LC-MSの話題・口コミ LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく【LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく - LC-MSプロダクト情報 - LC-MS フォーラム】

LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/1/10 15:39
tyutaka  エキスパート   投稿数: 48
エムエス・ソリューションズ(株)の高橋です。

LC/MSで、特に未知試料(天然物など)の定性分析をやっておられる方にご意見を伺いたいのですが...

Positive-ESIで[M+H]+や[M+Na]+などが観測されず、脱水イオンしか観測されない化合物にたまに出会います。既知化合物であれば、それが脱水イオンだと分かりますが、未知化合物であれば、それが[M+H]+だと考えてしまう可能性があります。Negative-ESIで[M-H]-に相当するイオンが観測されれば判断できますが、必ずしもNeg.でイオンが検出されるとは限りません。

そのような場合において、Pos.だけで元の分子の質量を推定する方法を最近見つけたのですが、それを具現化する装置(イオン源)って有用でしょうか? 私は有用だと思うのですが...

ご興味ある方がいれば、ご意見頂けますでしょうか? メールなどで個別にお送り頂いても結構です。新しい装置開発の参考にさせて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solution..jp
URL: http://www.ms-solutions.jp/
投票数:1


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

トピック一覧
【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料