海外学会ダイジェストASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された - バイオマーケットjp

エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された

  著者:  作成:2019/11/26 0:00:30

ASEMV2019 (American Society for Exosomes and Microvesicles)の年次総会が、10月6日から10日まで、カリフォルニアからパシフィックグローブにあるアシロマ会議場で開催された。世界中の科学者によって、生物学と医学の最もエキサイティングな側面の1つに焦点を当てた60の素晴らしいプレゼンテーションにより5日間の活発な会議が行われた。ジョンズ・ホプキンスのStephen Gould 博士が例年主催している会議は、コロラド大学デンバーのMichael Graner 博士によるASEMV年次総会の歴史についての簡単な紹介から始まった。 続いてマサチューセッツ大学(マサチューセッツ州ウースター)のTravis Thomson博士が基調講演を行った。


Thomson 博士の講演は「エキソソームを介した情報交換におけるアークとコピア」と題されていた。博士はアークを「神経可塑性の主調節因子であり、ウイルスのトランスポゾンギャグ領域の残骸である」と説明した。 Cellの2018年の論文で、Thomson博士と同僚は、Arc / Arg3.1はシナプスの可塑性と認知に必要であり、この遺伝子の変異は自閉症と統合失調症に関連していると指摘した。Arcにはレトロウイルス/レトロトランスポゾンのGag様タンパク質に似たドメインがあり、ウイルスRNAをパッケージ化するカプシドに多量体化する。 可塑性分子におけるこのようなドメインの重要性は不明だ。


Cellの論文で、Thomson博士と同僚は、ショウジョウバエArc1タンパク質がニューロンのdarc1 mRNAに結合するカプシド様構造を形成し、運動ニューロンから筋肉に移動する細胞外小胞(EV)にロードされることを報告した。 このローディングと転送は、レトロトランスポゾン様配列を含むdarc1-mRNA 3 '非翻訳領域に依存している。破壊的伝達はシナプス可塑性をブロックし、この機能にはそのmRNAと複合体化されたdArc1の伝達が必要であることを示唆している。 特に、培養細胞は、独自のmRNAと複合したコピアレトロトランスポゾンのGag領域を含む細胞外小胞も放出する。


Thomson 博士と同僚は、結果はレトロウイルス様カプシドと細胞外小胞を含むシナプス間mRNA輸送メカニズムを指していると結論付けた。Thomson 博士はアークとコピアは神経可塑性に反対の効果があると説明した。 正の調節因子、および神経可塑性の負の調節因子であるコピア、2つのバランスがおそらく細胞外小胞レベルにある。 Graner 博士が「非常に刺激的」と評したThomson 博士の講演に続き、Gould 博士は「エキソソーム生合成の再評価」を発表した。


Gould 博士は、原形質膜がエキソソーム生合成の主要な部位であり、 より重要なことに、細胞は、血漿膜とエンドソーム膜の両方で機能するエキソソームタンパク質の出芽のための共通の経路を持っている。 「単一粒子干渉法反射率(SPIR)イメージングと免疫蛍光顕微鏡を組み合わせ、エキソソーム組成の変動は、エキソソーム生合成の別個のメカニズムではなく、細胞内タンパク質輸送の差異によって制御されることも示した。」Gould博士と同僚による「エキソソーム生合成のこの新しい見解は、エキソソームの顕著な組成的不均一性の簡単な説明とエキソソーム工学の検証済みロードマップを提供する。」プレゼンテーションで、Gould博士は、彼が最近2019年に

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:7平均点:4.29

      おすすめ製品・サービス

        非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。 非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。 特にLC-MSを使用する分析者向けに、少量のサンプルをより効率的に使用できるように、最小残存量が少ないオートサンプラーに対応した設計です。もっと読む
        機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産までトータルにサポートする体制が用意されています。 また既にお持ちの活性分子または天然原料について、in silico活性予測ツールを用いて新しい活用法(効能)をお探しすることも可能です。もっと読む
        大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む



      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      サイト運営者

      バイオアソシエイツ株式会社

      バイオアソシエイツ株式会社
      東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
      BioAssociates.co.jp

      What We Do

      ライフサイエンス事業向け
      マーケティングサービスを提供しています


      • マーケティングリサーチ
      • コンサルティング
      • 外部連携支援
      • 科学顧問
      • マーコム