海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用 - バイオマーケットjp

HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  HIV関連神経障害(HAND)におけるモルヒネ媒介の相乗作用

  著者:  作成:2017/11/7 14:00:05

10月9日月曜日の朝はネブラスカ州ネブラスカ大学ネブラスカ医療センターの研究を担当するShilpu Buch博士の「エキソソームのmiRNA媒介性ペリクルの罹患率の損失。血液脳関門:HIV関連神経学的障害(HAND)のモルヒネ媒介性増強のための示唆」の発表から始まった。Buch博士がまず着目したのは、インビトロおよびインビボ研究の両方においてモルヒネがHIVの神経変性効果を中枢神経系(CNS)で増強することを示したことである。

有毒な刺激によるBBB侵害は、単球と白血球の脳内への移動に関連している、と博士は述べた。Buch博士は、3種類の細胞型が血液脳関門(BBB)の鍵であることを報告した。これらは、内皮細胞、星状細胞、および周皮細胞である。星状細胞と周皮細胞間のクロストークは、BBBの統合性にとって重要であるという。周皮細胞がBBBを調節し、モルヒネがBBBの周皮細胞のカバレッジを低下させ、認知障害の抗神経炎症を引き起こすのだと博士は述べた。モルヒネに曝露された星状細胞がBBBで周皮細胞を調節するメカニズムの原理は未だ解明されていない。

これまで、彼女のグループは、SIVに感染したモルヒネ依存性マカクザルのCNSにおいて無調整マイクロRNA(miR)の配列を幅広く同定してきた。さらに、彼女のグループは、モルヒネおよびHIV Tatタンパク質に曝露された星状細胞から放出されたEVがmiRNAをシャトル移送することによってニューロンに取り込まれ、ニューロンの機能不全を引き起こすことをインビトロで示した。ここで、Buch博士は、BBBでの周皮細胞の喪失を媒介する際にモルヒネ曝露された星状細胞から放出されるmiRの役割を調べた本研究の結果を報告した。結果は、星状細胞のモルヒネへの曝露が、EVにおけるmiR-23の発現および分泌を誘導することが判明した。これが周皮細胞によって吸収されることで周皮細胞移動を誘発することが実証されたのだ。さらに、このグループは、周皮細胞におけるPTENをmiR-23のターゲットとして同定し、モルヒネ処理の施された星状細胞EVに曝露された周皮細胞においてPTENが下方制御されることを示した。結論としてBuch博士は、最近の研究結果によれば、モルヒネを介した脳におけるmiRNA発現の調節不全は、EVを介した細胞間の伝達を伴い、BBBでの周皮細胞の喪失をもたらすことを示しているという。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:20平均点:6.00

      おすすめ製品・サービス

      質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...もっと読む
      生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む
      チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム チャージバリアント分析には、分離の難しさ、長時間の分析、短いカラム寿命など多くの問題が存在します。ウォーターズは、昨年発表したタンパク質向け逆相カラムBioResolve RP mAb Polyphenylに引き続き、イオン交換においても現状の分析を大きく改善する新カラムを開発しました。もっと読む
      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      •      

      登録ユーザー数
      3245人
      2019年06月18日 現在
      新メンバー
      riversid 2019/6/18
      あゆ 2019/6/16
      KenTa 2019/6/15
      mkimura 2019/6/13
      hoshihos 2019/6/12
      マサヤ 2019/6/12
      takuya 2019/6/12
      cyaitou 2019/6/11
      patton 2019/6/9
      giants 2019/6/7
      Shiory 2019/6/5
      minami 2019/6/5
      imiya 2019/6/4
      Kento-H 2019/6/3
      S_Naoko 2019/5/30
      18 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 18
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。