関連情報 : 質量分析 - バイオマーケットjp

質量分析」に関連した情報

JASISイノベーションフォーラム

JASISイノベーションフォーラム 【JASIS】透明マウス:組織・全身透明化法_特別展示および講演【JASIS 2016 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.8】
...イフサイエンス研究動向レポートを無料公開中!! ~ 米国の臨床ラボにおける質量分析プロテオミクス/     最先端がん診断CTC解析 他 ~  _/_/_/_/...付 09:40~)  <聞きどころ> 生データにアクセスせよ!~質量分析データに宝は眠る~、          多変量空間を探索せよ!~特徴空間の探索...ライフサイエンス研究動向レポートを無料公開中!! ~ 米国の臨床ラボにおける質量分析プロテオミクス/     最先端がん診断CTC解析 他 ~   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...
JASISイノベーションフォーラム JASIS】個別化医療・創薬の画期的なシステム_講演ムービー!!【JASIS 2016 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.7】
...フサイエンス研究動向レポートを無料公開中!!  ~ 米国の臨床ラボにおける質量分析プロテオミクス/     最先端がん診断CTC解析 他 ~_/_/_/_/_/...教授     3)最近の多種多様な創薬および医薬品開発手法における     質量分析の役割     中山 登 氏 (株)バイオシス・テクノロジーズ     テクニ...ライフサイエンス研究動向レポートを無料公開中!! ~ 米国の臨床ラボにおける質量分析プロテオミクス/     最先端がん診断CTC解析 他 ~   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...
JASISイノベーションフォーラム ライフサイエンス&分析技術の基調講演【JASIS 2016 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.5】
...世界の多次元アプローチ」  主催:メタボリック・プロファイリング研究会   <日 時>   【9月7日】  <10:00~17:05>(受付 09:40~)  <聞きどころ> 生データにアクセスせよ!~質量分析データに宝は眠る~、          多変量空間を探索せよ!~特徴空間の探索技法~ 、         社会的敗者マウス脳の解析、日本の睡眠の解明、         うつ病(行動薬理と海馬組織の直接NMR-MP) などなど  <全プログラム...
JASISイノベーションフォーラム ライフサイエンス基調講演11本をムービーで限定配信します!!
... 東京理科大学 研究推進機構 総合研究院 教授 ■8月初旬配信のテーマ: 「フード&ヘルスケア関連ビッグデータ」 「質量分析の役割(創薬および医薬品開発関連)」 「精密・個別化医療に役立つオープンイノベーションシステム」   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...    情報科学研究科 計算システムズ生物学研究室 教授    2) 最近の多種多様な創薬および医薬品開発手法における質量分析の役割      中山登 氏 ㈱バイオシス・テクノロジーズ テクニカルアドバイザー・‥…第2弾配信 -8月初旬-・…‥・ ...
JASISイノベーションフォーラム ライフサイエンス研究関連製品を動画で紹介【JASIS 2016 通信 Vol.1】
...Aシステムを簡単にアップグレードできる新製品。          病理凍結切片から化合物・代謝物等を抽出、カラム分離し,          MS分析を可能にする注目製品を紹介。    <販売先> 創薬研究、病理研究、バイオマーカー研究等の質量分析計を          ご使用の研究者。        動画の閲覧はこちら: https://www.youtube.com/watch?v=AwVnQx8xlto ▼4.)  <タイトル> 対象タンパクの発現量を数値化、組織切片上での定量化を可能に。...

