海外学会ダイジェストASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された - バイオマーケットjp

エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された

  著者:  作成:2019/11/26 0:00:30

ASEMV2019 (American Society for Exosomes and Microvesicles)の年次総会が、10月6日から10日まで、カリフォルニアからパシフィックグローブにあるアシロマ会議場で開催された。世界中の科学者によって、生物学と医学の最もエキサイティングな側面の1つに焦点を当てた60の素晴らしいプレゼンテーションにより5日間の活発な会議が行われた。ジョンズ・ホプキンスのStephen Gould 博士が例年主催している会議は、コロラド大学デンバーのMichael Graner 博士によるASEMV年次総会の歴史についての簡単な紹介から始まった。 続いてマサチューセッツ大学(マサチューセッツ州ウースター)のTravis Thomson博士が基調講演を行った。


Thomson 博士の講演は「エキソソームを介した情報交換におけるアークとコピア」と題されていた。博士はアークを「神経可塑性の主調節因子であり、ウイルスのトランスポゾンギャグ領域の残骸である」と説明した。 Cellの2018年の論文で、Thomson博士と同僚は、Arc / Arg3.1はシナプスの可塑性と認知に必要であり、この遺伝子の変異は自閉症と統合失調症に関連していると指摘した。Arcにはレトロウイルス/レトロトランスポゾンのGag様タンパク質に似たドメインがあり、ウイルスRNAをパッケージ化するカプシドに多量体化する。 可塑性分子におけるこのようなドメインの重要性は不明だ。


Cellの論文で、Thomson博士と同僚は、ショウジョウバエArc1タンパク質がニューロンのdarc1 mRNAに結合するカプシド様構造を形成し、運動ニューロンから筋肉に移動する細胞外小胞(EV)にロードされることを報告した。 このローディングと転送は、レトロトランスポゾン様配列を含むdarc1-mRNA 3 '非翻訳領域に依存している。破壊的伝達はシナプス可塑性をブロックし、この機能にはそのmRNAと複合体化されたdArc1の伝達が必要であることを示唆している。 特に、培養細胞は、独自のmRNAと複合したコピアレトロトランスポゾンのGag領域を含む細胞外小胞も放出する。


Thomson 博士と同僚は、結果はレトロウイルス様カプシドと細胞外小胞を含むシナプス間mRNA輸送メカニズムを指していると結論付けた。Thomson 博士はアークとコピアは神経可塑性に反対の効果があると説明した。 正の調節因子、および神経可塑性の負の調節因子であるコピア、2つのバランスがおそらく細胞外小胞レベルにある。 Graner 博士が「非常に刺激的」と評したThomson 博士の講演に続き、Gould 博士は「エキソソーム生合成の再評価」を発表した。


Gould 博士は、原形質膜がエキソソーム生合成の主要な部位であり、 より重要なことに、細胞は、血漿膜とエンドソーム膜の両方で機能するエキソソームタンパク質の出芽のための共通の経路を持っている。 「単一粒子干渉法反射率(SPIR)イメージングと免疫蛍光顕微鏡を組み合わせ、エキソソーム組成の変動は、エキソソーム生合成の別個のメカニズムではなく、細胞内タンパク質輸送の差異によって制御されることも示した。」Gould博士と同僚による「エキソソーム生合成のこの新しい見解は、エキソソームの顕著な組成的不均一性の簡単な説明とエキソソーム工学の検証済みロードマップを提供する。」プレゼンテーションで、Gould博士は、彼が最近2019年に 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:2平均点:5.00

      おすすめ製品・サービス

      機能性食品等の開発に最適な食経験のある植物から抽出したライブラリー Greenpharma Natural Food Extract Library 短期間で機能性食品やサプリメントに使用できる新しい天然物リードを発見したいとお考えですか? 食経験のある植物から抽出したライブラリー、Greenpharma Natural Food ExtractLibraryがお役に立ちます。もっと読む
      チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム チャージバリアント分析には、分離の難しさ、長時間の分析、短いカラム寿命など多くの問題が存在します。ウォーターズは、昨年発表したタンパク質向け逆相カラムBioResolve RP mAb Polyphenylに引き続き、イオン交換においても現状の分析を大きく改善する新カラムを開発しました。もっと読む
      次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3353人
      2019年12月11日 現在
      新メンバー
      だれでもないひと 2019/12/11
      nekoneko 2019/12/8
      hitoshi 2019/12/6
      apobec1 2019/12/4
      かなめん 2019/12/3
      shhhd 2019/11/28
      けい 2019/11/27
      mafumi 2019/11/26
      eikipuku 2019/11/25
      Katayan 2019/11/23
      BOS2016 2019/11/23
      ks1991 2019/11/21
      ひろ 2019/11/14
      すなねずみ 2019/11/12
      ryuusei 2019/11/12
      57 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 57
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会