関連情報 : 中分子 - バイオマーケットjp

中分子」に関連した情報

JASISイノベーションフォーラム

JASISイノベーションフォーラム ライフサイエンスの無料講演70タイトル【JASIS 2017 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.6】
...DLのバイオサイエンスへの応用価値            (合計4講演およびディスカッション) https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote.html#day2am          ◆午後のセッション: 中分子創薬への分析機器(4講演およびディスカッション) https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote.html#day2pm          ◆特別講演:     肺癌撲滅を目指して ~早期発見と早期診断の重要性~    ...
JASISイノベーションフォーラム NIHが表彰!小林久隆先生が来日講演。がんの近赤外光線免疫療法【JASIS 2017セミナー情報】
...  <9月7日>    午前のテーマ: AI/DLのバイオサイエンスへの応用価値     講演概要:  人工知能・深層学習がバイオサイエンス研究を            大きく加速する。その方向性と事例をもって討議。    午後のテーマ: 中分子創薬への分析機器     講演概要:  医薬品開発の新展開は、生体内分子挙動解明に            おける先端分析技術と臨床医療現場の融合により加速する。            本シンポジウムでは先端分析技術の可能性を探る。   <9月8日>  ...

バイオ掲示板更新情報

バイオ掲示板更新情報 [JASIS 2017 ライフサイエンスイノベーションゾーン 【終了】:JASIS事務局からのお知らせ] ライフサイエンスの無料講演70タイトル【JASIS 2017 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.6】
... ション)   https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote.html#day2am           ◆午後のセッション:中分子創薬への分析機器(4講演およびディスカッション)   https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote. ...
バイオ掲示板更新情報 [JASIS 2017 ライフサイエンスイノベーションゾーン:JASIS事務局からのお知らせ] ライフサイエンスの無料講演70タイトル【JASIS 2017 通信 ライフサイエンス特別号 Vol.6】
... ション)   https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote.html#day2am           ◆午後のセッション:中分子創薬への分析機器(4講演およびディスカッション)   https://www.jasis.jp/seminar/ls-keynote. ...
バイオ掲示板更新情報 [JASIS 2017 ライフサイエンスイノベーションゾーン:JASIS事務局からのお知らせ] NIHが表彰!小林久隆先生が来日講演。がんの近赤外光線免疫療法【JASIS 2017セミナー情報】
...         大きく加速する。その方向性と事例をもって討議。     午後のテーマ: 中分子創薬への分析機器      講演概要:  医薬品開発の新展開は、生体内分子挙動解 ...
バイオ掲示板更新情報 [JASIS 2017 ライフサイエンスイノベーションゾーン 【終了】:JASIS事務局からのお知らせ] NIHが表彰!小林久隆先生が来日講演。がんの近赤外光線免疫療法【JASIS 2017セミナー情報】
...         大きく加速する。その方向性と事例をもって討議。     午後のテーマ: 中分子創薬への分析機器      講演概要:  医薬品開発の新展開は、生体内分子挙動解 ...

創薬よ何処へ

創薬よ何処へ プロテインープロテイン相互作用を阻害する中分子化合物のドラッグスクリーニング
 今回はプロテインープロテイン相互作用(PPI)を阻害する中分子化合物のドラッグスクリーニングについて話します。 PPIを阻害する中分子化合物の探索は、低分子化合物の探索とあまり変わらない、バインデング・アッセイが中心になると考えられます。但し、問題は前回話したようにPPI部位...が数多く含まれてしまいます。この非特異的な相互作用の除去はウエスタンブロッティングや免疫染色同様にかなり厄介な課題です。そこで、私は前回の「中分子化合物が目的の阻害部位に相互作用しているかを確認する方法」で説明...
創薬よ何処へ 中分子化合物が目的の阻害部位に相互作用しているかを確認する方法
中分子化合物の阻害対象はプロテインープロテイン相互作用部位であることは今までの話の中で何度か説明してきました。そこで、創薬には...相互作用のプロテインープロテイン相互作用部位の解明には、最近クライオ電子顕微鏡が用いられることが多いようです。ところが中分子創薬の場合、シグナル伝達に関与しているプロテインープロテイン相互作用部位を創薬...の動的ネットワークの解明の際に相互作用部位の解明方法を少し話しましたが、今回は中分子創薬に絞って話します。 シグナル伝達に関与している弱いプロテインープロ...
創薬よ何処へ 創薬探索のための中分子有機化合物のライブラリーに関して
 前回までに、これからは中分子創薬の有用であることを話しました。中分子創薬をするにあたって一番困難な問題である、中分子創薬に応用可能な中分子のライブラリーが少ないことについては、以前「中分子創薬開発において有望な化合物ライブラリーはあるの?」のところで、中分子創薬に有効な化合物はサイクリックペプタイド、ペプチドミメティックなどの天然物化合物が有効であることや、現状では分子量が1000以上3000位の中分子創薬に特化した化合物ライブラリーが、ペプチドドリーム社のもの以外に、殆ど存在しないこと...
創薬よ何処へ 中分子創薬開発において有望な化合物ライブラリーはあるの?
創薬開発において有望な中分子有機化合物は以前にも紹介しましたが、下記の図の様に2011年のJACSにAroraらが紹介したサイクリックペプタイド、ペプチドミメティックや天然物ライク化合物と考えられます。  これらの中分子有機化合物は合成品としては殆ど存在しておらず、天然物の中に多く含まれており、微生物、植物や昆虫などの生命機能などにかかわっている... しかしながら、これまでも何回か述べてきましたが、今までの天然物の創薬探索においては低分子有機化合物のスクリーニングが主流で、中分子有機化合物はいらな...
創薬よ何処へ 中分子有機化合物は医薬品になるのだろうか
今回から中分子創薬の詳細について話すことにします。内容としては先ず多くの創薬研究者が思う、「中分子有機化合物は本当に医薬品になるのだろうか?」との疑問に対する話から始めて、創薬に応用可能な中分子のライブラリー、更に中分子が最も有効と考えられるプロテインープロテイン相互作用阻害剤における相互作用部位の解析手法、最後に総合的な創薬開発が期待される中分子創薬と今後の展望について話を進めたいと思います。 それでは、初めに私が講演した中分子創薬セミナーの際に多くの創薬研究者から疑問として質問されるのが中分子化...

すべて表示

読者コメント

読者コメント Re: 最近の創薬企業の現状と中分子創薬の重要性
記事へのご感想や中山氏へのご質問等、読者の皆様からのコメントをお待ちしております!(ログイン後に記事下より投稿できます)

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム

これらのキーワードがハイライトされています: 中分子