すべて表示

バイオ掲示板更新情報

バイオ掲示板更新情報 [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。
バイオ掲示板更新情報 [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。
バイオ掲示板更新情報 [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現
tyutaka様 お手数をおかけして申し訳ございません。 今後とも宜しくお願いいたします。
バイオ掲示板更新情報 [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。
バイオ掲示板更新情報 [LC-MSの話題・口コミ:LC-MSプロダクト情報] Re: 新しい質量分析取得モードでプロテオミクスとリピドミクスの進展を実現
ありがとうございます。 今一つ理解できませんが、丁度御社のアプリの方と一緒なので、質問してみます。

すべて表示

バイオクイックニュース

バイオクイックニュース 悪性黒色腫患者のエクソソームに含まれる癌幹細胞バイオマーカーにより診断の早期化と予後改善の可能性
悪性黒色腫患者の癌幹細胞(cancer stem cells :CSC)から放出されたエクソソームは、分化した悪性黒色腫細胞からのエクソソームとは異なる分子組成
バイオクイックニュース プロテオミクス解析で攻撃的なヒトの癌の潜在的な創薬ターゲットを特定
ベイラー医科大学の研究者らは、攻撃的なヒトの癌からのプロテオミクス、またはすべてのタンパク質データの分析が、潜在的な新しい治療標的を特定するための有用なアプロー
バイオクイックニュース 遺伝子発現を調節する分子機械の「前例のない」3Dモデルが開発された。これにより多くの癌関連の突然変異がマッピング可能に。
DNA構造を修飾し癌や他のいくつかの病気で頻繁に変異しているBAF複合体(哺乳類のSWI / SNF複合体)の前例のない3次元構造モデルが作成された。ダナファー
バイオクイックニュース 癌由来の細胞外小胞のパルミトイル化タンパク質によるリキッドバイオプシーの可能性が示唆された
腫瘍細胞によって血流に放出され、癌の転移を促進する、細胞外小胞(EV:extracellular vesicles)と呼ばれる粒子内のタンパク質に光を当てた新し
バイオクイックニュース 攻撃的な大腸癌細胞でアポトーシスを元に戻す真菌化合物の全合成に成功
癌細胞は、多くの場合、増殖するために特別なテクニックを使用する。 彼らは突然変異によって「プログラムされた死」を無効にし、生涯が終わったときに死ぬことを「忘れ」

すべて表示

製品ページ

製品ページ ACQUITY RDa 検出器
...全な単一のオーディットトレイルを提供します。 これによりリスクを低減し、データインテグリティを維持できます。 システム適格性評価のオプションにより、ACQUITY RDa 検出器は、規制環境下ラボにも規制対象外ラボにも適しており、高性能な質量分析へのアクセスをこれまで以上に容易にします。   簡単な導入 コンパクトで扱いやすい ACQUITY RDa 検出器は、最少 1 クリックで自動セットアップが完了します。直感的なインターフェースを採用しているため、ラボでのトレーニング時間を削減...
製品ページ e-SALNAC
  【ソルナック カートリッジ仕様】 ※1 HPLCまたは質量分析計からの信号を受けて、バルブを動かし、ソルナック カートリッジを自動で切り替えることが可能です。 ※2 ソルナック カートリッジ 10本...す。 ※4 除去できないリン酸塩がイオン源に付着することがございます。水で簡単に洗浄できるレベルですが、イオン源の洗浄に関してはご使用され ている質量分析計の説明書に従って実施してください。リン酸塩がイオン源に付着した際の洗浄は補償いたしかねます。  ※5 (CH3...
製品ページ SELECT SERIES Cyclic IMS
画期的なサイクリックイオンモビリティー分離 イオンモビリティーの手法と最先端のTof 技術を組み合わせた質量分析では、m/z だけでなく形状分離を取り入れることにより、異性体の分離を実現。さらに鮮明なマススペクトルデータの取得と、イオンの衝突断面積(CCS)測定をも可能にしています。 サイクリックイオンモビリティー(cIM)装置の環状経路により、最小限での設置面積と、正確な衝突断面積値(< 0.5% RSD)、可変マルチパス、高分解能(> 400)のイオンモビリティー分離、IMSn の結...
製品ページ CovalX受託解析サービス
受託解析サービスのご案内 水素重水素交換(HDX)質量分析法 高分解能MSによりタンパク質の立体構造や複合体の相互作用部位(エピトープ)解析を行います。   タンパク質複合体の解析 タンパク質のサブユニッ...直鎖の配列に基づいて抗原を認識する場合はエピトープもリニアですが、抗原を三次構造に基づいて認識する場合、エピトープは立体配座を持ちます。CovalXは高速の質量分析法を有しており、エピトープの特徴部位を高速で決定することが可能です。  特性評価には競合アッセイを実施します。 ①抗原の...
製品ページ イメージング質量分析 受託サービス
【イメージング質量分析とは】 イメージング質量分析(imaging mass spectrometry, IMS)は、生体組織の切片など平面状試料におけ る各微小測定点のマススペクトルを満遍なく測定することで、m/z情報を空間情報と合わせて取得し、 分子マ...法としては、マトリックス支援型レーザー脱離イオン化法(Matrix-Assited Laser Desorption/ionization: MALDI)が良く知られています。IMSにおいても、MALDIと飛行時間質量分析計(tim...

