海外学会ダイジェストASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) - バイオマーケットjp

ASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)
ASEMV2019 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) ASEMV2019 (American Society for Exosomes and Microvesicles)の年次総会が、10月6日から10日まで、カリフォルニアからパシフィックグローブにあるアシロマ会議場で開催された。世界中の科学者によって、生物学と医学の最もエキサイティングな側面の1つに焦点を当てた60の素晴らしいプレゼンテーションにより5日間の活発な会議が行われた。

  著者:   作成:2019/12/4 9:00:08 ASEMV 2019年次総会の四日目のセッションも多くのエキサイティングなプレゼンテーションが行われた。 Capricor Therapeutics社のLuis Rodriguez-Borlado博士は、「Cardiosphere由来細胞(CDC)からの細胞外小胞は筋幹細胞に取り込まれ、デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルの運動能力を高める(Extracellular Vesicles from Cardiosphere-Derived Cells (CDCs) Are Taken Up by Muscle Stem Cells and Increase Exercise Capability in a Duchenne Muscular Dystrophy Model.)」と題したプレゼンテーションを行った。 Rodriguez-Borlada博士は、CDCを注入されたデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)患者は、プラセボ治療患者と比較した場合、PUL(プルラナーゼ)活性、骨格筋活性、および心筋瘢痕の減少を示したと述べた。 彼は、非生着細胞を用いた細胞療法で観察される治療効果のほとんどが、送達された細胞によって分泌されるパラクリン因子によって引き起こされるという広く受け入れられていることに注目した。現在の研究で、Rodriguez-Borlada 博士は、対照治療マウスと比較して、CDC-EVで治療したmdxマウス(DMDモデルマウス)の運動能力の有意な改善を観察したと述べた。不死のCDCからのEVは、マクロファージの免疫調節能力とmdxマウスの運動能力の改 ASEMV 2019年次総会・4日目
糖タンパク質N型糖鎖解析を飛躍的に効率化する革新的新ソリューション誕生! 糖タンパク質N型糖鎖の切り出し~標識~精製をたった3つのステップで30分以内で行うためのキットです ...もっと読む

  著者:   作成:2019/12/3 9:03:10 ASEMV 2019 の三日目の最初の発表は、ノースカロライナ チャペルヒル大学のRyan McNamara 博士によるもので、「カポジ肉腫関連ヘルペスリンパ腫由来のEVは長期内皮細胞の再プログラミングを誘発する(EVs from Kaposi Sarcoma-Associated Herpes Lymphoma Induce Long-Term Endothelial Cell Reprogramming.)」と題されていた。 McNamara 博士は、細胞外コミュニケーションが生物の恒常性にとって重要であり、したがってウイルスがウイルスの病因を奪う主要なネットワークとして存在することを指摘した。 EVはドナー細胞からのコンテンツをパッケージ化して周囲と通信し、進化的に多様なウイルスがこの通信軸を乗っ取って病因を促進することが示されている。 以前は、McNamara 博士と同僚は、ウイルスライフサイクルの「潜伏期」の間に、オンコウイルスカポジ肉腫関連ヘルペスウイルス(KSHV)が感染細胞から分泌されるEVにウイルスmiRNAを組み込むことを示していた。 KSHV-EVと呼ばれるこれらの修正EVは、疾患/腫瘍の進行により有利なニッチの確立を支援すると仮説を立てた。 現在の結果は、KSHVがEVを使用してローカル環境を変更できることを示している。 このグループは現在、KSHVなどのオンコウイルスがEVを介した細胞外通信ネットワークを利用して、疾患の進行と組織の形質転換に有利なニッチを確立することを提案している。 これにより、ウイルスは感染因子の拡散を最小限に抑え、免疫ア ASEMV 2019年次総会・3日目
Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ( ...もっと読む

  著者:   作成:2019/11/28 11:00:07 Monzon 博士は、EVの研究が成熟するにつれて、関連する測定技術も進化する必要があると指摘した。 彼は、EVの定量化のためのナノ粒子追跡分析(Nanoparticle Tracking Analysis ;NTA)の重大な失敗を暴露すると考えている2つの簡単な実験について報告した。NTAの検出限界はサンプルの組成に強く依存し、マイクロ流体抵抗パルスセンシング(microfluidic resistive pulse sensing ;MRPS)および透過型電子顕微鏡(transmission electron microscopy ;TEM)に対するEVサイズの範囲において10,000倍の誤差を引き起こすと言う 。 カリフォルニア州パシフィックグローブで開催されたASEMV 2019年次総会の二日目のセッションでは、多くのエキサイティングなプレゼンテーションが行われた。 最初の「メタンフェタミン使用障害により血漿EVマイクロRNA発現が変化(Methamphetamine Use Disorder Alters Plasma EV MicroRNA Expression)」は、オレゴン州ポートランドのオレゴン健康科学大学(OHSU)のUrsula Sandau博士によって発表された。Sandau 博士は、メタンフェタミンが末梢臓器と中枢神経系の両方に有害な影響を与えると指摘した。 メタンフェタミンの有益な特性と中毒性は、ドーパミンと小胞のモナミン輸送体機能の変化に続くシナプスのドーパミンの利用可能性の増加と相関している。 彼女は、メタンフェタミン使用障害 ASEMV 2019年次総会・2日目
使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター ...もっと読む

  著者:   作成:2019/11/26 0:00:30 ASEMV2019 (American Society for Exosomes and Microvesicles)の年次総会が、10月6日から10日まで、カリフォルニアからパシフィックグローブにあるアシロマ会議場で開催された。世界中の科学者によって、生物学と医学の最もエキサイティングな側面の1つに焦点を当てた60の素晴らしいプレゼンテーションにより5日間の活発な会議が行われた。ジョンズ・ホプキンスのStephen Gould 博士が例年主催している会議は、コロラド大学デンバーのMichael Graner 博士によるASEMV年次総会の歴史についての簡単な紹介から始まった。 続いてマサチューセッツ大学(マサチューセッツ州ウースター)のTravis Thomson博士が基調講演を行った。 Thomson 博士の講演は「エキソソームを介した情報交換におけるアークとコピア」と題されていた。博士はアークを「神経可塑性の主調節因子であり、ウイルスのトランスポゾンギャグ領域の残骸である」と説明した。 Cellの2018年の 論文 で、Thomson博士と同僚は、Arc / Arg3.1はシナプスの可塑性と認知に必要であり、この遺伝子の変異は自閉症と統合失調症に関連していると指摘した。Arcにはレトロウイルス/レトロトランスポゾンのGag様タンパク質に似たドメインがあり、ウイルスRNAをパッケージ化するカプシドに多量体化する。 可塑性分子におけるこのようなドメインの重要性は不明だ。 Cellの論文で、Thomson博士と同僚は、ショウジョウバエArc1タンパク質がニューロンのd エクソソームと微小胞に関するASEMV 2019年次総会が、カリフォルニア州パシフィックグローブのアシロマで開催された
高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。もっと読む




バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3352人
2019年12月11日 現在
新メンバー
nekoneko 2019/12/8
hitoshi 2019/12/6
apobec1 2019/12/4
かなめん 2019/12/3
shhhd 2019/11/28
けい 2019/11/27
mafumi 2019/11/26
eikipuku 2019/11/25
Katayan 2019/11/23
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
41 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 41
BioQuick ニュース

BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

抗体よもやま話
創薬よ何処へ
バーチャル展示会