海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) 脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である - バイオマーケットjp

脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  脂肪毒性EVの放出にはSTARD-11媒介性のセラミド輸送が必要である

  著者:  作成:2017/11/14 14:00:37

10月9日月曜日の朝は、メイヨークリニックのHarmeet Malhi医師が、脂肪毒性細胞外小胞(EV)の形成のための新規経路を同定した研究についての説明を行った。脂肪毒性肝細胞由来EVは非アルコール性脂肪性肝炎における細胞間連絡の重要なメディエーターであるが、脂肪毒性EVの生体発生のための細胞機構は未定義のままであると博士は述べた。彼女のグループは最近、パルミテート(PA)誘発EVsがC16:0セラミドに富み、多小体(MVB)内に形成されたエキソソームと一致し、それらの放出は小胞体(ER)でのセラミドの合成に依存することを実証した。 

彼女は、セラミド輸送タンパク質であるSTARD11は、新たに形成されたセラミドのERからゴルジへの輸送を媒介するが、新たに形成されるセラミドのERからMVBへの輸送における役割は未知であることに挙げた。ここで報告された研究の目的は、セラミド輸送タンパク質STARD11がERからMVBへのセラミドの輸送に必要であり、それによって脂肪毒性EVの生物発生を媒介するという仮説を試験することであった。結果は、STARDT11が、新しく合成されたセラミドのERからMVBへの輸送に起因して、PA誘導セラミド富化EVの生合成を媒介することを示唆している。本研究グループは、脂肪毒性のEVsの形成のための新規な経路を特定し、将来の研究はこの経路の機能的な結果に焦点を当てることとなるだろう。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 単離エキソソームのサイズ・カーゴ・機能を左右するもの
    敗血性ショック治療のためのスーパーリプレッサーIkBエキソソーム »



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:11平均点:5.45

    おすすめ製品・サービス

    フルスペクトル分子イメージング
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...
    Xevo TQ-XS 超高感度タンデム四重極型質量分析計
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
    Xevo G2-XS QTof四重極飛行時間型(QTof)質量分析計
    高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。

        おすすめ製品・サービス

        Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズ
        大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。
        ラット・マウス等、幅広い生物種の抗体精製に。Ab-Capcher
        Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。
        Enzymatics ZipScript One-Step RT-qPCR Mix
        高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。 ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と素早く活性化するホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。 わずか0.5 pgのRNAから、5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に検出できます。 卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3090人
          2018年10月24日 現在
          新メンバー
          anemone 2018/10/22
          実験中 2018/10/21
          oor.st 2018/10/17
          sugachan 2018/10/17
          井上 拓弥 2018/10/17
          シェリー 2018/10/17
          mikemo 2018/10/16
          enz_mani 2018/10/13
          17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。