関連情報 : アルツハイマー病 - バイオマーケットjp

アルツハイマー病」に関連した情報

バイオ掲示板更新情報

バイオ掲示板更新情報 新開発血液検査で健康人の3年以内のアルツハイマー発症を予測
健康な人が3年以内に軽度の認知障害またはアルツハイマー病を発症するリスクを90%の精度で予測できる血液検査法をGeorgetown University Medical Centerその他の組織の合同研究グループが発見、そ ...
バイオ掲示板更新情報 新開発血液検査で健康人の3年以内のアルツハイマー発症を予測
健康な人が3年以内に軽度の認知障害またはアルツハイマー病を発症するリスクを90%の精度で予測できる血液検査法をGeorgetown University Medical Centerその他の組織の合同研究グループが発見、...

バイオクイックニュース

バイオクイックニュース 脳の障害や疾患の治療を支援するために、血液脳関門を通り抜けsiRNAが前例のないほど送達できるナノ粒子ドラッグデリバリーシステムが開発された。
過去数十年の間に、研究者は神経変性疾患につながる生物学的経路を特定し、それらを標的とする有望な分子剤を開発した。 しかし、これらの臨床的に承認された治療への変換
バイオクイックニュース 希な遺伝的形態の認知症の発見により、アルツハイマー病の新しい治療法の可能性が浮上
ペンシルベニア大学医学部の研究チームによって、新しい、希な遺伝的形態の認知症が発見された。 この発見はまた、脳内にタンパク質が蓄積する新しいパスウェイに光を当て
バイオクイックニュース 免疫と長寿のバランスにスプライシング因子が関与している可能性が報告された
人は年をとるにつれて、免疫系は徐々に損なわれる。 この1つの側面:免疫と長寿のバランス法; スプライシング因子RNP-6の変異は線虫の免疫応答を阻害するが、感染
バイオクイックニュース コウモリのウイルス耐性と長寿命が、新型コロナウイルスへのヒントを提供するとの展望が発表された
コウモリは、ヒトに影響を与える多くの致命的なウイルス(エボラ出血熱、狂犬病、そして最近ではCOVID-19を引き起こすコロナウイルスのSARS-CoV-2など)
バイオクイックニュース 自然界に存在するエキソソームは、人工ナノ粒子よりも多くの利点を提供している
2020年6月17日にNature Outlookでオンラインで公開された記事で、 イェール大学医学部のリウマチ学および臨床免疫学およびイェール大学医学部の元ア

すべて表示

抗体Wiki

抗体Wiki ab/30 [Sigma-Aldrich 抗アミロイド前駆体タンパク質, C-末端 ウサギ宿主抗体の抗体ノート]
#search(): You already view a search box Sigma-Aldrich 抗アミロイド前駆体タンパク質, C-末端 ウサギ宿主抗体の抗体ノート ブランドSigma-Aldrich カタログ番号A8717 抗体名抗アミロイド前駆体タンパク質, C-末端 ウサギ宿主抗体 分類一次抗体 タイプポリクローナル クローン名免疫動物Rabbit 掲載ページURLhttps://www.sigmaaldrich.com/catalog/product/sigm...
抗体Wiki ab/29 [Invitrogen Tau Monoclonal Antibody (TAU-5)の抗体ノート]
#search(): You already view a search box Invitrogen Tau Monoclonal Antibody (TAU-5)の抗体ノート ブランドInvitrogen カタログ番号AHB0042 抗体名Tau Monoclonal Antibody (TAU-5) 分類一次抗体 タイプモノクローナル クローン名TAU-5 免疫動物Mouse 掲載ページURLhttps://www.thermofisher.com/antibody/prod...

ライフサイエンスレポート

ライフサイエンスレポート ASEMV 2019年次総会・4日目
...lia Saugstad 博士は共同研究グループによる研究を発表し、「アルツハイマー病への細胞外miRNAの寄与の確立(Establishing the Con...o;s Disease.)」と題されたプレゼンテーションを行った。現在、アルツハイマー病で利用可能なバイオマーカーは限られている。現在の研究で、Saugstad 博士は、アルツハイマー病患者を神経学的に正常なコントロールと区別する脳脊髄液(CSF)でmiRNAを発見および検証しているグループを報告した。彼女は、miRNAのサブセッ...
ライフサイエンスレポート ASEMV 2019年次総会・3日目
...s Mediates ABeta Microtoxicity in Neurons, Which Is Prevented by Novel Ceramide Analogs.)」と題した講演を行った。 」Crivelli博士は、アルツハイマー病(AD)におけるABetaの神経毒性はまだ明らかではないことを指摘することから始めた。現在の研究では、Crivelli博士と同僚は、5xFADマウスとAD患者の血清は、野生型マウスまたは健康なヒトのコントロールの血清ではなく、セラミド濃縮およびアストサ...
ライフサイエンスレポート ASEMV 2019年次総会・2日目
...に興味深いのは、アセチルコリン調節、アポトーシスの抑制、および軟骨変性の予防に関連するリンクされたmiRNA経路であるとBanack 博士は述べている。 さらに、彼女は、これらのmiRNAの一部は、パーキンソン病、ハンチントン病、アルツハイマー病などの他の神経疾患に関連していると述べた。 エキソソームと変形性関節症 次の重要なプレゼンテーションは、Tulane School of MecineのMalwina Czarny-Ratajcak博士によって行われ、「変形性関節症...

読者コメント

読者コメント Re: ベキサロテンがアルツハイマー病の画期的新薬となるか?
非常に興味深く拝読させていただきました。続報がありましたら是非記事にしてください。もしかしたらすでに服用事例が出ているかもしれませんね。

お知らせ

お知らせ バイオクイックニュース 2018年・年間閲覧ランキングを発表!!
...ボシド・サプリメントの臨床試験で、NAD+の増加と抗老化効果を実証  No.4プラスチック容器中の化合物が炎症性腸疾患(IBD)を悪化させる可能性。動物研究が示唆。  No.5シンプルで安価な血液検査で発症前のアルツハイマー病を検出  No.6妊娠中に極度のつわりを起こす可能性が高い2つの遺伝子を同定  No.7ショウジョウバエの研究で睡眠の抗酸化効果が判明  No.8人間性とは何か?新種のヒト脳細胞(ローズヒップニューロン)が同定される...
お知らせ 新着記事「新開発血液検査で健康人の3年以内のアルツハイマー発症を予測」
...います。BioQuickニュース新着記事をお知らせします。 (1)「BioQuickニュース 日本語版」新着記事のご案内新着記事 ☆新開発血液検査で健康人の3年以内のアルツハイマー発症を予測健康な人が3年以内に軽度の認知障害またはアルツハイマー病を発症するリスクを90%の精度で予測できる血液検査法をGeorgetown University Medical Centerその他の組織の合同研究グループが発見、その有効性も確認した。>>>続きはサイトでバックナンバー ○Craig Venterが世...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム

これらのキーワードがハイライトされています: アルツハイマー病