【バイオマーケットjp】BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム インタクトタンパク質およびそのサブユニットの逆相分離カラム|日本ウォーターズ

 >   >  BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム

インタクトタンパク質およびそのサブユニットの逆相分離カラム

出展企業:日本ウォーターズ株式会社

この製品ページを1,669人が閲覧しました

タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム
BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ
BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム

高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。

粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。

また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのお問い合わせ   BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのお問い合わせ
日本ウォーターズ株式会社へ直接お問い合わせできます
“ダウンロード”

【BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのお役立ち資料のダウンロード】

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムの資料をダウンロードできます;

BioReslve 製品トスシート・価格表

“ダウンロード”

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムの資料ダウンロード(無料)

ダウンロードURLが記載されたメールが届きます

登録ユーザーは先にログインしてください。登録情報が自動で挿入されます






情報掲載元:日本ウォーターズ株式会社

利用規約

lifescience products

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムの特徴

HPLCからUPLCまで幅広いLCシステムで使用が可能 インタクトタンパク質、タンパク質サブユニットのより優れた分離 キャリーオーバーの低減 よりマイルドな条件の使用が可能 – カラム温度、イオンぺア試薬濃度 LC-MS検出における高感度化



 

本ページ記載の会社名・製品名等は各社の商標または登録商標です。

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム関連製品

mAb Subunit Standard

NIST認証標品をIdeSで消化したサブユニットスタンダードです

日本ウォーターズ株式会社へ直接お問い合わせできます

ログインすると登録情報が自動挿入されます















利用規約

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムに関するお問い合わせ


ログインすると登録情報が自動挿入されます

リクエスト内容




利用規約

“口コミ”

BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムに関する【口コミ】

投票数:2 平均点:10.00

この製品についてお薦めする理由を投稿してください(要ログイン)

  •      



製品カテゴリー


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3226人
2019年05月27日 現在
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 18

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。