海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) いくつかの発表でグリオーマが焦点に - バイオマーケットjp

いくつかの発表でグリオーマが焦点に


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  いくつかの発表でグリオーマが焦点に

  著者:  作成:2017/11/7 14:00:59

火曜日最後の講演にはミネソタ大学小児科血液・腫瘍学部のMichael Olin博士が起ち、癌細胞、特にグリア芽腫(GBM)細胞によって放出されるエキソソームが誘導するCD200免疫阻害経路を阻害する経路を活性化するペプチドを同定したことを発表した。ペプチドおよび腫瘍抽出物の注射剤が、自然型グリオーマを有するイヌにおいてグリオーマを減少・排除することを示したのである。Olin博士らは治療用ペプチドを臨床使用可能にすることを目的とした企業、OX2 Therapeutics(http://www.ox2therapeutics.com/)を設立し、1年以内に実現可能にすることを目標としている。
この日はハーバード大学医学部神経学教授兼マサチューセッツ州総合病院遺伝学者であるXandra Breakefield博士が、多形性グリア芽腫の厳しい予後を強調したばかりであった。

この疾患の平均的な余命は診断から15か月で、この20年、治療に全くの進歩がないのが現状だと言う。Breakefield博士の説明によると、神経膠腫分泌細胞外小胞(EV)は、通常は腫瘍微小環境の30〜40%を構成する小膠細胞によって取り込まれるのだという。そして、通常、ミクログリアは脳内にセンチネルとして働き、積極的に環境を感知し、必要に応じて「戦士」と「育成者」の機能を果たすことに気づいたのだという。この重要な感覚的役割を制御する遺伝子は、ミクログリア「感覚器」と呼ばれている。Breakefield博士の研究は、神経膠腫から放出されたEVがミクログリア感覚器を遮断するように作用することを示している。つまり、「戦士」機能を弱めて「センチネル」機能を無効にし、腫瘍をケアして保護するために「育児」機能を変換するのだ。今後、GBM療法に関する研究は、ミクログリアの標的化および感覚器機能のアップレギュレーションに焦点を当てることで成功するかもしれない、とBreakefield博士は提案した。

Breakefieldに続き、コロラド大学(デンバー)准教授兼Nervous System Repositoryの研究ディレクターであるMichael Graner博士が GBMのEVsと星状細胞についての発表を行った。 Graner博士は、GBM EVsが、レシピエントの星状細胞における癌型シグナル伝達経路を活性化することによって、星状細胞のEVへの移動と、GBM EVsの星状細胞非依存的な増殖が促進去れることが軟寒天状で観察されたことを報告した。星状細胞は、特にウイルスのように見える実体に対する炎症反応の領域において、腫瘍細胞増殖の増加を伴う腫瘍促進環境を作り出すために様々な因子を放出する、と博士は説明した。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:12平均点:3.33

        おすすめ製品・サービス

        次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...もっと読む
        FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。 。一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。 フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。 これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解 ...もっと読む
        機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産までトータルにサポートする体制が用意されています。 また既にお持ちの活性分子または天然原料について、in silico活性予測ツールを用いて新しい活用法(効能)をお探しすることも可能です。もっと読む
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3136人
          2019年02月19日 現在
          新メンバー
          semaglut 2019/2/16
          maxdouwe 2019/2/15
          もぐもぐ 2019/2/14
          いばくま 2019/2/14
          ymmtms 2019/2/12
          _humanme 2019/2/10
          mtsutsui 2019/2/7
          しゃけ 2019/2/7
          17 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。