【バイオマーケットjp】Ab-Capcher Mag 抗体精製磁気ビーズ|プロテノバ

Ab-Capcher Mag

抗体精製磁気ビーズ

出展企業:プロテノバ株式会社

この製品ページを8,837人が閲覧しました

大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能のアフィニティ磁気ビーズ
Ab-Capcher Magのイメージ
Ab-Capcher Mag

Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。

従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。

ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。

Ab-Capcher Magのお問い合わせ   Ab-Capcher Magのお問い合わせ
プロテノバ株式会社へ直接お問い合わせできます
“ダウンロード”

【Ab-Capcher Magのお役立ち資料のダウンロード】

ダウンロードリンクをメールで送信します。 ≫ プロテノバ株式会社

ログインすると登録情報が自動挿入されます

利用規約

lifescience products

Ab-Capcher Magの特徴

中スケール精製に適した抗体精製用磁気ビーズ ヒト・マウス・ラットのIgGに対して高い結合能 従来の約5 倍の高い結合容量 低コストで、高純度の抗体回収が可能 アルカリ洗浄による再生が可能

評価用無償サンプルを配布中です。

お問い合わせフォームよりご請求ください。

抗体精製用アフィニティ磁気ビーズ比較データ


ヒトIgG結合量の比較
マウスIgG結合量の比較
 

抗体精製コストの比較

  結合能 価格 精製コスト 倍率
Ab-Capcher Mag 48.3mg 18,000円 373円 1
他社G製品 23.7mg 125,000円 5,274円 14
他社M製品 9.5mg 90,000円 9,474円 25

結合能:mouse laG mg/mL gel
価格:ビーズ1mL あたりの価格(定価ベース)
精製コスト:lgG 1mg 精製に要するビーズの価格

 

リンク

参照サイト

プロテノバHP

Order Info

オーダー情報

出展企業:プロテノバ株式会社
商品名:Ab-Capcher Mag 抗体精製アフィニティ磁気ビーズ

商品仕様

・ゲルマトリックス: 高度架橋磁性アガロース

・粒子径(範囲): 30 ~ 50μm

・リガンド: アルカリ耐性 rProtein A 誘導体

・結合容量: >95mg ヒト IgG/mL ゲル

・スラリー濃度: 50%(20% エタノール含有) 

・磁気ビーズ量: 1mL(P-050-1), 10mL(P-050-10)

商品コード 製品名 通常価格(消費税別)
P-050-1 Ab-Capcher Mag 1mL ¥18,000
P-050-10 Ab-Capcher Mag 10mL ¥98,000

記載されている価格は2014年4月1日現在の価格です。(消費税別)
価格は予告なく改訂される場合があります。本品は研究用試薬です。
試験・研究以外の目的(医薬品製造、医療用、臨床診断、食品、化粧品等)には使用できません。
Research use only. Not for use in humans or therapeutic procedures.

代理店のご指定も可能です

無料相談フォームにご指定の代理店を記入してください。
出展企業からご指定の代理店担当者様に連絡を入れ、同代理店からお見積書をお届けします。
(直接代理店様にお問合せされた場合には、BioMarket特別価格は適用されませんのでご注意ください。)

本ページ記載の会社名・製品名等は各社の商標または登録商標です。

プロテノバ株式会社へ直接お問い合わせできます

ログインすると登録情報が自動挿入されます

リクエスト内容




利用規約

Ab-Capcher Magに関するお問い合わせ


ログインすると登録情報が自動挿入されます

リクエスト内容




利用規約

“口コミ”

Ab-Capcher Magに関する【口コミ】

投票数:10 平均点:6.00

この製品についてお薦めする理由を投稿してください(要ログイン)

  •      

コメント一覧

投稿ツリー

トピック


jyasunag  投稿日時 2015/9/4 12:52

抗体精製の経験が全くなかったのですが、非常に簡単に精製できました。

ゲスト   投稿日時 2015/7/1 13:40

バッファーで希釈してラット前房内へ投与することで、高眼圧状態を作製する事に成功しました。症例数を増やして検討したいと思います。

Yoshi   投稿日時 2015/6/24 10:30

評価サンプルの磁気ビーズをつかって、硫安沈殿により濃縮したハイブリドーマ培養上清10 mLから自作モノクローナル抗体を精製しました。600ug/mLの抗体溶液が約200uL得られました。精製抗体の活性にも問題はありませんでした。数回繰り返せば、抗体カラムを作製する程度の量は精製できそうです。磁気ビーズはwashのprocedureにかかる時間が短く、ごく短時間で精製可能です。

金森哲子  投稿日時 2014/10/9 8:46

従来のカラムクロマトグラフィーと比較して、非常に短時間で、血清より目的の抗体を活性を維持したまま大量に精製することが可能でした。また、繰り返しの使用でも同様の結果が得られました。





  • Ab-Capcher
    ラット抗体精製・マウス抗体精製に最適なAb-Capcherは、プロテノバ社の特許技術により開発された抗体結合タンパク質 Protein A-R28 を多点で高密度に固定化した抗体精製用高性能プロテイ…続きを読む  (2013-10-20)  
  • Ab-Express
    特許物質Protein A-R28とは? Protein A-R28 はIgGと結合するドメイン領域だけを遺伝子組換えで生産した、新しいタイプの抗体結合タンパク質(Protein A…続きを読む  (2013-10-20)  
  •   »  Ab-Capcher Mag (2014-3-28)

製品カテゴリー


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3355人
2019年12月12日 現在
60 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 60
バーチャル展示会