すべて表示

先端診断コラム

先端診断コラム Applied Proteomics (API)— 大腸がん検査法
...hn Blumeは、GenomeWebに、「しかし、この分野の将来は絶対に質量分析にある」と語り、同氏もAPI社も、今後、診断がさらに高度に多重化されたプロテオミクス検査法に移行してゆき、質量分析が一般化するだろうと考えている。さらに、「単一タンパク質診断の時代は終わったと思う。複雑な疾患を高感度かつ...パネルに移行することは必至だ。そうすれば、結局のところ、一度に大量に、安価に、迅速に測定する最善の方法は質量分析しかない」と語っている。 Dr. Blumeは、「市場に果敢に展開し...
先端診断コラム Nuclea Biotechnologies社が臨床プロテオミクス市場参入を発表
...をどのように扱うかについてもかなり現実的に対処するつもりだ」と語っている。 さらにDr. Lopezは、「質量分析計測器技術も試料調製技術もこの2,3年の間に格段に進歩してきており、多重化能力や臨床診断環境で安定したワークフローが可能...雑な疾患の多くは、特定タンパク質アイソフォームを高精度に測定し、定量化する能力が重要条件であり、現在、それができるのは質量分析だけだ」と語っている。
先端診断コラム Biodesix社、Biognosys社のHRM-MSテクノロジー利用可能に
...とで、仮説に頼らない方法論で開発された検査製品の生物学的原理を理解する筋道となるだけでなく、幅広い範囲の診断検査製品とコンパニオン診断製品の開発と有効性検証が可能になる。 Biodesix社の検査製品開発は、MALDI-TOFT質量分析、ドロップレット・デジタルPCR、次世代シーケンシング、HRM-MS技術など様々なプラットフォームを駆使し、がん治療の分野でまだ満たされていないニーズに応えることを重点にしている。 Biodesix社のDavid Brunel CEOは、「B...
先端診断コラム Integrated Diagnostics社のXpresys Lung Test
...tegrated Diagnostics, Inc. (INDI) 社で製造されたもので、三重四極 (MS/MS) 質量分析計との組み合わせで市場化される多重標的プロテオミクス検査製品としては初めてのものである。この検査は、5種のバイオマーカー...ビューでXpresys検査製品が臨床段階に入ることの重要性を強調していた。 Dr. Lopezは、「これは、質量分析検査が必ず臨床で使われるようになることを示している。素晴らしいことだ。今後ますますその領域を広げていくことになるだろう。今...
先端診断コラム Digital Biobanking: 未来のプロテオミクス
...MS (PRM-MS)Parallel reaction monitoring-MS (PRM-MS) (6) は、高選択、高感度、高スループットのペプチド定量化処理を可能にする標的プロテオミクス技術であり、最新世代の高解像度イメージング質量分析法と併用するもので、複雑なマトリックスでの最高50種の標的タンパク質の定量化パネルに最適である

