LC-MSの話題・口コミ LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく【LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく - LC-MSプロダクト情報 - LC-MS フォーラム】

LC/MS関連の新しい装置開発に対するご意見を頂きたく

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/1/10 15:39
tyutaka  エキスパート   投稿数: 45
エムエス・ソリューションズ(株)の高橋です。

LC/MSで、特に未知試料(天然物など)の定性分析をやっておられる方にご意見を伺いたいのですが...

Positive-ESIで[M+H]+や[M+Na]+などが観測されず、脱水イオンしか観測されない化合物にたまに出会います。既知化合物であれば、それが脱水イオンだと分かりますが、未知化合物であれば、それが[M+H]+だと考えてしまう可能性があります。Negative-ESIで[M-H]-に相当するイオンが観測されれば判断できますが、必ずしもNeg.でイオンが検出されるとは限りません。

そのような場合において、Pos.だけで元の分子の質量を推定する方法を最近見つけたのですが、それを具現化する装置(イオン源)って有用でしょうか? 私は有用だと思うのですが...

ご興味ある方がいれば、ご意見頂けますでしょうか? メールなどで個別にお送り頂いても結構です。新しい装置開発の参考にさせて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

エムエス・ソリューションズ株式会社
代表取締役 高橋 豊
E-mail: tyutaka@ms-solution..jp
URL: http://www.ms-solutions.jp/
投票数:0


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    測定から意思決定までをわずか数秒で実現! 製品の偽装や不良品・劣化品との差異解析はメーカーにとって大きな課題です。しかし、従来の技術ではサンプル前処理と分析、データの解釈に時間がかかるため、分析者の大きな負担となっていました。 DART QDa with LiveIDシステムは、下記の組み合わせによって、これらの課題に対するソリューションを提供します。 ①堅牢で信頼性が高く、操作も簡単なACQUITY QDa検出器 ②サンプル前処理を最小限に抑え、クロマトグラフィーによる分離を必要とせずに、さまざまなサンプルに対応可能なダイレクトかつ迅速な分析手法を実現するIonSense社のDARTイオ ...
  • banner
    高性能ベンチトップ型QTof質量分析計により糖タンパク質をすべての構造レベルで解析! 高性能ベンチトップ型QTof質量分析計 Xevo G2-XS QTofをRapiFluor-MS標識試薬と組み合わせることで、前例のない MS および MS/MS 感度を実現し、微量の糖鎖成分までを容易に、より高い信頼性で同定します。 さらに、糖タンパク質プロファイリング、サブユニット解析、糖ペプチドマッピングと組み合わせることで糖タンパク質をすべての構造レベルで解析する総合的なソリューションを実現します。
  • banner
    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム  生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析 に威力を発揮します。 
  • banner
    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。
  • banner
    化合物の分子を可視化するHigh Definitionイメージング 脱離エレクトロスプレーイオン化(DESI)イメージングとは、マトリックス塗布などの前処理の必要がないイオン化技術で、電荷を有するスプレー溶媒によって、試料をイオン化します。 DESI は非破壊的なソフトイオン化であり、単一の組織切片を複数回分析することができます。DESI による測定後の組織切片を再利用して、同一試料を組織染色することやMALDI 質量分析イメージングとのデータ比較を行うことができます。 応用範囲は、薬物代謝研究、がん研究(バイオマーカーの発見など)、法医学分析(指紋分析、不正薬物、乱用薬物など ...
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

運営者:バイオアソシエイツ株式会社

にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
  •      

登録ユーザー数
3195人
2019年04月20日 現在
新メンバー
Araiguma 2019/4/19
フジ 2019/4/19
kimura 2019/4/19
sakurai 2019/4/19
fujioka. 2019/4/18
鈴木司 2019/4/18
kimura20 2019/4/18
toooo 2019/4/18
とよ 2019/4/18
sowak 2019/4/17
Nitta 2019/4/17
久保田高明 2019/4/16
nanta 2019/4/14
coocoo 2019/4/12
はちみつ 2019/4/12
18 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが LC-MS フォーラム を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 18

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。