著者: 髙橋 豊

髙橋 豊

このセクションは、質量分析に関する技術コンサルティングを提供するエムエス・ソリューションズ株式会社 髙橋 豊 氏によるLC-MS講座です。

バイオ研究者向けにLC-MSに関する様々な話題やLC-MSの操作で注意すべき点などを分かりやすくご紹介します。

全文を読むにはログインしてください。(登録無料)
髙橋氏への質問も各記事ページ下のコメント欄から投稿できます。

【髙橋 豊 氏 ご略歴】
1987年3月 国立群馬工業高等専門学校卒業
1990年3月 群馬大学大学院工学研究科修士課程修了
1990年4月 日本電子株式会社入社 応用研究センターMSG研究員
2002年4月 NEDOマイクロ化学プロセス技術研究組合出向
2005年4月 解出向 同社開発本部研究員
2008年4月 横浜国立大学客員教授(~2009年3月)
2010年6月 日本電子株式会社退職
2010年8月 エムエス・ソリューションズ株式会社設立、代表取締役
2011年4月 横浜市立大学非常勤講師
2019年2月 株式会社プレッパーズ(浜松医科大学発ベンチャー)設立 代表取締役社長

【主な著書】
LC/MS定量分析入門(情報機構)
液クロ虎の巻シリーズ(丸善)
分析試料前処理ハンドブック(丸善)
液クロ実験 How to マニュアル(医学評論社)
LC/MS, LC/MS/MSの基礎と応用(オーム社)
現代質量分析学(化学同人)

【受賞歴】
2004年 日本質量分析学会奨励賞

【資格】
日本分析化学会認証 LC分析士二段、LC/MS分析士五段

【趣味】
トライアスロン、マラソン、ウルトラマラソン、ソフトボール、テニス、スキー(全日本スキー連盟指導員)、サッカー審判員(3級)

【HP】
エムエス・ソリューションズのホームページ
アメブロ

偶数電子イオンのフラグメンテーション-2:電荷移動の考え方

質量分析屋の髙橋です。前回の記事に引き続き、LC/MS/MSによるプロダクトイオン分析で見られるフラグメンテーションについて解説します。今回は、偶数電子イオンのフラグメンテーション-2というタイトルにしていますが、恐らくは偶数電子イオンに特化したものではなく、LC/MS/MSで用いられる開裂法である低エネルギーCIDにおけるフラグメンテーションの考え方になります。


ゲスト 212人 と メンバー1人 がオンラインです

New Members

om

OffLine
大学/大学院
2022年10月06日(木)

KenTak

OffLine
大学/大学院
2022年10月06日(木)

Aki

OffLine
その他
2022年10月03日(月)

NakHar

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年09月26日(月)
製薬会社
2022年09月21日(水)

kazukin

OffLine
病院(大学病院以外)
2022年09月19日(月)

cocodekori

OffLine
研究機関(営利)
2022年09月18日(日)

Lyon-kun

OffLine
その他
2022年09月17日(土)

mseinox

OffLine
その他
2022年09月15日(木)

やすり

OffLine
製薬会社
2022年09月15日(木)
材料メーカー
2022年09月12日(月)
化学メーカー
2022年09月12日(月)

my1636

OffLine
食品メーカー
2022年09月09日(金)

ニー

OffLine
製薬会社
2022年09月05日(月)

FO

OffLine
受託試験ラボ
2022年09月01日(木)

サイト統計

登録ユーザ数
3973 人
掲載記事数
3295 記事