次世代シーケンシングによるミトコンドリア性疾患の遺伝子の解明

2012
12月 26
(水)
11:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

次世代シーケンシングによるミトコンドリア性疾患の遺伝子の解明

リー症候群では乳児は健康体で生まれたかのように見えるが、時間の経過と共に悪化していく運動や呼吸障害を発症し、ほとんどの場合3歳で死に至る。これは、細胞内のミトコンドリアが、脳が発達していくために必要なエネルギーの需要についていけないからである。この度、この病気の原因である遺伝子の欠陥が見つかったと、Cell Press出版のCell Metabolism誌9月号に発表された。今回の研究結果は、二人のリー症候群患者の、ミトコンドリアで活性化しているタンパク質をコードする約1000の遺伝子の一部を配列決定して得たものである。「これは、 シーケンシング技術がこれからの診断の進歩に役立つ可能性を表しています。家族歴のない個人にも適用可能なアプローチです。」と、オーストラリアのマードック子供研究所のデビッド•ソーバーン博士は語る。リー症候群は、現在認識されている小児ミトコンドリア病の中でも最も一般的なものであり、今回新しく発見された遺伝子を加えると、変異した際にリー症候群を引き起こす遺伝子は約40種類にものぼる。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3214)
ゲスト  投稿日時 2011/9/23 22:53

がん細胞のミトコンドリアの遺伝子の変異を正常なものに置き換えると
がん細胞特異的にアポトーシスを誘導できると思うのですが, どうなのでしょうか?
http://www.1ginzaclinic.com/topics/033.html
http://www.1ginzaclinic.com/DCA/DCA1.html

東京大学の竹内野乃先生のところなどでやっていそうな気がするのですが,
臨床試験をやる時には胃癌の父も参加させて頂けないかと思っています.
その前に Ge-132 で寛解しているかも知れませんが, 今はスピードの時代なので
今日明日にも臨床試験ができたりするかも知れません.
http://scfdb.tokyo.jst.go.jp/pdf/20011520/2003/200115202003rr.pdf

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析を融合した高精度・高空間分解能分子イメージング 生理学と細胞機能をより理解し、組織または生体全体における薬剤の分布をモニター、可視化する目的で、ウォーターズでは、MALDI、DESI、イオンモビリティー、高分解能質量分析の技術の長所を融合しました。 空間分解能に優れ、質量分析イメージングとして実績の高いマトリックス支援レーザー脱離イオン化によるMALDIイメージング。マトリックスの塗布が不要で、同一のサンプルを異なる空間分解能や異なる極性で複数回測定が可能な脱離エレクトロスプレーイオン化によるDESIイメージング。 さらに独自のイオンモビリティー分離により選択性、同定信頼性を向上させる質量分析計と、質量分析イメージングのワークフローをすべて ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3370人
2020年01月23日 現在
新メンバー
kuromits 2020/1/21
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
serendip 2019/12/26
kkkkkkkk 2019/12/22
A3aaaas 2019/12/20
39 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 39
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会