海外学会ダイジェストASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) ASEMV 2019年次総会・2日目 - バイオマーケットjp

ASEMV 2019年次総会・2日目


  著者:  作成:2019/11/28 11:00:07

Monzon 博士は、EVの研究が成熟するにつれて、関連する測定技術も進化する必要があると指摘した。 彼は、EVの定量化のためのナノ粒子追跡分析(Nanoparticle Tracking Analysis ;NTA)の重大な失敗を暴露すると考えている2つの簡単な実験について報告した。NTAの検出限界はサンプルの組成に強く依存し、マイクロ流体抵抗パルスセンシング(microfluidic resistive pulse sensing ;MRPS)および透過型電子顕微鏡(transmission electron microscopy ;TEM)に対するEVサイズの範囲において10,000倍の誤差を引き起こすと言う 。 カリフォルニア州パシフィックグローブで開催されたASEMV 2019年次総会の二日目のセッションでは、多くのエキサイティングなプレゼンテーションが行われた。


最初の「メタンフェタミン使用障害により血漿EVマイクロRNA発現が変化(Methamphetamine Use Disorder Alters Plasma EV MicroRNA Expression)」は、オレゴン州ポートランドのオレゴン健康科学大学(OHSU)のUrsula Sandau博士によって発表された。Sandau 博士は、メタンフェタミンが末梢臓器と中枢神経系の両方に有害な影響を与えると指摘した。 メタンフェタミンの有益な特性と中毒性は、ドーパミンと小胞のモナミン輸送体機能の変化に続くシナプスのドーパミンの利用可能性の増加と相関している。


彼女は、メタンフェタミン使用障害のある被験者のEV miRNA発現がコントロール参加者とは有意に異なることを示す結果を報告し、メタンフェタミンが細胞間のEVコミュニケーションに影響を与える可能性があることを示唆した。Sandau 博士はさらに、差次的なmiRNA発現は、メタンフェタミンに特有の行動および生理学的効果におけるEVの役割にも関係していることを指摘し、中毒の特定の薬物および薬物媒介中毒障害のスペクトルに関連するmiRNAの発現に変化があるかもしれないことを示唆した。他の説得力のあるプレゼンテーションだった、Spectradyne Particle AnalysisのFranklin Monzon 博士は、「細胞外小胞の定量化における直交技術の重要性」について話した。他の説得力のあるプレゼンテーションだった、Spectradyne Particle AnalysisのFranklin Monzon 博士は、「細胞外小胞の定量化における直交技術の重要性」について話した。


Monzon 博士は、EVの研究が成熟するにつれて、関連する測定技術も進化する必要があると指摘した。 彼は、EVの定量化のためのナノ粒子追跡分析(Nanoparticle Tracking Analysis ;NTA)の重大な失敗を暴露すると考えている2つの簡単な実験について報告した。NTAの検出限界はサンプルの組成に強く依存し、マイクロ流体抵抗パルスセンシング(microfluidic resistive pulse sensing ;MRPS)および透過型電子顕微鏡(transmission electron microscopy ;TEM)に対するEVサイズの範囲において10,000倍の誤差を引き起こすと言う 。 彼は、EV定量化に直交法を使用することが重要であることを結果が示すことを強調した。 リファレンスの直交技術無しに、NTAの結果に頼ると、ひどく迷わされる可能性があると指摘した。


 


神経由来エキソソームのALSバイオマーカー


他のエキサイティングなプレゼンテーションは、ワイオミング州ジャクソンの脳化学研究所、エスノメディシン研究所...

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:7平均点:7.14

      おすすめ製品・サービス

      SmartMS をはじめて搭載したバイオ医薬品ソリューション Waters BioAccord システムは、シンプルなセットアップで一貫性の高い結果を取得できるよう設計された高性能な統合型 LC-MSシステムです。 初心者・熟練者を問わず簡便に操作できるよう設計されており、トレーニングの削減、時間の節約、再現性の高い結果を提供します。 LC、MS、PC、およびインフォマティクスのすべてのコンポーネントを完全なシステムとして事前に設定、テストした後、お客様へ発送、設置します。これにより、システムを迅速に設置し、すぐに使用でき、日々の稼働において生産性を向上するシステムの堅牢性を保証します。 医薬品開発のすべてのフェーズにおける、タンパク質、ペプチド、遊離糖鎖レベルでの重要品質特性の効率的かつ正確な質量モニタリング ...もっと読む
      ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。もっと読む
      生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3370人
      2020年01月23日 現在
      新メンバー
      kuromits 2020/1/21
      kimiya 2020/1/17
      cacao 2020/1/16
      miya3 2020/1/16
      おにく 2020/1/13
      HiroK 2020/1/12
      SHUSE 2020/1/9
      はじめまして 2020/1/9
      fskyk 2020/1/9
      JUN TANA 2020/1/5
      うまごん 2020/1/4
      MJkawa 2019/12/26
      serendip 2019/12/26
      kkkkkkkk 2019/12/22
      A3aaaas 2019/12/20
      32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 32
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会