LC-MS:最近のトピックス Re: LC-DAYs2015【LC-DAYs2015 - LC-MS関連学会での話題 - LC-MS フォーラム】

LC-DAYs2015

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


tyutaka

なし LC-DAYs2015

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/10/16 13:35
tyutaka  エキスパート   投稿数: 46
今年もLC, LC/MSの研修会”LC-DAYs”が開催されます。
プログラムが確定し、現在参加者募集中です。
http://lckon.sakura.ne.jp/lcdays/lcdays2015.html
投票数:0
tyutaka

なし Re: LC-DAYs2015

msg# 1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/12/3 13:03
tyutaka  エキスパート   投稿数: 46
LC, LC/MSの研修会”LC-DAYs 2015”が、11/26, 27に熱海で開催されました。早いもので、今年で15回目になりました。私は、すべて参加しています。以下、簡単に報告します。

この会は、日本分析化学会の傘下にある、液体クロマトグラフィー研究懇談会が主催で、役員たちが講師を務め、主に企業や大学等で最近LCやLC/MSを始めた人達に勉強してもらう場です。

今年は、二日間で50近い演題があり、一般参加者たちは、さぞお腹一杯になったことでしょう。前処理、分離、検出、MS、その他もろもろ、LC, LC/MSに関する知識を広く(浅く)学ぶには、最適な会だと思います。

この会の特徴の一つに、オーバーナイトセッションがあります。初日の21時頃から、前処理、分離、検出、MSなどのテーマに分かれ、それぞれの分野を得意とする役員が司会役となり、参加者の方達が疑問に思っていることなどを日付が変わるまでディスカッションします。

会の終わりには、分析化学会認証のLC(あるいはLC/MS)分析士初段試験の免除試験を受けることができます。これに合格すると、本試験を受けなくても資格が得られるというものです。

来年も、11月最終の木・金で開催される予定です。
投票数:0
Happy

なし Re: LC-DAYs2015

msg# 1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/12/3 15:24
Happy  トップ   投稿数: 75
素晴らしい研修会なんですね? JASISで会議場を借りて発表会とか特別企画とか連携がとれれば、もっと広く告知できるのではないでしょうか? 可能性はたくさんありますよ。
投票数:1


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...
  • banner
    測定から意思決定までをわずか数秒で実現! 製品の偽装や不良品・劣化品との差異解析はメーカーにとって大きな課題です。しかし、従来の技術ではサンプル前処理と分析、データの解釈に時間がかかるため、分析者の大きな負担となっていました。 DART QDa with LiveIDシステムは、下記の組み合わせによって、これらの課題に対するソリューションを提供します。 ①堅牢で信頼性が高く、操作も簡単なACQUITY QDa検出器 ②サンプル前処理を最小限に抑え、クロマトグラフィーによる分離を必要とせずに、さまざまなサンプルに対応可能なダイレクトかつ迅速な分析手法を実現するIonSense社のDARTイオ ...
  • banner
    MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージ ...
  • banner
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3341人
2019年11月18日 現在
新メンバー
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
madosuke 2019/10/28
伏見良治 2019/10/28
17 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが LC-MS フォーラム を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
バーチャル展示会