LC-MS:最近のトピックス 第66回質量分析総合討論会ポスター_軟X線重畳ESIイオン化法【第66回質量分析総合討論会ポスター_軟X線重畳ESIイオン化法 - LC-MS関連学会での話題 - LC-MS フォーラム】

第66回質量分析総合討論会ポスター_軟X線重畳ESIイオン化法

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/20 17:10
tyutaka  エキスパート   投稿数: 48
5月に開催された第66回質量分析総合討論会で発表した、開発中の新規イオン化法「軟X線重畳ESI」に関するポスター原稿をホームページにアップしました。
コンベンショナルESIで生成した帯電液滴を加熱後、軟X線を重畳照射する事で、ESIではイオン化され難い性質の化合物がイオン化されるという、新しいイオン化法です。どのような化合物に軟X線の重畳効果があるのか、まだまだ実証実験が不十分です。開発に協力してくれる企業、大学、研究機関等を探しています。
http://ms-solutions.jp/wp-content/uploads/sites/9/2018/06/ポスターESIX%EF%BC%88最終版%EF%BC%89_MS討論会2018.pdf
投票数:2


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...



バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム