海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) 敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム - バイオマーケットjp

敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム

  著者:  作成:2017/11/14 14:00:35

10月9日の月曜日の朝は、Cellex Life Sciences、Inc.の最高経営責任者(CEO)であり韓国・KAISTバイオ・バイオエンジニアリング部のチョルヒ・チェー博士が、敗血症性ショックを含む急性炎症性疾患を治療する新しいシステムの可能性を説明した。敗血症性ショックの症例は毎年2000万人にも上り、ICUの主な死因であるとチェー博士は指摘し、治療改善の必要性を強調した。チェー博士のグループはこれまで、制御された可逆的タンパク質・タンパク質相互作用(PPI)を介して可溶性タンパク質を細胞質ゾルに送達することが可能な「EPLOR」(exosomes for protein loading via optically reversible protein-protein interaction)という名の光生成エンジニアリングエクソソームシステムを開発してきた。タンパク質負荷EXPLORを用いた処理は、時間および用量依存的な様式で、カーゴタンパク質の細胞内レベルおよびレシピエント細胞におけるそれらの機能を有意に増加させることが示された。 現在の研究では、敗血症性ショック症候群のような急性炎症性疾患の潜在的治療法として、NF-κB経路の強力な阻害剤であるスーパーリプレッサーIkB(SRI)の送達にEXPLOR技術を使用する可能性を試験しようとした。本グループは、エキソソーム産生細胞中で融合タンパク質を一過的または安定的に発現することによって、工学的エキソソームにSRIを負荷することを実現させた。研究者らは、インビトロで標的細胞、およびインビボで標的器官に機能的タンパク質としてのSRIの細胞内送達をさらに実証した。最後に、研究者らは、ナイーブエキソソームで見られるものと比較して、敗血症性ショック動物モデルにおけるSRI負荷エキソソームの有益な効果を観察した。 チェー博士は、これらの結果が急性炎症性疾患の治療に対するEXPLORの可能性を明確に示していると結論づけている。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である
    ナチュラルキラー細胞由来エキソソームとエキソソームmiRNAはがん治療に役立つのか »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:19平均点:6.32

    おすすめ製品・サービス

    Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
    高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。
    GlycoWorks RapiFluor-MS N型糖鎖解析キット
    糖タンパク質N型糖鎖解析を飛躍的に効率化する革新的新ソリューション誕生! 糖タンパク質N型糖鎖の切り出し~標識~精製をたった3つのステップで30分以内で行うためのキットです。キットには酵素、標識試薬、精製用HILICプレートとバッファー類他96サンプルの処理に必要な主要構成品が含まれています。
    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...

        おすすめ製品・サービス

        Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
        高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。
        ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
        次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...
        iCubate 自動DNAサンプル調製システム:特許マルチプレックスPCRでPCRバイアスを排除。完全密封型カセットでコンタミ防止。
        特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製。 icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイクロアレー・ハイブリダイゼーションの全工程を約3時間で自動処理可能です。 マルチプレックスPCR後の生成物は簡単に回収可能なのでNGS用ライブラリー調製にも最適です。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3090人
          2018年10月24日 現在
          新メンバー
          anemone 2018/10/22
          実験中 2018/10/21
          oor.st 2018/10/17
          sugachan 2018/10/17
          井上 拓弥 2018/10/17
          シェリー 2018/10/17
          mikemo 2018/10/16
          enz_mani 2018/10/13
          15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 15
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。