LC-MSの話題・口コミ 均一な構造の「抗体-薬物複合体 (ADC) 」を作製する手法を新規開発【均一な構造の「抗体-薬物複合体 (ADC) 」を作製する手法を新規開発 - LC-MSプロダクト情報 - LC-MS フォーラム】

均一な構造の「抗体-薬物複合体 (ADC) 」を作製する手法を新規開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/4/25 10:20
waters  エキスパート   投稿数: 20
日本ウォーターズ株式会社は、理化学研究所(理研)開拓研究本部伊藤細胞制御化学研究室の眞鍋史乃専任研究員と山口芳樹客員研究員、株式会社伏見製薬所の伏見豊社長、国立がん研究センターの松村保広分野長らの共同研究グループとの共同研究で、抗体の糖鎖構造を改変しつつ糖鎖部分に薬物を選択的に結合させた均一な構造の「抗体-薬物複合体 (ADC) 」を作製する手法を新規開発しました。

抗体医薬の一種である ADC は、抗体の特異性により効果的に薬物をがん組織に運び、酵素依存的または徐々に薬物を放出するため、副作用の少ない医薬品として期待されています。

しかし、現在使用されている ADC は、抗体に結合する薬物の数や位置が異なる複数の化学種から構成されており、薬物動態や再現性などの観点から、均一な構造の ADC の合成法が求められていました。

今回、共同研究チームは、糖鎖加水分解酵素とその改変体を組み合わせることにより、均一な構造のADCを作製できる手法を新開発しました。UPLC/QTof システムから得られる詳細なデータ解析に基づく反応条件の最適化により、糖鎖の付加の過程で起こる副反応を抑えることが可能となりました。この際、糖鎖の改変が正確に行えている事を確認するために、糖鎖構造に基づく分離が行える糖タンパク質専用のカラム (ACQUITY UPLC Glycoprotein BEH Amide) が用いられました。また、抗体に結合した糖鎖の数を確認するためにインタクトタンパク質用脱塩カラム (MassPREP micro desalting column)、ならびに結合の場所を特定するためにADC を酵素消化したペプチドを分離する専用カラム (ACQUITY UPLC Peptide BEH300) がそれぞれ用いられ、均一構造 ADC 作成に寄与しました。これにより、薬物動態、安全性、再現性に優れたADCの製造への貢献が期待されています。

詳細はこちら


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃研究に活用された製品
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

研究には、日本ウォーターズ株式会社のUPLC と QTof 型質量分析計 (ACQUITY UPLC I-Class 、Xevo G2-XS QTof および SYNAPT G2-Si HDMS およびデータ解析インフォマティクス UNIFI) が活用されました。

ACQUITY UPLC I-Class


Xevo G2-XS QTof


SYNAPT G2-Si HDMS


データ解析インフォマティクス UNIFI


詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規アプリケーション続々登場!
ウォーターズWEBサイトでは新規アプリケーションを随時公開しています
トップページ > 最新のアプリケーション情報 より 【無料でダウンロード】
www.waters.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
日本ウォーターズ株式会社‥‥‥‥ THE SCIENCE OF WHAT'S POSSIBLE.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
投票数:4


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

トピック一覧
【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
  • banner
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
  • banner
    リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...
  • banner
    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。 また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパ ...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料