海外学会ダイジェストPrecision Medicine World Conference (PMWC) 2018PMWC2018:臨床診断と人工知能の見通しを発表 - バイオマーケットjp

PMWC2018:臨床診断と人工知能の見通しを発表


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  Precision Medicine World Conference (PMWC) 2018  >  PMWC2018:臨床診断と人工知能の見通しを発表

  著者:  作成:2018/3/1 12:39:42

PMWC 2018、2日目のTrack 5(臨床診断ショーケース)セッションは、Natera社のBernhard Zimmerman博士(R&D副社長)の講演から始まった。 Zimmerman博士は、Nateraの大規模マルチプレックスPCRおよび市場をリードするパノラマ非侵襲性出生前検査の主要科学者である。最近では、彼のチームは、固定パネルおよびパーソナライズパネルを使用して循環腫瘍DNA(ctDNA)を分析するための複数のワークフローを開発することに成功している。特に注目すべきはNateraのSignatera ctDNA技術である。これは、患者の腫瘍サンプルに存在することが知られている16以上の突然変異(「腫瘍の特徴」)に焦点を当てているという点で真にパーソナライズされた技術である。このユニークなアプローチはctDNAの検出とモニタリングに高い感度と特異性を可能にする、とZimmerman博士は指摘する。また、2017年5月25日にネイチャー誌に発表された研究では、最初の100人のTRACERx研究参加者のctDNAをプロファイリングするための腫瘍特異的系統発生アプローチを可能にするためにNatera技術が用いられた。

TRACERxとはTracking Non-Small-Cell Lung Cancer Evolution Through Therapy (Rx)(非小細胞肺癌の進行を治療を通して追跡する(Rx))のことである。

次に講演台に立ったのはOlink Proteomics社長兼CEOであるJohn Heimer氏だ。 Olinkの目標は、検証されたタンパク質標的の発見および開発を介して精密医学を促進および実施し、例えば、層別化および予測のためのより小さい標的タンパク質を同定し、それらを臨床的意思決定に進めることである。 Olinkの高性能プロテオミクスパネルは、独自のProximity Extension Assay(PEA)技術により、優れたデータ品質を維持しながら、高度な多重化を実現するという。各バイオマーカーは、固有の部分的に相補的なオリゴヌクレオチドにカップリングされ、定量的リアルタイムPCRによって測定された抗体の一致したペアによって指定される。この二重認識DNA結合法は、他の多くのイムノアッセイ形式とは異なり、多重化アッセイ中に起こり得る抗体交差反応性が検出プロセスから除外されるため、例外的な読み取り特異性を提供する。 Olinkテクノロジーは、高スループット(92パネルのヒトバイオマーカーを1パネルで96サンプル同時に測定、24時間で結果を得る)とサンプルの効率的な使用(1パネル当たり1μLのサンプルを必要とする)が可能だ。現在、Olinkでは、心臓血管疾患(CVD)の2つ、神経学、腫瘍学、炎症および免疫腫瘍学のためのそれぞれ1つずつ、計6つの疾患領域フォーカスパネルを提供している。これらは、重要な生物学的プロセス、すなわち心筋代謝、細胞調節、発達、免疫応答、代謝および臓器損傷に焦点を当てた6つの追加パネルによって補完される。

この動画はOlinkテクノロジーのサイトで見る事ができる。



MARK KAGANOVICH, SOLVEBIO



Olinkに続き、SolveBio社共同設立者兼CEOのMark Kaganovich博士が講演を行った。 SolveBioはインテリジェントな技術とオンデマンドの専門知識を駆使して精密医療を推進している。同社の診断ラボとバイオファーマのパートナーは、SolveBioのGenomic Intelligence Platformを活用して複雑な生物医学デー...

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:71平均点:5.35

      おすすめ製品・サービス

      質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...もっと読む
      高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。もっと読む
      高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

      •      

      登録ユーザー数
      3321人
      2019年10月21日 現在
      新メンバー
      PHC 2019/10/18
      Katty 2019/10/16
      のりたけ 2019/10/16
      samurai 2019/10/14
      わたなべ 2019/10/11
      bioacety 2019/10/11
      おかき 2019/10/7
      Tyoshi 2019/10/4
      ハッシー 2019/10/4
      188026 2019/10/3
      しんたろうお 2019/10/3
      0017os1 2019/10/1
      JJJJJ 2019/9/30
      seele04 2019/9/29
      shokupan 2019/9/28
      29 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 29
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会