海外学会ダイジェストASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles) NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて - バイオマーケットjp

NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2017 (The American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  NLRP3インフラマソームの活性化を阻害するショウガ植物由来のエキソソームについて

  著者:  作成:2017/11/20 14:00:29

10月12日木曜日の朝は、ネブラスカ州リンカーン校栄養健康科学科助教授のJiujiu Yu博士によるNLRP3インフラマーム活性化に対するジンジャーエキソソームの阻害効果についての発表が行われた。本研究の目的は、マクロファージにおけるNLRP3インフラマソームの活性化を阻害する食物のエキソソームをスクリーニングし同定することであることが述べられた。自然免疫系の重要なセンサーであるNLRP3インフラマソームは、センサーNLRP3、アダプターASC、およびエフェクターカスパーゼ-1からなる細胞質複合体である。 NLRP3インフラマソームは、様々な病原体および細胞ストレスを検出し、炎症メディエーターの放出を媒介し、その異常な活性化はメタボリックシンドロームや自己炎症性疾患を含む多くの疾患に関与する。 したがって、Yu博士は、NLRP3インフラマソームの活性を効果的に弱める阻害剤の同定は、望ましくない炎症状態を抑制するのに役立つと述べている。本研究では、超遠心分離を用いて異なる植物からエキソソームを精製し、骨髄由来マクロファージにおけるNLRP3インフラマソームに対する阻害効果をスクリーニングした。 研究者らは、ショウガから精製されたエキソソームがNLRP3インフラマソームの活性化を強く阻害することを明らかにした。ちなみに、ジンジャーエキソソームは直径約134ナノメートルであった。 NLRP3インフラマソーム活性化に対するショウガ曝露の阻害効果は、長期インキュベーション(12時間以上)を必要とし、小胞内の貨物が阻害効果を媒介することを示唆した。ジンジャーエキソソームは、NLRP3、ASC、およびカスパーゼ-1、またはその補因子Nek7を含む、インフラマソームサブユニットのタンパク質レベルに影響を及ぼさなかった。これらの結果に基づいて、Yu博士は、ショウガエキソソームが、NLRP3インフラマソームの新規モジュレータを介して、NLRP3インフラマソーム活性化を阻害すると結論付けた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:31平均点:3.87

      おすすめ製品・サービス

      全てを1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現 Enzymatics社の5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライブラリ調製の全ての工程 (断片化を含む) を1本のチューブで行うことができます。 自在にサイズ調節可能な酵素ベースの断片化と、シンプルで迅速なワークフローにより、Illumina社の次世代シーケンサーで直ちにシーケンス可能な高品質ライブラリを2.5時間以内に調製できます。 高効率な断片化とライゲーション試薬、さらに最適化されたPCR試薬を組み合わせることで*、5x WGSライブラリ調製アッセイは、 次世代シーケンス用ライブラリ調製における品質、スピードおよび処理能力という課題に対する唯一の解決策となり得ます。 *PCRフリーも可能ですもっと読む
      コンスタントに高収量のライブラリーおよびシーケンス結果を得られます! 高精度の次世代シーケンシングデータを得るためには高品質なDNAライブラリーの調製が不可欠です。Enzymatics社では室温で安定な次世代シーケンサー向けライブラリー調製キットを開発しました。 SPARK DNA Sample Prep Kitには、凍結乾燥され各反応用に分けられたマスターミックスが含まれており、断片化した二重鎖DNAから次世代シーケンシング用にアダプターをライゲーションしたDNAライブラリーを調製します。もっと読む
      使いたくても使えなかった、乾熱滅菌の課題を解決!手軽に使える11時間180℃乾熱滅菌モデル 培養時は、省容量ヒーター(5A)単独で省エネ。乾熱滅菌時は培養用+滅菌用2つのヒーター(8A)で運転する独立ヒーター構造を採用。15A電源での2台積み時も1台は乾熱滅菌しながら、もう1台は通常培養が可能。ラボでの使いやすさを考え抜いた乾熱滅菌モデルです。 器内温度の立ち上がりが早く、温度分布のバラつきを低減した構造設計により、約11時間 180℃の乾熱滅菌を可能にしました。乾熱滅菌時もUVランプや内装部品の取外しも不要。滅菌後の温度・CO2ガス濃度の再校正も不要となり、滅菌後すぐに、通常培養を再開できます。 棚受け部分と内箱を一体化することで、器内の部品点数を約80%削減し、培養の切り替え時などの清掃時間を大 ...もっと読む

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      •      

      登録ユーザー数
      3354人
      2019年12月11日 現在
      新メンバー
      すいすい 2019/12/11
      だれでもないひと 2019/12/11
      nekoneko 2019/12/8
      hitoshi 2019/12/6
      apobec1 2019/12/4
      かなめん 2019/12/3
      shhhd 2019/11/28
      けい 2019/11/27
      mafumi 2019/11/26
      eikipuku 2019/11/25
      Katayan 2019/11/23
      BOS2016 2019/11/23
      ks1991 2019/11/21
      ひろ 2019/11/14
      すなねずみ 2019/11/12
      38 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 38
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ
      バーチャル展示会