すべて表示

質量分析屋のネタ帳

質量分析屋のネタ帳 ESIにおけるイオン化抑制について
質量分析屋の髙橋です。 以前書いたエレクトロスプレーイオン化(electrospray ionization, ESI)におけるイオン化抑制に関する記事について、「エネルギー供給を絶たれた帯電液滴」からのイオン生成プロセスが、イオン化抑制の原因になると言う解説をしました。今回はその続編、以前の解説を補足する記事を書いてみます。  山梨大学の平岡先生が開発された「探針エレクトロスプレー」という技術があります。そのイオン生成機構が、そのまま前回解説の補足になります。探針エレクトロスプレーは、英語ではpr...
質量分析屋のネタ帳 プロトン移動を伴うイオン化におけるイオン化抑制現象
質量分析屋の髙橋です。以前の投稿で、エレクトロスプレーイオン化(ESI)において起こるイオン化抑制について解説しました。ESIで他のイオン化法に比べてイオン化抑制が顕著に起こるのは、エネルギー供給が絶たれた帯電液滴からのイオン生成プロセスに原因の一旦があります。その解説の第二段を書くのを忘れていたのですが、その前に、ESI以外にもイオン化抑制現象が見られるイオン化がありますので、その事について書いておこうと思います。  それは、プロトン移動を伴うイオン化に共通して起こると考えられます。具体的には、化...
質量分析屋のネタ帳 MSMS(タンデム質量分析)の動作や用語 その3
質量分析屋の髙橋です。今回は、MS/MS(タンデム質量分析)の動作や用語その3、プリカーサーイオンスキャンについてです。プリカーサーイオンスキャンは、特定のプロダクトイオンを生成するプリカーサーイオンを検出するMS/MSの測定法です。 タンデム質量分析には、空間的タンデム質量分析と時間的タンデム質量分析があります。それぞれの方法に対応する装置として、前者はQqQ, QTOF, Q-Orbitrap、4セクターなど、後者はQITやFTICRなどがあります。今回のテーマであるプリカーサーイオンスキャンは...
質量分析屋のネタ帳 MSMS(タンデム質量分析)の動作や用語 その2
質量分析屋の髙橋です。前回、MS/MSの種類を5つ挙げ、その中のプロダクトイオン分析について解説しました。プロダクトイオン分析...selected ion monitoring)について確認しておきましょう。SIMは、Q-MSなどの電圧走査タイプの質量分析計において、主に定量分析に用いられる測定法です。Q-MSにおける印加電圧とイオ...析を行っている分析者の方には、MRMの方が、馴染みが深いかも知れません。日本質量分析学会が発刊しているマススペクトロメトリー関係用語集の第三版では、MRMよりSR...
質量分析屋のネタ帳 MSMS(タンデム質量分析)の動作や用語 その1
質量分析屋の髙橋です。今日は、LC/MSの定性(定量)分析に用いられる(LC/MSに限ったことではないが)、MS/MS(タンデム質量分析)について解説します。MS/MSは、日本質量分析学会が発刊しているマススペクトロメトリー関係用語集によれば、以下の様に定義されています1)。「一段目の質量分析においてプリカーサーイオン(前駆イオン)を選択し、イオンを解離させた後に二段目の質量分析でそのプロダクトイオンのm/z分離を行い検出する技法、およびそれらの結果を利用する研究分野。タンデム質量分析と同義語。 注...

