海外学会ダイジェストASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) ASEMV 2019年次総会・3日目 - バイオマーケットjp

ASEMV 2019年次総会・3日目


  著者:  作成:2019/12/3 9:03:10

ASEMV 2019 の三日目の最初の発表は、ノースカロライナ チャペルヒル大学のRyan McNamara 博士によるもので、「カポジ肉腫関連ヘルペスリンパ腫由来のEVは長期内皮細胞の再プログラミングを誘発する(EVs from Kaposi Sarcoma-Associated Herpes Lymphoma Induce Long-Term Endothelial Cell Reprogramming.)」と題されていた。


McNamara 博士は、細胞外コミュニケーションが生物の恒常性にとって重要であり、したがってウイルスがウイルスの病因を奪う主要なネットワークとして存在することを指摘した。 EVはドナー細胞からのコンテンツをパッケージ化して周囲と通信し、進化的に多様なウイルスがこの通信軸を乗っ取って病因を促進することが示されている。 以前は、McNamara 博士と同僚は、ウイルスライフサイクルの「潜伏期」の間に、オンコウイルスカポジ肉腫関連ヘルペスウイルス(KSHV)が感染細胞から分泌されるEVにウイルスmiRNAを組み込むことを示していた。 KSHV-EVと呼ばれるこれらの修正EVは、疾患/腫瘍の進行により有利なニッチの確立を支援すると仮説を立てた。 現在の結果は、KSHVがEVを使用してローカル環境を変更できることを示している。


このグループは現在、KSHVなどのオンコウイルスがEVを介した細胞外通信ネットワークを利用して、疾患の進行と組織の形質転換に有利なニッチを確立することを提案している。 これにより、ウイルスは感染因子の拡散を最小限に抑え、免疫アラームを作動させることなく、ローカル環境を再構築できる。


ノースウェスタン大学のJeffrey Savas 博士は、「ウイルス切断因子アリックスは、EVを介したニューロン通信をどのように調整するか(“Viral Scission Factor Alix Tunes Neuronal Communication Through EVs.)」と言うテーマで話した。彼はさらに、N-メチル-d-アスパラギン酸受容体(NMDAR)が長期増強(LTP)で重要な役割を果たし、シナプスNMDARの化学的活性化がLTPの多くの特徴を模倣することを述べた。多重化された定量的プロテオミクスを使用して、Savas博士と同僚はEVを神経伝達の重要なモジュレーターとして特定した。 NMDARの活性化は、急性の翻訳を引き起こし、リン酸化を増加させ、ウイルス膜切断因子アリックスのシナプス局在を促進した。刺激後5分以内にAlixタンパク質レベルが増加したが、mRNAレベルは有意に増加しなかったことを発見した。これは、Alixのレベルの増加が翻訳の急激なバーストによって発生していることを示唆している。現在の実験は、Alixを介したEVリリースがシナプス可塑性中のニューロンコミュニケーションの根底にある予想外のメカニズムを表し、ウイルスの出芽とニューラルコミュニケーションの収束メカニズムをさらにサポートすることを示している。


ABetaと星状細胞由来およびセラミド濃縮エキソソームとの関連 


ケンタッキー大学のSimone Crivelli博士は、「ABetaと星状細胞由来およびセラミド濃縮エキソソームとの関連付けは、新規セラミド類似体によって防止されるニューロンのABeta微小毒性を媒介する(Association of ABeta with Astrocyte-Derived and Ceramide-Enriched Exosomes Mediates ABeta Microtoxicity in Neurons, Which Is Prevented by Novel Ceramide Analogs.)」と題した講演を行った。 」Crivelli博士は、アルツハイマー病(AD)におけるABetaの神経毒性はまだ明らかではないことを指摘す...

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:8平均点:2.50

      おすすめ製品・サービス

      次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。もっと読む
      使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。 器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。 棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大 ...もっと読む
      抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3412人
      2020年03月28日 現在
      新メンバー
      ReikoPom 2020/3/27
      なすお 2020/3/27
      K2azu 2020/3/24
      サンライズ 2020/3/24
      Tkawa 2020/3/23
      aymmt 2020/3/21
      koji1024 2020/3/21
      HIRO111 2020/3/20
      Yasushi 2020/3/19
      Hiroakiu 2020/3/19
      ベアダー 2020/3/16
      t100114 2020/3/13
      shushu 2020/3/12
      AlParka 2020/3/12
      SO-20220 2020/3/12
      44 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 44
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会