関連情報 : Y染色体 - バイオマーケットjp

Y染色体」に関連した情報

バイオ掲示板更新情報

バイオ掲示板更新情報 アレル特異的RNA-SeqでX染色体不活性化の遺伝子抑制過程を研究
女性の体の細胞は、卵細胞を除いてすべて2本のX染色体を持っており、男性のXY染色体に対して適正な遺伝子量補償をするため、この2本のX染色体のうち1本が不活性になる。オランダのRadboud ...
バイオ掲示板更新情報 複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる
... と、ユタ州の多世代にわたる家族の男性の家系と病歴を分析した結果、男子の性染色体であるY染色体の変異の遺伝が前立腺がん発症に大きく関わっていることが裏付けられた。University of ...
バイオ掲示板更新情報 複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる
... と、ユタ州の多世代にわたる家族の男性の家系と病歴を分析した結果、男子の性染色体であるY染色体の変異の遺伝が前立腺がん発症に大きく関わっていることが裏付けられた。University of ...

バイオクイックニュース

バイオクイックニュース ヒトY染色体遺伝子によって制御される非性器機能が発見された。なぜ特定の病気が男性と女性に異なる影響を与えるのか?その理由を解明できるかもしれない。
男性特有のY染色体遺伝子のあまり知られていない役割に新たな光が当てられ、COVID-19を含むさまざまな病気で、男性が女性とは異なる重症化を示すのか理由を説明す男性特有のY染色体遺伝 ...
バイオクイックニュース ニシンでオスの性染色体の誕生を再構築できたことが報告された
性染色体の進化は、性決定の根底にあるメカニズムを安定させ、通常は等しい性比をもたらすため、生物学ではとても重要だ。 スウェーデンのウプサラ大学の研究者が率いる国
バイオクイックニュース アレル特異的RNA-SeqでX染色体不活性化の遺伝子抑制過程を研究
女性の体の細胞は、卵細胞を除いてすべて2本のX染色体を持っており、男性のXY染色体に対して適正な遺伝子量補償をするため、この2本のX染色体のうち1本が不活性にな女性の体の細胞は、卵細胞を除いてすべて2本のX染色体を持っており、男性のXY染色体に対して適正な遺 ...
バイオクイックニュース deCODE社、アイスランド住民の大規模ヒトゲノム・シーケンシングで成果
ヒトゲノム解析で世界をリードするdeCODE GeneticsがNature Geneticsオンライン版に新しい地平を切り開く4本の研究論文を発表した。この論
バイオクイックニュース 複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる
10月25日、ボストンで開かれていたAmerican Society of Human Genetics (ASHG) の2013年年次総会でプレゼンテーション

すべて表示

ライフサイエンスレポート

ライフサイエンスレポート 短命、がんリスク増大と関連するY染色体のモザイク喪失
...年年次会議で発表された研究報告によると、高齢男性にしばしば見られる血球中のY染色体の加齢によるモザイク喪失 (LOY) は、様々ながんのリスクの増大や短命と関連...学者でもあるLars Forsberg, Ph.D.は、「この研究結果から、Y染色体を持たない女性と比べて男性の寿命が短く、また性別に無関係ながんにかかる率が高い...sity教授を務めるJan Dumanski, M.D., Ph.D.は、「Y染色体は性別を決める遺伝子と精子生産の遺伝子しか持っていないと考えている人が多いが、実...

読者コメント

読者コメント Re: ヒトY染色体が絶滅することはない
へー。よくわからないけど、もしなくなると不都合があるのかなあ。よくわからないなあ。必要だから残っているんじゃないのかなあ。オスは必要と思っていたけど、必要じゃないんだろうか?わなんないなあ。まあなくならないデータで安心した。
読者コメント Re: ヒトY染色体が絶滅することはない
驚きました。Y染色体の話は学生の受けが良いので、人類滅亡説としてよく話していましたが、修正する必要がありそうです。ですが、そうすると、Y染色体の遺伝子は成熟しており、進化は止まった状態ということで、それをネタにします。

お知らせ

お知らせ 新着記事「血液検査で乳がん早期発見の可能性」
...いるところでは髄鞘再形成を促した。>>>続きはサイトで ○『「複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる』10月25日、ボストンで開かれていた...州の多世代にわたる家族の男性の家系と病歴を分析した結果、男子の性染色体であるY染色体の変異の遺伝が前立腺がん発症に大きく関わっていることが裏付けられた。Unive... Cannon-Albright, Ph.D.は、「研究で、いくつかの特異なY染色体が前立腺がんの非常に高いリスクと関連していることを突き止めた」と述べている。>>...
お知らせ 新着記事「ノーベル受賞者、「MicroRNAやpiRNAは、細胞核中の転写、シナプスの局所的翻訳などの協調的調節に関わっている」と発表、Neuroscience
...いるところでは髄鞘再形成を促した。>>>続きはサイトで ○『「複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる』10月25日、ボストンで開かれていた...州の多世代にわたる家族の男性の家系と病歴を分析した結果、男子の性染色体であるY染色体の変異の遺伝が前立腺がん発症に大きく関わっていることが裏付けられた。Unive... Cannon-Albright, Ph.D.は、「研究で、いくつかの特異なY染色体が前立腺がんの非常に高いリスクと関連していることを突き止めた」と述べている。>>...
お知らせ 12月の注目記事 No.1は【「Urzyme」新発見、生命の起源「RNA世界」説に挑戦】
...に挑戦 No.2 ミトコンドリアDNA減少が乳がん転移の原因に No.3 タンパク構造の特有の変化が転写プロセスの重要なカギに No.4 遺伝子と食事の相互作用の研究で食事による大腸がんリスクに遺伝子変異の影響確認 No.5 複数の特異なY染色体と前立腺がんの高リスクとに関連性見つかる ▼BioQuickニュース 日本語版 アーカイブ 疾病治療|遺伝子研究|創薬|タンパク質研究|糖鎖研究|幹細胞研究|微生物/ウイルス研究| 脳科学|植物研究|動物/家畜研究|水産研究|昆虫研究|食品機能/栄養研...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム

これらのキーワードがハイライトされています: Y染色体