すべて表示

創薬よ何処へ

創薬よ何処へ 探索的プロテインープロテイン相互作用の解明
...ム解析情報を用いたコンピューター解析で同定します。しかし、このコンピューター解析で同定できない場合は、標的疾患の臨床試料を用いて疾患に関与するプロテインの構造を同定します。それにはスループットと感度が高く、化合物の分子量や構造を確認できる質量分析の手法がこの分野で重要になっています。次に疾患に関与するプロテインが同定できたらそれと相互作用するプロテインを探索します。この様に実際に疾患状態で起こっている動的ネットワークのプロテインープロテイン相互作用のシステムを解明することで、その疾患のメカニズ...
創薬よ何処へ 臨床現場と医薬品開発との間の大きな谷をどうするか?
...教授の西村先生たちは、臨床試料を用いるタンパク質発現・定量解析技術としての質量分析に基づく探索的プロテオミックス解析(MS-based discovery pr...ンパク質です。そのため、臨床試料を用いるタンパク質発現・定量解析技術としての質量分析に基づく探索的プロテオミックス解析が益々重要となっています。ここで探索的プロテオミックス解析において質量分析の手法がなぜ重要かについて少しお話します。質量分析の特徴は他の方法と異なり高感度で分子レベルでの解析が可能な、非常高い分子認識能力にあり、こ...
創薬よ何処へ 創薬よ何処へ
日本ロシュから鎌倉研究所に日本電子の質量分析装置のD-300が納入されるのでその日から出社して欲しいと連絡があり、昭和56年6月にD-300と一緒に入社することになりました。ただ、念願だったFABイオン化をD-300にどうしても付けたい思い、当時日本電子の営業担当だった栗原氏(現日本電子社長)にD-300に一番小さい電子顕微鏡の電子ガンを付けて欲しいとお願いしたら、栗原氏から「中山さん、それはFABイオン化をしたいのでしょうか?今日本電子の応用研究室で開発をしているので、2か月後に付けることが出来る...
創薬よ何処へ はじめまして。中山登です。
...す。この光化学の研究をしていたころ昭和50年ごろ精製した化合物で、その頃の質量分析装置のEIイオン化では分子量が観測できない化合物に出会い、そこから新しいイオン...物の測定は気化が出来ないため無理でした。このような大橋研究室での光化学反応や質量分析研究で機器分析の原理を理解することで、機器分析の新たな応用の方向性が見えてくる...後の私の機器分析装置を用いた研究の方向性を決めたように思います。大橋研究室で質量分析の新しいイオン化の研究で盛り上がっていた、昭和53年ごろコロンビア大学の中西香爾...

ライフサイエンスレポート

ライフサイエンスレポート ペプチドを使用した効率的なエキソソーム採取法
...に固定してエキソソームを取り込むことが出来るという仮説に基づき、本研究の方法(特許)に至ったのだと言う。これはタンパク質標識から独立したものである。ペプチドの小型ライブラリーはBiotage Initiatorとマイクロ波反応装置、そして質量分析を駆使して設計された。ビオチンはペプチドと接合され、エキソソームを擬態するためにリポソームのモデルシステムが使用された。リポソーム(30nm、100nm、そして400nm;0-20%ホスファチジルセリン)はエキソソームのサイズと表面電位を模擬するように...
ライフサイエンスレポート タンパク質同定法(4)
以上のように質量分析によるタンパク質同定は、自動化されて機械的に結果がでてくるので注意が必要である。分析者が直接データを確認して最終...サンプル前処理にも気を使う必要がある。泳動後のゲル片を還元アルキル化することで得られるペプチド数が増加するので、質量分析によるタンパク質同定には好ましい前処理である。βメルカプトエタノールなどの還元...たい点である。もちろん、簡単には切り出したゲル片を直接トリプシンで消化しても質量分析での同定は可能である。他には、先にも述べたようにケラチンの混入は一番気をつかう...
ライフサイエンスレポート タンパク質同定法(3)
質量分析ではPMFとは別にMS/MSによるタンパク質同定がよく行われる。原理については、成書を参考にしていただき、ここでは同定のための注意点やコツについて述べたい。よく使われているシステム...られるペプチド断片質量の全体のプロファイルをみたうえで、個別の断片ペプチドの配列(MS/MS)を知ることができる利点がある。LC-MS/MSはイオントラップやQ-TOFタイプなどの質量分析計とnanoLCを組み合わせるので、HPLCの知識が必要で複雑なシステムである。しかしながら、一旦システムを構築することが...
ライフサイエンスレポート タンパク質同定法(2)
質量分析によるタンパク質同定は、これまでのプロテインシークエンサーによる同定の世界を大きく変えることになった。例えば、プロテインシークエンサーでは1ピコモルのN末端ブロックタンパク質の配列を決定するために、これまでに多くの技術開発を行ってきた。質量分析ではそれほどの経験がなくてもフェムトモルレベルのタンパク質をN末端のブロックに関係なく同定することが可能である。質量分析によるタンパク質同定法は自動化・ハイスループット化が容易であることから、プロテオミクスの世界を拓くことになった。質量分析による同定技...
ライフサイエンスレポート タンパク質同定法(1)
...る必要がある。エドマン分解で得られるアミノ酸配列は結論的な結果であるので、質量分析全盛の今でも用途を選ぶことで非常に有用な解析手法である。タンパク質の正確な配列...、ガラス板、容器などのすべてについて配列分析専用とすべきである。より高感度な質量分析ではさらに気を付けなければならない。また、電気泳動中にN末端が修飾される可能性...どが原因として考えられるが、プロテインシークエンサーによるタンパク質同定では質量分析で見過ごすような1アミノ酸の違いが明確になる。なお、アプライドバイオシステムズが...

