LC-MSの話題・口コミ ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現【ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現 - LC-MSプロダクト情報 - LC-MS フォーラム】

ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現

投稿ツリー

  • なし ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現 (waters, 2016/8/26 13:32) «

このトピックの投稿一覧へ

waters

なし ハイスループットマイクロフロー LC-MS ? 高い分析感度を 3 分以内で実現

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/8/26 13:32 | 最終変更
waters  シニア   投稿数: 20
ウォーターズはIMSC(第21回国際質量分析会議)において、クロマトグラフィーフィッティングの新シリーズおよび新製品のマイクロスケール分離デバイスを発表しました。これらの新製品により、ペプチドバイオアナリシス、薬物動態研究、内因性ペプチドバイオマーカーのバリデーション研究において、ナノからマイクロスケールの液体クロマトグラフィー (LC) によるさらに高いレベルの生産性の達成が可能になりました。

ウォーターズが新たに発表した論文では、6 種類の低分子分析種を含む破砕血漿サンプルを、同一のプロトタイプ BEH C18 iKey HT デバイス (300 μm × 50 mm、1.7 μm) に 1,000 回注入して分析した研究について記述しています。その結果、変動係数 (% CV) は 5% 未満、UPLC/UHPLC と比べて少なくとも 2 倍の感度、そして各サンプルの分析のサイクルタイムが 3 分以内であることが確認されました。

ニュースリリース全文はこちら

ionKey/MSシステム: インフォグラフィックはこちら
投票数:5

  条件検索へ


トピック一覧
コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...



バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム