LC-MSの話題・口コミ LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく【LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく - LC-MSプロダクト情報 - LC-MS フォーラム】

LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/1/10 15:39
tyutaka  エキスパート   投稿数: 48
エムエス・ソリューションズ(株)の高橋です。

LC/MSで、特に未知試料(天然物など)の定性分析をやっておられる方にご意見を伺いたいのですが...

Positive-ESIで[M+H]+や[M+Na]+などが観測されず、脱水イオンしか観測されない化合物にたまに出会います。既知化合物であれば、それが脱水イオンだと分かりますが、未知化合物であれば、それが[M+H]+だと考えてしまう可能性があります。Negative-ESIで[M-H]-に相当するイオンが観測されれば判断できますが、必ずしもNeg.でイオンが検出されるとは限りません。

そのような場合において、Pos.だけで元の分子の質量を推定する方法を最近見つけたのですが、それを具現化する装置(イオン源)って有用でしょうか? 私は有用だと思うのですが...

ご興味ある方がいれば、ご意見頂けますでしょうか? メールなどで個別にお送り頂いても結構です。新しい装置開発の参考にさせて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solution..jp
URL: http://www.ms-solutions.jp/
投票数:1


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

トピック一覧
【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティ ...
  • banner
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
  • banner
    Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。
  • banner
    非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。 非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。 特にLC-MSを使用 ...
  • banner
    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。 また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパ ...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料