すべて表示

抗体よもやま話

抗体よもやま話 抗体づくりのトラブル談 その1.C末端配列が!
...り強力なトリフルオロメタンスルフォン酸でおこないました。47K たんぱく質のC末端はアルギニンに富んでいて、このとき使っていたアルギニン誘導体は脱保護されにくいので、何となく嫌な予感もありました。当時は合成したペプチドをチェックするための質量分析計もなかったので、抗体を作ってみるしかなかったです。 47Kたんぱく質の二箇所の抗体が、白血球抽出液を SDS-PAGE 展開したイムノブロットで同時に47K 付近を染めることがなく、困った毎日でした。抗体産生は十分に上昇しましたが、 C末端側の抗体で...
抗体よもやま話 抗体プロテオミクスの提案、その1、末梢血中の抗体のターゲットをタイピングしてみませんか?
...オミックスが可能に【Proteomicsメール Vol.92】(出典:日経バイオテクONLINE)完全長 cDNA をもとに小麦胚芽のたんぱく質合成をして酵素を調製、これらを標準に解析系を確立し、微量血清中のたんぱく質をロボットを駆使して質量分析計で定量する。この一文の中に3人の大物研究者が登場します。まず、完全長 cDNA の菅野純夫博士、つぎは無細胞たんぱく質合成の遠藤弥重太博士、そして LC プロテオミクスの 夏目徹博士です。これだけの技術を結集させれば、信頼性の高い解析を期待できること...
抗体よもやま話 イムノブロットのバンドを質量分析計で同定したい
...うな相談がありました。「がん細胞に高発現している抗原に対するモノクローナル抗体をもっています。がん細胞の全たんぱく質を SDS-PAGE で分離しイムノブロットをおこなうと分子量が60K あたりのバンドが染まります。抗体が結合するバンドを質量分析計などを利用して同定したいと考えています。具体的にどのような実験をすれば良いか教えて下さい。なお、SDS-PAGE のゲルをクマシーブリリアントブルー染色すると60K あたりの移動度には幾つものバンドが見えて、どのバンドが抗体で染まっているかは判断が難...

