海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2018PMWC 2018 最終日:ゲノム医療、ブロックチェーン技術、「全米」プログラム、そしてヒトゲノム変異マップ - バイオマーケットjp

PMWC 2018 最終日:ゲノム医療、ブロックチェーン技術、「全米」プログラム、そしてヒトゲノム変異マップ


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2018  >  PMWC 2018 最終日:ゲノム医療、ブロックチェーン技術、「全米」プログラム、そしてヒトゲノム変異マップ

  著者:  作成:2018/3/14 11:10:23

Precision Medicine World Conference(PMWC)2018 最終日午後のTrack 2(ゲノム医療)セッションは、ゲノム・メディカルの共同設立者兼CEOであるLisa Alderson氏の講演を皮切りに、「遺伝的洞察を患者のケアに活用する」と題された講演で始まった。Alderson氏は以前、InvitaeのCSO、そしてCrossLoop Inc.のCEO兼社長を務めていた。また、Walt Disney社のストラテジック・プランニング・マネージャーを務めていた。ゲノム・メディカルの他の共同設立者は、Invitae元CEOのRandy Scott氏と、ハーバード・メディカル・スクールの医学教授でGenome2People研究プログラムのディレクターを務めるRobert Green博士だ。Anderson氏はまず。米国の3億2500万のゲノムベースの健康管理を、約6,000人の遺伝子専門家だけでどのように改善していけば良いのだろうか?と、疑問を投げかけた。彼女は、ゲノム・メディカルは、国内初の全国的なゲノミクスの実践であると述べた。ゲノム・メディカルは、デジタル・ヘルス・プラットフォームを通じて臨床遺伝学の専門家に簡単にアクセスできるようにすることで、ゲノミクスの日常的な医療への統合を加速する。


ウェブサイトによると、利用可能なゲノム技術と現在の医療実務との間のギャップが橋渡しされるように設立されたそうだ。驚異の医学的成果が出されている今、DNAシーケンシングも日々進歩しているというのに、多くの医師、患者、および健常者は遺伝子検査の利点にアクセスすることができずにいる。ゲノム・メディカルは、関連する遺伝子検査を依頼する際のロジスティックを改善し、適切な遺伝カウンセリングと組み合わせて、個人およびその家族の利益を得るために存在するという。各人のユニークなゲノムは、健康、病気の重症度、および治療への反応に重大な影響を与える。ゲノムはすべての病気に関与しているわけではないが、生涯にわたり、そして多くの条件において、事実上、健康体のあらゆる側面に関連している。その役割を理解することは、病気と戦うだけでなく、繁栄するための道を築くことを可能にすると、ゲノムメディカルは信じている。


多くの人にとって、遺伝情報へのアクセスは絶対に重要だ。 人口の10%もが4,000を超える遺伝性疾患のうちの1つを持っており、これらは特定の遺伝子がすでに同定されている。 それ以外の人々にとってはゲノムの影響は微妙であり、軽度の健康リスク要因のために何十年にもわたって影響するものなのであろう。


ゲノムは、私たちを先祖から子供や親戚につないでくれる。 私たちは、その影響を特定して対応するための知識を持っているのだ。 ゲノム・メディカルは、その知識をどのように活用するかという問題に対する答えを与えてくれているのだ。


ゲノム・メディカルは、ゲノム・データの強力なベースラインを作成するための高度なツールを手の届く価格で提供することにより、長期ケアと疾病と健康の総合的な理解を大幅に改善する。 同社は、個人のゲノムにおける健康の洞察を発見し、行動することは、単一の出来事ではなく、生涯にわたる旅であると考えているそうだ。


ゲノム・メディカルは、未来への旅を可能にしてくれる―それは、顕著な医学的理解に基づいた十人十色のものであろう。ゲノム・メディカルはこの...

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:45平均点:7.11

      おすすめ製品・サービス

      生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む
      非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。 非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。 特にLC-MSを使用する分析者向けに、少量のサンプルをより効率的に使用できるように、最小残存量が少ないオートサンプラーに対応した設計です。もっと読む
      生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

      •      

      登録ユーザー数
      3321人
      2019年10月21日 現在
      新メンバー
      PHC 2019/10/18
      Katty 2019/10/16
      のりたけ 2019/10/16
      samurai 2019/10/14
      わたなべ 2019/10/11
      bioacety 2019/10/11
      おかき 2019/10/7
      Tyoshi 2019/10/4
      ハッシー 2019/10/4
      188026 2019/10/3
      しんたろうお 2019/10/3
      0017os1 2019/10/1
      JJJJJ 2019/9/30
      seele04 2019/9/29
      shokupan 2019/9/28
      22 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 22
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会