなく、アガロースゲルのドロップレット生成も可能となります。

Dolomite_Bio_Diagrams_Web_Agarose_Beads_Method
IMG_BRIGHTFIELD_477_Dolomite_Bio_Agarose_Encapsulation

これにより2つの異なる細胞タイプをアガロースゲルでカプセル化することや、3次元細胞培養、フローサイトメトリー解析の前処理などマイクロ流路を用いた研究用途が格段に拡がり、生物学を加速させるNadiaに搭載されている技術はより使い易くオープンなものになります。 新たに開発されたプロトコルパラメータは、ハイスループットで並列処理が可能な、Nadiaへ転送させることでパラレル実行が可能です。




資料ダウンロード


参考資料

マイクロ流体アプリケーション集 ダイジェスト v1

参考資料

Nadia&Innovate 植物プロトプラスト研究フライヤー

参考資料

Nadia&Innovate 総合カタログ

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。