スーパー・コンピュータでDNA修復によるがん予防機序解明

2014
10月 13
(月)
17:10
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

スーパー・コンピュータでDNA修復によるがん予防機序解明

生物種の特徴を決める生物学的情報はDNAにエンコードされており、そのDNAの損傷は、細胞が分裂増殖する過程で否応なく起きる自然な生物学的現象である。その他にも、過剰に太陽光にさらされるなど外的要因でもDNAの損傷が起きる。Michigan State Universityの生化学・分子生物学教授のDr. Michael Feigは、人体が損傷を受けたDNAを識別し、修復しようとする機序に深い関心を持っており、特に欠陥DNAを識別し、DNA修復を開始するMutSやMSH2-MSH6などのタンパクを研究している。この自然なDNA修復の過程は、MutS (各種DNAのミスマッチを認識する主力タンパク) などのタンパクがDNAをスキャンし、不良箇所を発見すると他の酵素を呼び出し、実際の修復を行わせるというように進む。Dr. Feig は、「ここで重要なのは、この不良箇所発見の仕組みを理解することだ。DNAの損傷は頻繁に起きており、そのDNAを自分で修復できなければ長くは生きられない」と説明する。なぜなら、損傷したDNAを修復しないままにしておくと細胞を次々と損ない、がんのような疾患になるからである。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(4596)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



インタクトに精製が可能 本キットは、リン脂質に親和性の高いペプチドと磁性ビーズを利用して、エクソソームや他の細胞外小胞を精製するキットです。 加えて、磁性ビーズを用いることにより、元サンプルからのキャリーオーバーを極力排除できるため、高精度なエクソソーム分析や機能解析に最適です。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月19日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
39 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 39
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会