読者コメント

読者コメント Re: エピトープマッピング
---関連情報---■HDX-MSによるエピトープ解析(オンデマンドWebinar-視聴無料)抗体医薬品の開発において、抗原タンパク質と抗体の相互作用を解析することは非常に重要です。本Webinarでは質量分析計を用いたHDXMSによって、抗原タンパク質が抗体と結合する部位を解析するエピトープ解析についてご紹介しています。http://www.waters.com/waters/form.htm?locale=ja_JP&id=134809656&xcid=ext2939オンデマンド...
読者コメント Re: イムノブロットのバンドを質量分析計で同定したい
SDS-PAGE の代わりに二次元電気泳動(等電点電気泳動+SDS-PAGE)というのもやってみる価値はありますね。二次元電気泳動/イムノブロットの染色スポットが CBB染色と一致してくれればしめたものです。
読者コメント Re: イムノブロットのバンドを質量分析計で同定したい
そうですね。免疫沈降の系が 活用できれば、モノクローナル抗体に結合した画分をもういちど SDS-PAGE とイムノプロットでチェックしてみます。CBB 染色(たんぱく質染色)と抗体染色のバンドが一致していればゲル内消化/質量分析をやってみるというのもよいかもしれません。
読者コメント Re: タンパク質同定法(1)
そうなのです。プロテインシーケンサーは絶対に必要なのです。スループットや検出感度が悪くても質量分析計で決められないところをやってくれるのです。エドマン分解を復活させるテクノロジーを考えましょう。
読者コメント Re: 米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向
...ーチン化しているものは自前の汎用機器で行い、その他は専門の臨床検査会社へ検体を送り外注するシステムと理解しています。質量分析計を活用する検査は後者に相当すると考えます。したがって、市場としては集中検査をしている大規模検査会社を狙うことになります。もし、このような検査機関へ質量分析計を導入する場合は、各々の検査項目に対して免疫化学的測定や遺伝子解析などの従来法と同時に進行させて検査データを吟味する必要があるため、メーカー側の積極的なサポートがポイントになります。テクノロジーが異なっていますから当...

すべて表示

お知らせ

お知らせ バーチャル展示会にエムエス・ソリューションズ株式会社/株式会社プレッパーズが出展しました。
バーチャル展示会にエムエス・ソリューションズ株式会社/株式会社プレッパーズが出展しました。イメージング質量分析 受託サービス:imaging mass spectrometryイオン対試薬用 ソルナック チューブ:LC/MS用オンライン脱塩チューブ製品ページより、資料ダウンロード・製品に関する質問もできます。
お知らせ バイオクイックニュース 2019年1月〜3月閲覧ランキングを発表!!
...のブレークスルー「細胞ごとに胚発生を追う」を加速するエール大学での数学の進歩 No.5母乳中のオリゴ糖とマイクロバイオームが新生児ロタウイルス感染に影響していることが判明 No.6パーキンソン病の匂いを嗅ぎ分ける女性が質量分析を用いた揮発性バイオマーカーの研究に協力 No.7全身性エリテマトーデスは腸内マイクロバイオームの不均衡と強く関連。患者には5倍過剰のRuminococcus gnavisが見られた。 No.8スタチンは褐色脂肪を減らすことが判明...
お知らせ バーチャル展示会に、日本ウォーターズ株式会社のDESI (脱離エレクトロスプレーイオン化) イメージングが追加されました。
バーチャル展示会に、日本ウォーターズ株式会社のDESI (脱離エレクトロスプレーイオン化) イメージングが追加されました。DESI (脱離エレクトロスプレーイオン化) イメージング:マトリックス塗布不要な質量分析イメージング製品ページより、資料ダウンロード・製品に関する質問もできます。
お知らせ バーチャル展示会に、日本ウォーターズ株式会社のACQUITY QDa 検出器 - 質量分析(MS)検出器が追加されました。
バーチャル展示会に、日本ウォーターズ株式会社のACQUITY QDa 検出器 - 質量分析(MS)検出器が追加されました。ACQUITY QDa 検出器 - 質量分析(MS)検出器:HPLC・UPLC向け 超小型 高性能質量検出器製品ページより、資料ダウンロード・製品に関する質問もできます。&nbsp;
お知らせ 製品モールに金陵電機 VOICE200Ultra マルチ反応リアルタイム質量分析計SIFT-MSが追加されました。
製品モールに金陵電機のVOICE200Ultra マルチ反応リアルタイム質量分析計SIFT-MS が追加されました。http://biomarket.jp/products/mass_spectrometry/Kinryo_VOICE200Ultra.html製品ページより、資料ダウンロード・製品に関する質問もできます。

すべて表示

ニュースリリース

ニュースリリース 【MSフォーラム2017】19演題のユーザー講演を含む国内最大規模の質量分析イベント!
...フォーラム。今年はクロマトグラファーも必見の質量検出セッションを追加して、質量分析の更なる活用法を議論します。ライフサイエンス、エネルギー・機能性/高分子材料、食品各分野をリードするユーザー様より質量分析計を活用した最先端研究、最新のアプリケーションにつきまして19演題のご講演をいただきます。また、ウォーターズからは最新の質量分析関連情報をお届けします。日時--大阪会場--【日時】10月5日(木)10:00-17:00(情報交換会は18:30まで)【場所】新大阪ワシントンホテルプラザ【参加費】...
ニュースリリース 【第65回質量分析総合討論会】ポスター発表&ランチョンセミナー
ウォーターズは第65回質量分析総合討論会にてポスター発表とランチョンセミナーを行います。展示ブースにも是非お立ち寄りください。【ポスター発表】・ポリマー材料の「Extractable and Leachable」の分析・タンデム四重極質量分析計を用いたバイオ医薬品の定量分析の感度向上・システムレベルオミクスのための四重極スキャンを利用した新規DIA分析法の最適化・前臨床乳がん研究における多モードイメージング質量分析法によるアプローチ・新規の四重極スキャンによるDIAメソッドと迅速なマイクロボアカラム...
ニュースリリース 【終了】創薬の未来を考える討論会
...くことが重要であると考えられる。そこで、今回は臨床から創薬へ応用する最新の質量分析などの手法をご紹介する。 ■ 14:50 「ライフサイエンス市場分析の新手法・...ision Medicine - 臨床試料を用いた治療標的探索における最先端質量分析とバイオインフォマティクスの役割-」 東京医科大学 客員教授 スウェーデン国ルンド大学 生物学医学質量分析センター  シニアサイエンティスト 西村 俊秀 <要旨>: 創薬開発を加速するには種差・人種差を越える技術革新が必須であり、治療標...

LC-MS フォーラム

LC-MS フォーラム 第47回BMSコンファレンスのご案内
日本質量分析学会主催で行われるイベントの中で、総合討論会に次ぐ大きなイベント、BMSコンファレンスの参加申し込み受付が始まっています。会期は7月12日~14日。今年はオンライン開催です。http://www.mssj.jp/society/branch/bms/bms47.html
LC-MS フォーラム 第18回日本質量分析学会中部談話会のご案内
3月15日の午後、第18回日本質量分析学会中部談話会がオンラインで開催されます。参加費は無料、申し込み締め切りは3月12日です。http://www.mssj.jp/society/branch/chubu/20210315.html私も質量分析の基礎の話をします。ご興味ある方は是非ご参加ください。(株)プレッパーズ/エムエス・ソリューションズ(株)代表取締役 髙橋 豊
LC-MS フォーラム 第67回質量分析総合討論会
明日5/15から17まで、つくば国際会議場において、第67回質量分析総合討論会が開催されます。http://www.mssj.jp/conf/67/
LC-MS フォーラム 均一な構造の「抗体-薬物複合体 (ADC) 」を作製する手法を新規開発
...れています。詳細はこちら ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃研究に活用された製品┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━研究には、日本ウォーターズ株式会社のUPLC と QTof 型質量分析計 (ACQUITY UPLC I-Class 、Xevo G2-XS QTof および SYNAPT G2-Si HDMS およびデータ解析インフォマティクス UNIFI) が活用されました。ACQUITY UPLC I-Class Xevo G2-...
LC-MS フォーラム 【MSフォーラム2018】18ユーザー講演を含む国内最大規模の質量分析イベント!
...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━多くの研究者の方々の質量分析に対する多種多様なニーズにお応えるために、今年もウォーターズはMSフォーラムを...ィカルリサーチ、バイオ医薬品、フードリサーチ各分野をリードするユーザー様より質量分析計を活用した最先端研究、最新のアプリケーションにつきまして18演題のご講演をいただきます。また、ウォーターズからは、最新の質量分析関連情報をお届けします。【昨年ご参加されたお客様の声】・ 定量・定性ともに参考になる内容が多かった。・ 装置、応用事例...

すべて表示

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム

これらのキーワードがハイライトされています: 質量分析