LC-MS:質問・疑問 Re: LC溶媒について教えてください【LC溶媒について教えてください - 分析条件 - LC-MS フォーラム】

LC溶媒について教えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/3/12 16:31
Happy  トップ   投稿数: 75
塩濃度の濃い緩衝液でLC条件が確立してるんですが、MSに導入する場合、どう溶媒を変えればよいのでしょうか?
投票数:0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/3/12 17:19
tyutaka  エキスパート   投稿数: 48
LC/MSで使用できるのは、酢酸アンモニウム、ギ酸アンモニウムなどの揮発性の塩のみです。揮発性であっても、高すぎる塩濃度は、分析種のイオン化を阻害する(イオンサプレッション)という問題が起こります。
先ずは、現在お使いの緩衝液のpH付近で緩衝能を示す、揮発性の酸や塩基をベースにした緩衝液を、20 mM程度の濃度で調製して試してみて下さい。
投票数:4


  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています


  条件検索へ

コメント投稿するにはログインしてください
  •      

【PR】製品モール掲載製品
  • banner
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出す ...

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料