バイオ研究コラムヒト型糖鎖の実量調製(合成)方法の選択:その現状と課題糖鎖水解酵素による生体資材からのヒト型糖鎖調製法 - バイオマーケットjp

糖鎖水解酵素による生体資材からのヒト型糖鎖調製法

糖鎖 


トップ  >  バイオ研究コラム  >  ヒト型糖鎖の実量調製(合成)方法の選択:その現状と課題  >  糖鎖水解酵素による生体資材からのヒト型糖鎖調製法

  著者:  作成:2009/3/20 18:06:34

生体資材を使ったヒト型糖鎖調製法は切り出し条件の違いによって2種類ある。第一に、糖鎖水解酵素を使って糖タンパク質から糖鎖を切り出すことでヒト型糖鎖を調製する方法があげられる(図3)。糖タンパク質上に発現している糖鎖の構造情報は、1980年代以降、多くの研究者によって精力的に研究されてきたので、どの糖タンパク質を使えば、必要な糖鎖を入手できるかが事前に分かる。また、切り出し反応に酵素を利用することから、安全、かつ簡便に糖鎖調製をおこなうことができる。

一方では、目的糖鎖を持つ糖タンパク質を予め精製しなければならないこと、酵素反応を利用しているため水溶性でなければならないこと、酵素を利用するため比較的高コストになること、また酵素の基質特異性のため切り出し効率の低い糖鎖ができることなどの理由から、酵素の基質として利用できる程度(数十nmol=数μg)の調製が一般的な合成スケールである。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:50平均点:4.80

      おすすめ製品・サービス

        使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。 器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。 棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大 ...もっと読む
        -40℃まで制御可能な直冷式バイオメディカルフリーザーが新登場 地球環境にやさしい製品設計。 高さを可変できる庫内棚。 貯蔵ボックスがぴったり収納。 簡単な除霜水処理。もっと読む
        非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。 非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。 特にLC-MSを使用する分析者向けに、少量のサンプルをより効率的に使用できるように、最小残存量が少ないオートサンプラーに対応した設計です。もっと読む



      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      サイト運営者

      バイオアソシエイツ株式会社

      バイオアソシエイツ株式会社
      東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
      BioAssociates.co.jp

      What We Do

      ライフサイエンス事業向け
      マーケティングサービスを提供しています


      • マーケティングリサーチ
      • コンサルティング
      • 外部連携支援
      • 科学顧問
      • マーコム