ほんの一握りの遺伝子およびタンパク質により神経ネットワークは作成されている

2012
11月 12
(月)
15:20
脳科学のライフサイエンスニュース

ほんの一握りの遺伝子およびタンパク質により神経ネットワークは作成されている

複雑な神経ネットワークパターンは、ほんの一握りの重要な遺伝子によってプログラミングされている。この早期脳神経ネットワーク発生における特徴を発見したのは、ソーク研究所の研究チームである。2012年2月3日付けのセル誌に記載された本研究は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患のための新しい治療法の開発、および特定のガンへの新たな研究戦略の提示となるであろう。ソーク研究チームは運動神経の軸索の先端、および通過する細胞外液内に存在する少数のタンパク質が、神経を脊髄から導きだす役割を果たしていることを発見した。これらの分子は目標とする筋肉に結合するまでに辿る長い曲路によって、軸索を誘引または忌避することが出来る。「新進の神経は自身が生長する局所環境を検知し、どこにいるのか、そして直線または左右に生長するべきなのか、それとも停止するべきなのかを判断しなければいけません。生長神経を導く複合体は、ほんの一握りのタンパク質生成物をアレンジすることで作成されているのです。まるで馴染みの無い街中でGPSが車を誘導するのと同じような感じです。」と、本研究の責任研究者、ソーク研究所遺伝子発現研究室教授およびハワード•ヒューズ医学研究所研究員、サム•ファフ博士は説明する。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3225)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3225人
2019年05月25日 現在
新メンバー
PT knz 2019/5/24
mayopi 2019/5/23
pinal 2019/5/23
Araragik 2019/5/22
hirotomo 2019/5/21
はっつ 2019/5/20
spin12 2019/5/19
しみー 2019/5/19
tomitomi 2019/5/15
Picori13 2019/5/14
ihavenam 2019/5/14
kazuya 2019/5/13
yushino 2019/5/12
Cosmo 2019/5/10
ribozo 2019/5/9
14 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 14
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。