海外学会ダイジェストASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)エクソソームの秘めたる可能性 - バイオマーケットjp

エクソソームの秘めたる可能性


トップ  >  海外学会ダイジェスト  >  ASEMV2014(American Society for Exosomes and Microvesicles)  >  エクソソームの秘めたる可能性

  著者:  作成:2015/1/26 9:00:00

エクソソームはガン細胞を含む多種多様な細胞から作成される極小の亜細胞系膜結合型小胞である。元の細胞を模する膜や細胞タンパク質、DNA、そしてRNA(mRNAやmiRNA含む)を保有する。今、細胞間における情報のやり取りにエクソソームが活用出来るのではないか、と示唆されているのだ。免疫システムを抑制して血管生成を活性化する分子をガン細胞から伝達することによって、エクソソームはガンを進行させることが分かっている。

高性質のRNAやDNAの詳細までもがエクソソームから分離可能な事から、エクソソームの生体分子がガンやその他の疾患におけるバイオマーカーとして活用出来るのではないか、と推測されている。エクソソームは通常下でも疾患状態においても、細胞により生体液中に放出される。疾患状態下にあるエクソソームは、濃縮された完全な状態の疾患特有の核酸とタンパク質を保有する。ガンの場合においては通常の健康な細胞よりも更に速いレートで放出されることが観察されている。

超遠心分離や濾過によってエクソソームを体液から分離することは可能である。これらは観血的なバイオプシーを行なうよりも遥かに魅力的な方法であるではないか。前述したとおり、エクソソームは元の細胞を模しており、エクソソーム"カーゴ"は過剰または過少に再現される分子を保有する。このことから、エクソソームをロードするには選択的なパッケージングが行われていると考えられる。しかしながらこのメカニズムは未だ解明されていない。RNAの"ZIPコード"に埋め込まれているのではないかという説が有力だが、この仮説はまだ研究中である。

Exosome Diagnostics社やExosome Sciences社など複数の企業がガンやその他の疾患用の診断ツールやモニタリングツールの開発に力を入れている。これらはエクソソーム中のバイオマーカーを活用するものだ。また、エクソソームの除去を疾患の治療に有効活用することも視野に入れられている。例えば、ガンによって作成されたエクソソームは免疫反応を抑制し、血管生成を活性化させる。もしもこれらのエクソソームが取り除かれれば、腫瘍の成長を抑制する抗ガン治療の可能性も出てくる。さらに、エクソソームをガン細胞治療の際に使用される分子の伝達役として活用することも可能かもしれない。例えば、低分子干渉RNA(siRNA)を特定の発癌遺伝子に伝達するのである。このような方法は医療系の企業から大きな期待を寄せられている。

ここで、エクソソーム関連で使用される単語について注意しておきたい。研究発表者によっては「エクソソーム」や「微小胞」、または「細胞外小胞」や「マイクロ粒子」などと呼ばれるため、何を指しているのかが不明瞭なことがある。これら「エクソソーム」以外の名は更に一般的なものを指す事が多いのだが、このような呼び名の違いからもエクソソームの定義が確定していないのがよく分かる。この問題点は本ミーティング中、複数の研究者から指摘された。

第4回ASEMVミーティングは、エクソソームについて35年もの経験を持つテイラー博士によって開会された。ASEMVのウェブサイトや学術誌の発行など、ASEMVの企業としての成長に触れられた。また、ゴールド博士の貢献を賞賛する場面も見られた。テイラー...

 

続きを読む
ログインしてください
  •      

この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票数:46平均点:5.43

コメント一覧(ログインして投稿)


Webmaster  投稿日時 2016/4/5 23:28

コメントを募集中です。

オプトニクス精密  投稿日時 2015/9/30 10:47

エクソソームを捉えるフィルターに挑戦す。

asahina  投稿日時 2015/1/28 17:53

エクソソームについて関心を持っていたので、この学会の情報は参考になりました。

akiram  投稿日時 2015/1/27 10:01

もっと詳細な情報が欲しい



      おすすめ製品・サービス

      次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...もっと読む
      数万のシングルセルに対し数百の遺伝子を同時解析BD社のBD Genomicsグループは、独自のMolecular Indexingテクノロジーを基本に、シングルセル解析システム " Rhapsody "を開発しました。このシングルセル解析システムは、数万のシングルセルをキャプチャーし、数百に上る標的遺伝子に対して個々の発現をデジタル定量化することが可能です。分離されたシングルセルのQC ( シングルセルである事の確認や、生細胞と死細胞の区別 )を行い、Molecular Indexing技術により、低コスト・高効率・高精度・高スループットでNGS解析用ライブラリーを作成します。しかも、ライブラリーは数百もの標的遺伝子に絞っているため、シーケンスコストも大幅に削減できます。 もっと読む
      ナレッジ・ベースド・フィルターで厳選した200植物由来の800抽出物が含まれたライブラリ  Greenpharma社は最も多様性に富んだフィトケミカル製品を揃えるために、ナレッジ・ベースド・フィルターにより200植物を内因性および外因性の基準から選定しました。 これらの植物は異なる地域に自生し(外因性基準)、科・属、そして種の多様性(内因性基準)から選択されています。 オリジナリティーを高めるため、論文での引用数がまだ20以下の植物に特化しました。 Greenpharma 植物抽出物ライブラリは、植物由来の低分子の化学的多様性にアクセスする効率的ツールです。 またGreenpharma天然由来化合物ライブラリ(480のDrug-like低分子化合物を厳選したライブラリ)を補完してフィトケミカルの多様性を広げることができます。もっと読む
      運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

      バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

      ユーザー登録すると...

      コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

      様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

       

      ユーザー登録は1分で完了

      ユーザー登録は無料

      運営者:バイオアソシエイツ株式会社

      •      

      登録ユーザー数
      3205人
      2019年04月26日 現在
      新メンバー
      tymhi 2019/4/25
      aitos 2019/4/25
      shinco 2019/4/24
      SimoQ 2019/4/23
      acoco 2019/4/23
      Ryuji120 2019/4/22
      賀来さん 2019/4/22
      nakayan 2019/4/22
      ken001 2019/4/21
      nkknkk 2019/4/21
      Araiguma 2019/4/19
      フジ 2019/4/19
      kimura 2019/4/19
      sakurai 2019/4/19
      fujioka. 2019/4/18
      19 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ライフサイエンスレポート を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 19
      BioQuick ニュース

      BioQuick Newsは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中の生命科学関連のニュース・トピックスをタイムリーにお届けします。BioQuick Newsは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
      BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill.

      抗体よもやま話
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。