海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用 - バイオマーケットjp

HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用

  著者:  作成:2017/11/7 14:00:05

10月9日月曜日の朝はネブラスカ州ネブラスカ大学ネブラスカ医療センターの研究を担当するShilpu Buch博士の「エキソソームのmiRNA媒介性ペリクルの罹患率の損失。血液脳関門:HIV関連神経学的障害(HAND)のモルヒネ媒介性増強のための示唆」の発表から始まった。Buch博士がまず着目したのは、インビトロおよびインビボ研究の両方においてモルヒネがHIVの神経変性効果を中枢神経系(CNS)で増強することを示したことである。

有毒な刺激によるBBB侵害は、単球と白血球の脳内への移動に関連している、と博士は述べた。Buch博士は、3種類の細胞型が血液脳関門(BBB)の鍵であることを報告した。これらは、内皮細胞、星状細胞、および周皮細胞である。星状細胞と周皮細胞間のクロストークは、BBBの統合性にとって重要であるという。周皮細胞がBBBを調節し、モルヒネがBBBの周皮細胞のカバレッジを低下させ、認知障害の抗神経炎症を引き起こすのだと博士は述べた。モルヒネに曝露された星状細胞がBBBで周皮細胞を調節するメカニズムの原理は未だ解明されていない。

これまで、彼女のグループは、SIVに感染したモルヒネ依存性マカクザルのCNSにおいて無調整マイクロRNA(miR)の配列を幅広く同定してきた。さらに、彼女のグループは、モルヒネおよびHIV Tatタンパク質に曝露された星状細胞から放出されたEVがmiRNAをシャトル移送することによってニューロンに取り込まれ、ニューロンの機能不全を引き起こすことをインビトロで示した。ここで、Buch博士は、BBBでの周皮細胞の喪失を媒介する際にモルヒネ曝露された星状細胞から放出されるmiRの役割を調べた本研究の結果を報告した。結果は、星状細胞のモルヒネへの曝露が、EVにおけるmiR-23の発現および分泌を誘導することが判明した。これが周皮細胞によって吸収されることで周皮細胞移動を誘発することが実証されたのだ。さらに、このグループは、周皮細胞におけるPTENをmiR-23のターゲットとして同定し、モルヒネ処理の施された星状細胞EVに曝露された周皮細胞においてPTENが下方制御されることを示した。結論としてBuch博士は、最近の研究結果によれば、モルヒネを介した脳におけるmiRNA発現の調節不全は、EVを介した細胞間の伝達を伴い、BBBでの周皮細胞の喪失をもたらすことを示しているという。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:26平均点:6.15

      おすすめ製品・サービス

      機能性食品等の開発に最適な食経験のある植物から抽出したライブラリー Greenpharma Natural Food Extract Library 短期間で機能性食品やサプリメントに使用できる新しい天然物リードを発見したいとお考えですか? 食経験のある植物から抽出したライブラリー、Greenpharma Natural Food ExtractLibraryがお役に立ちます。もっと読む
      高精度なマルチプレックスを可能にしたワンステップRT-qPCRアッセイ ZipScript One-Step RT-qPCR Mixは、RNAに特化した高効率のマルチプレックスqPCRアッセイで、広いダイナミックレンジでのターゲット検出を可能にします。 ZipScriptは、RNase H活性の無い逆転写酵素と素早く活性化するホットスタートタイプのDNAポリメラーゼとを混合した溶液で、dNTPを含むバッファーが付属しています。 わずか0.5 pgのRNAから、5種類までのターゲットをワンステップの反応で簡単に検出できます。 卓越したRT-qPCRの性能に加えて、Enzymaticsの世界水準の製造プロセスにより、常に一定で再現性の高い結果を保証します。もっと読む
      ルーチンのバイオセパレーションを効率化 ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。 更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。 逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3354人
      2019年12月11日 現在
      新メンバー
      すいすい 2019/12/11
      だれでもないひと 2019/12/11
      nekoneko 2019/12/8
      hitoshi 2019/12/6
      apobec1 2019/12/4
      かなめん 2019/12/3
      shhhd 2019/11/28
      けい 2019/11/27
      mafumi 2019/11/26
      eikipuku 2019/11/25
      Katayan 2019/11/23
      BOS2016 2019/11/23
      ks1991 2019/11/21
      ひろ 2019/11/14
      すなねずみ 2019/11/12
      38 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 38
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会