海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて - バイオマーケットjp

NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて

  著者:  作成:2017/11/20 14:00:29

10月12日木曜日の朝は、ネブラスカ州リンカーン校栄養健康科学科助教授のJiujiu Yu博士によるNLRP3インフラマーム活性化に対するジンジャーエキソソームの阻害効果についての発表が行われた。本研究の目的は、マクロファージにおけるNLRP3インフラマソームの活性化を阻害する食物のエキソソームをスクリーニングし同定することであることが述べられた。自然免疫系の重要なセンサーであるNLRP3インフラマソームは、センサーNLRP3、アダプターASC、およびエフェクターカスパーゼ-1からなる細胞質複合体である。 NLRP3インフラマソームは、様々な病原体および細胞ストレスを検出し、炎症メディエーターの放出を媒介し、その異常な活性化はメタボリックシンドロームや自己炎症性疾患を含む多くの疾患に関与する。 したがって、Yu博士は、NLRP3インフラマソームの活性を効果的に弱める阻害剤の同定は、望ましくない炎症状態を抑制するのに役立つと述べている。本研究では、超遠心分離を用いて異なる植物からエキソソームを精製し、骨髄由来マクロファージにおけるNLRP3インフラマソームに対する阻害効果をスクリーニングした。 研究者らは、ショウガから精製されたエキソソームがNLRP3インフラマソームの活性化を強く阻害することを明らかにした。ちなみに、ジンジャーエキソソームは直径約134ナノメートルであった。 NLRP3インフラマソーム活性化に対するショウガ曝露の阻害効果は、長期インキュベーション(12時間以上)を必要とし、小胞内の貨物が阻害効果を媒介することを示唆した。ジンジャーエキソソームは、NLRP3、ASC、およびカスパーゼ-1、またはその補因子Nek7を含む、インフラマソームサブユニットのタンパク質レベルに影響を及ぼさなかった。これらの結果に基づいて、Yu博士は、ショウガエキソソームが、NLRP3インフラマソームの新規モジュレータを介して、NLRP3インフラマソーム活性化を阻害すると結論付けた。

 

続きを読む
ログインしてください

    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « 一次繊毛によるEV分泌



    友達にメールで勧める友達に伝える

    投票数:12平均点:5.00

    おすすめ製品・サービス

    GlycoWorks RapiFluor-MS N型糖鎖解析キット
    糖タンパク質N型糖鎖解析を飛躍的に効率化する革新的新ソリューション誕生! 糖タンパク質N型糖鎖の切り出し~標識~精製をたった3つのステップで30分以内で行うためのキットです。キットには酵素、標識試薬、精製用HILICプレートとバッファー類他96サンプルの処理に必要な主要構成品が含まれています。
    Xevo TQ-XS 超高感度タンデム四重極型質量分析計
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
    ACQUITY UPLC H-Class Bio
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 

        おすすめ製品・サービス

        SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
        質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
        高吸着能ゲルを充填したReady to useの抗体精製カラムキット Ab-Express
        高吸着能ゲルを充填したReady to useの使い捨て抗体精製カラム&バッファーキット。 低価格・簡単・スピーディー。 ラット・マウス・ウサギ等、様々な抗体精製にお薦めします。
        iCubate 自動DNAサンプル調製システム:特許マルチプレックスPCRでPCRバイアスを排除。完全密封型カセットでコンタミ防止。
        特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製。 icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイクロアレー・ハイブリダイゼーションの全工程を約3時間で自動処理可能です。 マルチプレックスPCR後の生成物は簡単に回収可能なのでNGS用ライブラリー調製にも最適です。
        運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

        バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

        ユーザー登録すると...

        コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

        様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

         

        ユーザー登録は1分で完了

        ユーザー登録は無料

        運営者:バイオアソシエイツ株式会社

          登録ユーザー数
          3088人
          2018年10月20日 現在
          新メンバー
          oor.st 2018/10/17
          sugachan 2018/10/17
          井上 拓弥 2018/10/17
          シェリー 2018/10/17
          mikemo 2018/10/16
          enz_mani 2018/10/13
          tommy 2018/10/6
          もも 2018/10/5
          6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
          登録ユーザ: 0 ゲスト: 6
          BioQuick ニュース

          BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
          BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

          抗体よもやま話
          創薬よ何処へ

           

          クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
          バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。